レポート

Reports: 真の分かち合い経済:ハート時代の幕開け

真の分かち合い経済は、利益や競争的な自己権益の追求によって特徴付けられる古いやり方の終焉を象徴しますが、その一方で、大変豊富な金融資本と利用可能な資源を持つ世界での飢餓根絶を通してのみ、唯一政府間の分かち合いと協力の新時代が始まるのです。それが、現在殆どの人の想像範囲を超える遠大な意味合いを伴い、分かち合いの霊的および変革的ビジョンが見いだされるところであるとモハメッド・メスバヒは記す。

Reports: 気候危機への取り組みにおける政治と霊性の交差点:モハメッド・メスバヒのインタビュー

STWRの創始者、モハメッド・メスバヒはこのインタビューで、激化する気候変動の緊急事態との関係から、世界資源を分かち合うことの現代の政治的そしてより深い霊的双方の重要性を考察します(パートIは、英語の原文以外の日本語を含んだ外国語の翻訳からは省かれています)。この予備的対話を通して、最も重要な優先事項としてゼロ・カーボン経済への移行を政府に強いる止むことのない抗議デモ活動により、活動家や従事する市民が前進するための方法をメスバヒは提示します。

パートIIではグローバル生態学的危機に内在する心理的・霊的原因へと考察を広げます。それは、なぜ私たちの現代社会が環境的に持続可能な生活様式へまだ移行していないのかという、更に深遠な理由について「内部の」方向性に沿った探求へと導きます。パートIIIでメスバヒが主張するように、不必要な人間剥奪を終結することへの懸念が自然環境を保護する必要と同じ程、大衆意識の中で最重要となる時にのみ「愛の実践」が真の行動の中で実現されるでしょう。全体として、この広範囲にわたるインタビューは、より平等、公正及び均衡な世界秩序へ向かってのメスバヒの大規模な市民参加の先駆的ビジョンへの紹介として働きかけます。

Reports: 持続可能な開発目標を越えて:世界の貧困の真実を明かし、世界人権宣言第25条の普遍的実現を要求する

持続可能な開発目標 (SDGs)- その前向きで進歩的なレトリックにもかかわらず、それは、私たち共有の地球の限界内で万人の基本的ニーズを充足するための革新的アジェンダの要素を決して持ちません。このレポートは、一般の人々が何百万人という数で結束し、経済的正義のために巨大で継続的かつ世界的なデモンストレーションを通して基本的人権の普遍的実現を要求しない限り、私たちは「あらゆる形態」の貧困の終焉を見ることがないであろうことを主張しています。

Pages