• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Mohammed Sofiane Mesbahi

Author info: 

Mohammed Sofiane Mesbahi is STWR’s founder and Chair. 

Latest publications by Mohammed Sofiane Mesbahi

Report / 2018年2月1日

真に普遍的で無条件のベーシックインカムは、それが国連の後援のもと調整されるなら、最終的にすべての国で実行可能です。しかしながらまず最初にこれは、世界資源のより公平な分かち合いに基づいて、飢餓と不必要な貧困を根絶するという目標への比類のない一般人の支持に依存します。

Report / 2017年10月2日

人類全体の共益を受け入れるために、平均的人間の意識が拡大されるところの心理的変革の必要性を第一に考察しない限り、地球の共有資源管理のための新経済パラダイムを真剣に見通すことはできないでしょう。なぜなら人類もまた、惑星的および霊的視点からコモンズの不可欠な一部だからです。

Report / 2017年1月31日

真の分かち合いの経済が利益や競争的な自己権益の追求によって特徴付けられる古いやり方の終焉を象徴する一方で、金融資本と資源が大変豊富な世界での飢餓根絶を通してのみ、政府間の分かち合いと協力の新時代が幕開けるのです。

Report / 2016年9月22日

STWRの創始者 モハメッド·ソフィアン·メスバヒはこのインタビューにおいて、激化する気候危機との関係から、世界資源を分かち合うことの現代の政治的、およびより深い霊的意味合いについて考察します。

Report / 2015年7月30日

長年の政治的怠慢の後、すべての国での止むことのない壮大な抗議デモを通じて、一般の人々の結集した善意だけが、豊かな世界の中の貧困を終わらせることができるのです。したがって、すべての人の十分な食料、住居、医療、社会的保障のために、抵抗最小限の道を選び、長期に渡って合意されてきた世界人権宣言第25条の人権を共に布告しましょう。

Article / 2014年10月29日

世界資源の正しい分かち合いに基づいて、さらに包括的で霊的なビジョンを通じてアメリカがその価値観を迅速に変革しなければならないときが来ました。アメリカの若者たちよ、平和的な抗議の全国的な波が最終的に地球規模に広がるまで、すべての州で止むことのないデモンストレーションを組織することによって、道を開くことは君たちにかかっているのです。

Article / 2014年10月22日

STWRの創始者・モハメッド・ソフィアン・メスバヒは、この現在進行中のエッセイ・シリーズにおいて、社会的、経済的、政治的な観点からだけでなく、霊的、心理的な観点からも分かち合いの意味と重要性を探求します。

Article / 2014年7月18日

分かち合いが地球の危機への解決策であり、分裂した世界を蘇生させる私たちの最後の希望だという認識を、どうしたらもたらすことができるのでしょうか。この問いかけの中心にあるのは、自己満足的な無頓着さがその存在を普通のこととして正当化するために、「主義」を通してそれ自体を知的化したことの問題です。

Article / 2014年5月7日

世界中の善意の人々をひとつに結ぶことは、地球規模の社会変革への私たちの最後の希望です。人類の大部分が、分かち合い、慈悲、正義に基づいて結集しなければなりません - これは、最大の緊急性の中で達成が可能であり、また達成されなければなりません。

Article / 2014年4月3日

今日の世界で最大の危険は、商業化自体にあるのではなく、人類の叡智が自然や霊的進化とは逆の方向に導かれるところの、その内外の顕現への私たちの絶え間ない自己投影なのです。

Article / 2013年12月24日

あなたと私は、私たちが世界の問題の原因だと非難するシステム自体を構成しています。私たちがクリスマスにイエスの名のもと弱った地球からショッピング街で消費という略奪を行うとき、それはあからさまに実証されます。今年、キリストの誕生を祝うため自由と正義の旗のもとで結束し、世界中の飢餓と貧困をなくすために平和的なデモンストレーションをするより他に良い方法があるでしょうか。

Article / 2013年9月8日

私たちに豊かさの中で永続する飢餓という犯罪を止めることに関心があるなら、自分たちの行動を自国やコミュニティのレベルに制限することはできません。むしろ食べ物の分ち合いを世界的な観点から、そして何よりも、飢餓を終わらせるための政治との関係から考えるべきでしょう。

Article / 2011年10月13日

経済危機が悪化するにつれ、政府の第一の責任は、誰もが飢餓で死ぬことがないように、政治的および経済的システムを再設計することです。 しかし、これは、比類のない公衆の支持の上昇なしには決して起こらないでしょう。 

Article / 2009年8月26日

貧困と社会的状況は、発展途上国における病気の主な原因であることが広く認められています。この報告書は、国際経済の分かち合いを拡大することが、すべての人の医療という長年の目標を達成するための最初のステップであることを説明しています。

Article / 2008年12月17日

世界経済が悪化し続けるなか、アメリカの人々は世界の優先事項の重大な方向転換に影響を与え、よりシンプルで持続可能なライフスタイルへの道を他の国々のために照らす必要があるとモハメッド·ソフィアン·メスバヒは書いています。

Article / 2007年7月6日

再びG8(カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、ロシア、イギリス、アメリカ)が年次サミットを開始しました。 今年は北ドイツの小さな海辺のリゾートであるハイリゲンダムで行われ、12 kmの有刺鉄線フェンスに囲まれ…

Article / 2006年11月25日

すべての生物、すべての植物、すべての動物、そしてすべての人間は、生存のために水を必要とします。この大切な資源に対するすべての人の権利が認められていた故、何世紀にもわたって、おそらく数千年にわたって、世界中で水が共有されていました。何千年もの間、流水は所有できないことを法律制度が受け入れてきました。

Article / 2006年1月2日

1980年代初頭、ウィリー·ブラントは世界の貧困を研究する独立委員会を設立しました。ブラントは、主流の経済システムが莫大な貧困、苦しみ、退廃の原因になっていることを懸念していました。

Article / 2005年2月1日

スマトラ島沖地震が原因で起こった津波以降、世界の世論は変化しました。人々は被災地の人々の窮状に心を打たれ、アフリカなど世界の他の地域の貧困や不正について話し始めています。ブラント委員会報告書の推奨事項を再検討するときがきました。モハメッド·ソフィアン·メスバヒは書いています。

Article / 2004年11月24日

環境に対する最大の脅威は気候変動です。化石燃料の燃焼は環境を破壊する上、単に燃料として消費するには、出発原料として石油は貴重すぎることを認識する必要があります。モハメッド·メスバヒは、国際再生可能エネルギー機関の設立を促進しなければならないと主張しています。