• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

STWR

Author info: 

Below is a list of reports, articles, blogs, press releases and other content by Share The World's Resources (STWR)

Latest publications by STWR

Article / 2020年4月9日

問題は、コーヴィッド19が、良心の呵責のない世間が長い間無視してきた人類の多数派の貧困化をさらに激化させる新たな原因となるのか、それとも世界の深刻な不平等に対して私たちを目覚めさせるのかどうかということです。

News / 2020年3月25日

私たちは、要望に応えて、ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)に対するSTWRの展望についての本(英語版)を出版しました。

News / 2019年11月17日

今回STWRは、モハメッド・ソフィアン・メスバヒとの人気の対談記事「気候危機への取り組みにおける政治と霊性の交差点」(英語版)を書籍出版しました。

Blog / 2019年9月19日

最近STWRは、ソーシャルメディアにおいてキーとなるキャンペーンメッセージを要約した短いプロモーション・ビデオをSeven Billion Todayのチームと共同製作しました。

Blog / 2019年8月15日

現在STWRは、アメリカでポストカード・キャンペーンを実施しています。最小限の労力と費用を負担することにより、私たちのキャンペーンに参加しませんか。

Blog / 2019年2月9日

万人のための「より良い生活基」の国連の長期のビジョンについて概説するために、STWRはケンブリッジ大学アムネスティ・インターナショナルおよびケンブリッジ・ホームレス・アウトリーチ・プログラムとチームを組みました。 

Article / 2018年12月19日

私たちのニュースレターから分かち合い関連のニュース、報告書およびその他の活動を総合した、分かち合いについて拡大するディベートを浮き彫りにしたSTWRエディトリアルから選ばれたアーカイブを読もう。

Article / 2018年5月17日

万人のための十分な生活水準への確立された人権を充足することの政治的意味合いはなんでしょうか。要するにそれは、前例のない世界規模の富と資源の再分配が必要とされるということであり、従ってその達成のためには、世界人権宣言第25条の国連の躍進的なビジョンが運動家によって復活されねばならないということなのです。

News / 2018年4月27日

イギリスの私たちのキャンペーングループ、シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(STWR)は、世界人権宣言第25条のムーブメントを明示することによって、経済および社会正義のための抗議デモに参加します。長年、世界人権宣言に謳われてきた経済および社会権利に関連する国内デモに、私たちと共に参加してください。

Article / 2018年3月19日

今回STWRはイギリス・ボーンマスで開催された春の緑の党コンファレンスへの参加を通してオーガナイゼーションとしてのキャンペーン・ビジョンを参加者に紹介するイベントを主催しました。

Article / 2017年10月19日

以下は、今年9月25日から27日までの間、ポルトガルで開催された第17回ベーシックインカム・アースネットワーク(BIEN)会議に平行して、ビクトリア・ゲイターとソニア・シャーンドルによって提出された報告概要である。

Article / 2017年4月7日

ヴァンサン・ラッサールは現在、脱工業化への移行に関する疑問に焦点を合わせた9ヶ月間の研究に着手しています。最近、彼はイギリスのロンドンに滞在中、世界変革プロセスの中心としての国際経済の分かち合いに関するSTWRの取り組みと展望についてさらに知るために訪れました。

UN

Report / 2017年1月2日

この報告書は国連の有効性についての分析を提示し、それが人道的任務をもっと容易に実現し、グローバル経済へより大きな統制力を発揮できるよう大幅な改革を可能にする方策の概要を述べます。

Article / 2016年12月22日

世界情勢が悪化し続けると同時に、2017年、国際舞台における新プレイヤーが出現するでしょう。それは、生命を脅かす貧困と飢餓への政府の緊急対応を要求する、大衆の善意の膨大なムーブメントです。

Article / 2016年12月12日

COP22が、錯覚的な政策立案と地球温暖化の純然たる現実の間の不一致を再度浮き彫りにしました。持続可能な未来への唯一の道としてグローバル協力と経済的分かち合いのヴィジョンを支持することは、いつものように市民社会団体に委ねられました。

Blog / 2016年8月26日

他人の絶対不可欠なニーズに対して公衆の道義心が十分に目覚める時初めて、そして私たちの中の最も貧しい人々の基本的権利のために人口の大部分が立ち上がる時初めて、私たちは分かち合う人類について何ら意味を持って話すことが出来るのです。

Blog / 2016年1月18日

社会的、環境的危機が激化し続けると同時に、不正な現状を持続する権力機構に分かち合いの経済が活発にチャレンジしない限り、それがより持続可能な将来への道を先導することはますますありそうにありません。

Blog / 2015年12月23日

分かち合いの原理、公平さ及び正義を弱体化するグローバルな気候変動交渉に真の熱望も正義もありません。しかしパリでの「責任回避」交渉後、拡大する人々の声の力がより平等で持続可能な世界の到来を告げることが出来るすべての希望がまだあるのです。

Blog / 2015年12月4日
グローバルな分かち合いの重要性についての公的討論がまだ初期段階にあるにもかかわらず、政治的、経済的問題との関連で古来からの分かち合いのコンセプトはますます話し合われています。しかし、それが変わりつつある多くの兆候があります - そしてなぜ私たち皆が、この出現するディベートに参加すべきなのかという多くの理由があるのです。
Blog / 2015年12月3日

資源の所有よりむしろそのアクセスと分かち合いに重点を置くことによって、分かち合いの経済は今までにないほど一般に普及しています。そしてここ何週間かで数多くの記事やイベントによって浮き彫りにされて来たように、さらに政治的、環境的な問題および世界正義の問題を包括するために、現在そのコンセプトが徐々に拡大されている兆候があります。

Blog / 2015年11月4日

分かち合いの倫理と実践が、より公平で持続可能な民主的社会を本当にもたらすことができるのでしょうか − もしそれが可能なら、それはどのように起こるのでしょうか?

Report / 2015年9月29日
持続可能な開発目標 (SDGs)- その前向きで進歩的なレトリックにもかかわらず、それは、私たち共有の地球の限界内で万人の基本的ニーズを充足するための革新的アジェンダの要素を決して持ちません。このレポートは、一般の人々が何百万人という数で結束し、経済的正義のために巨大で継続的かつ世界的なデモンストレーションを通して基本的人権の普遍的実現を要求しない限り、私たちは「あらゆる形態」の貧困の終焉を見ることがないであろうことを主張しています。
Article / 2015年8月7日

緊縮財政政策によって社会福祉および不可欠なサービスへの公共支出が劇的に削減されている国々において分かち合いの経済の基盤そのものが蝕まれていますが、重要な人間のニーズのために額の余剰資金を募り再分配することは政府にとって可能なのです。

Blog / 2015年6月20日

私たちがナショナル・シェアリング・デーを祝うと同時に、分かち合いの全形態を提唱することを確実にしましょう。貧困の根絶および持続可能な生活の営みを保障するグローバルな分かち合いの経済の創造は、分かち合いの時代の真の画期的出来事となるでしょう。

Article / 2015年2月1日

分かち合いへの呼びかけが既に活動的市民と革新的な組織の根本的要求(多くの場合認識されていないながらも)であることを考慮すると、私たち皆をひとつにするこの共通理念を受け入れない理由はありません。

Blog / 2015年1月29日
世界の貧困や気候変動の問題など - 多くの場合、私たち個人の人生に直接的な関連を持たない「自己を超えた問題」のための運動への公衆の参加をどのように広め、深め、持続できるのでしょうか。
News / 2014年12月4日
下記は、今後5年間に渡るSTWRの「分かち合いのためのグローバル・コール」のキャンペーン戦略の概説であり、キャンペーンが狙いとする重要な個人や組織についての要約だけでなく、私たちの主な目的と活動についての概要も述べています。
Report / 2014年12月4日

分かち合いへの呼びかけがすでに活動的市民と革新的な組織の根本的(多くの場合不認識ながらも)要求であることを考慮すると、私たち皆を統一するこの共通理念を受け入れるべきことは理にかなっています。

Report / 2014年6月17日

ますます不平等で持続不可能となる世界で、各政府は緊急に過去の規制的政治経済のイデオロギーを越え、万人の共通ニーズを満たすための解決策を受け入れねばなりません。この入門書は、私たちが直面する相互連結した世界危機の規模の概要を述べ、国際協力と経済的分かち合いに基づいて世界資源を管理するための代替的取り組みへの道を指し示します。

Article / 2014年5月30日

ここ数年間に渡り、STWRは、どのように分かち合いの真の形態が21世紀の政治経済のチャレンジに関係するかについての概要を述べた様々な文献を発表してきました。これらのブログ、記事またはレポートの多くは分かち合いの経済に直接的に関係し、4つの広い副題に基づき分類されています。

Blog / 2013年6月7日

分かち合いの経済のムーブメントにおいて僅かな人のみが、この時代の最も差し迫ったグローバル問題にこの重要なコンセプトを適応することを考慮しているに過ぎません。従って、分かち合いが世界飢餓を解決できるかどうかを問うアーティクルが執筆されることはとても励みになります。しかしながら完全な答えをもたらすためには、より多くのリサーチ、洞察および考察を必要とされます。

Article / 2013年1月22日

極度の不平等を削減するための措置をキャンペーナーは長期間提案してきましたが、社会機構を弱体化する恐れのある経済モデルに政策立案者は固執し続けます。無数のレポート、本および公衆の抗議デモのなかに主張される再分配へのますます拡大しつつある要求にいつ政治的エリートは耳を傾けるのでしょうか。

News / 2012年11月12日

11月14日水曜日、私たちは世界初のグローバル・シェアリング・デーを迎えます。その日、分かち合いに関連した数多くの活動が行われると同時に、貧困、不平等および気候変動に関係するすべての形態における分かち合いの重要性を伝えましょう。

Report / 2012年10月1日

報告書「グローバルな分かち合いの経済を融資する」からのこのセクションは、 特別引出権の役割および金売却を通してIMF資産を再分配することの正当性を論じます。これらの控え目な提案はIMFの減退する合法性を修復し、グローバル経済構築のさらに実質的な改革への道を整えることを促進できるでしょう。

Report / 2012年10月1日

報告書「グローバルな分かち合い経済に融資する」のパート3は、国内および世界双方で分かち合いの経済を強化し拡大するために政府が使用すべき資金、2兆8千億ドル以上を、僅か数年で国際社会が動員できることを可能にする10の政策を含んでいます。

Report / 2012年10月1日

このセクションでは化石燃料およびバイオ燃料補助金の廃止にフォーカスを絞ります。以下は低炭素経済への推移の重要性を浮き彫りにし、より価値のある社会的および環境的目標のために年間5000億ドル以上をどのように政府が募ることができるかを明示します。このセクションの終わりにある「さらに知り参加しよう」のさらなるリソースを参照ください。

Report / 2012年10月1日

報告書「グローバルな分かち合いの経済に融資する」のこのセクションは、市民社会が炭素税への提唱を強化すべきことの正当性を論議します。炭素排出への取り組みにおける効果的な活動のための時間が迅速になくなるなか、炭素税は気候変動削減および緩和と適応プログラムのための重要な政策手段として残ります。

Report / 2012年10月1日

報告書「グローバルな分かち合いの経済に融資する」のこのセクションは、不公平な貿易規則を通して発展途上国の経済を自由化することから富裕国と世界機関を止めるためには、パラダイムの劇的な変革が必要であることを論議します。

Report / 2012年10月1日

シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズによるこの報告書は、グローバルな分かち合いの経済の促進、生命を脅かす剥奪の防止、緊縮政策の撤廃、そして気候変動の人間への影響の暖和のために、政府がどのように毎年2兆8000億ドルを動員できるかを明示します。

Report / 2012年10月1日

「グローバルな分かち合いの経済に融資する」のこのセクションは、 債務救済が世界の財源のさらに公平な分かち合いを保証するための必要条件であり、そして不当な債務の完全な無条件帳消しが国際社会の緊急の優先事項に含まれるべきことを論議します。

Report / 2012年10月1日

即時の優先事項として、グローバルな分かち合いの経済に融資するために政府がどのように2兆8000億ドル以上を動員できるか概説します。しかしそれは分かち合いと正義への高まる公衆の大規模な圧力によってのみ、実現され得るのだとSTWRは主張します。

Report / 2012年10月1日

報告書「グローバルな分かち合いの経済に融資する」のパート1は、世界中で不平等を広げ貧困や極貧状態のなかに家族を取り残す政策によって、「経済的分かち合い」を促進するシステムがどのようにますます蝕まれつつあるかを明示します。それは、国際コミュニティによって最優先事項として扱われるべき沈黙の人道的非常事態をもたらしているのです。

Report / 2012年10月1日

報告書「グローバルな分かち合いの経済を融資する」のこのセクションは、租税回避および脱税による極度の歳入損失を防止することは恐らく、追加的な財源を確保し分かち合いの経済を強化するために政府が取れる最も重要な第一ステップであることを論議します。

Report / 2010年12月26日

21世紀に適応した持続可能な国際経済は、人類の相互依存関係を支える新しい倫理的枠組みに基づかなければなりません。『世界資源を分かち合う(STWR)』の新しい報告によると、経済的分かち合いの過程は、世界の必須資源や必需品、必需サービスを万人が利用できるよう保障することができます。