• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Guest content

Latest publications by Guest content

News / 2020年10月9日

パンデミックが紛争と気候変動の影響を激化させるため、世界の貧困は今年20年ぶりに悪化すると予想されていると世界銀行は新しい報告書で警告しています。

News / 2020年10月8日

500以上の世界有数の慈善団体、社会団体、学者が国際通貨基金に手紙を送り、COVID-19に対処するために強化されるべきだった支援プログラムが、何年もの緊縮財政を多くの国に強いていると警告しています。

Blog / 2020年9月28日

国連創設75周年ハイレベル記念式典には、111の国家元首と政府首脳、14の大臣が集まり、多国間主義と世界的な連帯などを支持して発言しました。

Blog / 2020年9月22日

私たちが世界の資源を分かち合い尊重するとき、各国が恩恵を受けると Catholic Outlookにアンドリュー・ハミルトン神父は説明しています。

Report / 2020年9月12日

極度の貧困と人権に関する国連特別報告者によれば、現在の社会的保護プログラムは、COVID-19パンデミックの間に何百万人もの人々が貧困に陥るのを防ぐには十分ではありません。Global Citizenのリア·ロドリゲス氏が報告しています。

Report / 2020年9月11日

国際シンクタンクが水曜日に発表した分析は、世界人口は2050年までに100億人を超え、生態学的災害と武力紛争により、人類の約10%、つまり約12億人が移住を余儀なくされる可能性があると警告しています。

News / 2020年9月8日

コロナウイルス時代における最初の飢饉は、食料が不足している4つの紛争地域、イエメン、南スーダン、ナイジェリア北東部、コンゴ民主共和国を間も無く襲う可能性があると、国連の人道問題担当高官が警告を発しました。

Blog / 2020年8月27日

アフリカ緑の革命のための同盟は、過去の失敗した政策を繰り返しており、飢餓との闘いをさらに押しのけるリスクがあると、IATPにティモシー·ワイズ氏は説明しています。

News / 2020年8月22日

人類が地球のバイオキャパシティを超えるアース·オーバーシュート·デーは今年、2019年より3週間遅れた8月22日に起こります。この変化はパンデミックによるものですが、これがこの思いがけない不幸な出来事からではなく、私たちの意図を持って起こりえないのでしょうか?

Article / 2020年8月18日

偏狭な利己主義により、グローバル·ノースがパンデミックと戦うために必要なリソースとノウハウを約束する可能性はなさそうです。しかしもし、それがなされるなら、内戦を起こしている要因の1つも排除されるだろうとエリザベス·シュミットはForeign Policy in Focusに書いています。

Blog / 2020年8月13日

国連が創設75周年を迎える今年は、その実績を評価し、国連を強化し、今後システムが直面する課題に真っ向から取り組むチャンスです。

Report / 2020年7月30日

国連開発計画の新しい報告書によると、世界で最も貧しい人々のための臨時ベーシックインカムの即時の導入は、COVID-19の現在の急増を抑制し、30億人近くの人々が家にとどまることを可能にするでしょう。

Blog / 2020年7月29日

先週、スコットランドのグレンイーグルスで開催されたG8サミットで世界の最富裕諸国の指導者たちが多くの重債務貧困国の債務帳消しに合意して以来、私たちは15年目を迎えました。

Blog / 2020年7月28日

民間企業がCOVID-19ワクチンの独占権を持つべきではありません。これは、世界保健機関の技術アクセス·プールに寄付され、すべての人の利益のために分かち合われるべき公共資源であるとヘレン·クラーク氏とウィニー· ビアニマ氏は書いています。

Report / 2020年7月21日

最近のオックスファムのブリーフィングは、COVID-19に関連する飢餓の結果として、年末までに1日あたり推定12,000人もの人々が死亡し、さらに多くの人がこの病気で死ぬ可能性があると警告しています。

Report / 2020年7月9日

国連への新たな報告書によると、世界の貧困は拡大しており、それが根絶されているという主流の認識に直接矛盾しています。2030年までに極度の貧困を撲滅させるという目標を達成するには、国家は完全に軌道を外れ、COVID-19は急速にさらに多くの人々を貧困化させています。

Article / 2020年6月29日

数十年にわたって反対されてきたにもかかわらず、IMFと世界銀行は貧しい政府とその国民に対して同じ信用のおけない政策を強制し続けていると Jacobinにララ·マーリングは書いています。

Blog / 2020年6月27日

軍需および防衛部門のより多くが恒久的に健康およびその他の製品の製造に移行したらどうなるでしょうか? 確実に今こそ、平和と安全の真の意味に焦点を合わせる時だと、マーティン・ブッチャーはオックスファム・インターナショナルに書いています。

Report / 2020年6月25日

社会的保護は創設以来国連の議題にあり、人権専門家からの多数の報告は、政府と国際社会が人権と人類の発展に応えて機能するためには、租税回避に取り組み、公共部門に十分に資金を提供しなければならないことを詳しく述べています。

News / 2020年6月21日

世界は少なくとも過去50年間で最悪の食糧危機の瀬戸際に立っていると国連は警告し、大惨事を回避するために迅速に行動することを政府に求めました。

News / 2020年6月20日

「これらの数字は、戦争による人的損失、そしてCovid-19によって悪化した社会的および経済的影響について、国際社会への警鐘として役立つはずです」Common Dreamsにジェシカ·コーベットは書いています。

Article / 2020年6月14日

コロナウイルスのパンデミックにもかかわらず、世界中で激しい怒りと街頭での抗議デモが高まり続けています。 政府は、社会的、経済的権利、および公民権の拒否に合法的に抗議する市民の要求に耳を傾ける必要があります。IPSニュースに、イザベル·オルティス、サラ·バーク、ヘルナン·コルテス·センツが書いています。

Article / 2020年6月12日

どうすれば地球の限界の超過を防ぐと同時に公平な分かち合いを達成できるのでしょうか? ダッチ·フットプリント·グループは、すべての人のための平等な権利に基づく提案を提示します。ヤン·ジャフェーマンズ氏がResilience.orgに書いています。

News / 2020年6月10日

ヨーロッパが第二次世界大戦以来の最大の社会的課題に直面するとともに、スペイン、イタリア、ポルトガルの大臣たちは、EU共通の最低限所得保障へのアプローチを求めています。

 
Blog / 2020年6月8日

社会的保護は普遍的人権であり、そして政府はいつでも飢餓と貧困を持続可能な形で終わらせることのできる手段をもっています。 それにもかかわらず、人類の大部分は保護されていないのです。Inter Press Serviceにジョモ・クワメ・サンダラムとアニス・チョードゥリーは説明します。

 
News / 2020年6月1日

民主的かつ公平な国際秩序の促進に関する元国連独立専門家、アルフレッド・デ・ゼイヤス教授は、市民社会に対して、人間の尊厳、社会正義および持続可能性に基づく新しい社会契約を要求するよう即しています。

 
Article / 2020年6月1日

「偉大なる平等主義者」であるどころか、COVID-19は社会経済的不平等を露呈させ、深めたとミーラ・カルンナナンサン氏はopenDemocracyに書いています。

 
News / 2020年5月31日

世界中の国々が一緒に行動しない限り、COVID-19のパンデミックは「世界中の想像を絶する惨害と苦しみ」を引き起こすだろうと、アントニオ・グテーレス国連事務総長は木曜日に開発のための資金調達に関する遠隔のハイレベル会議で述べました。

Report / 2020年5月28日

新しい分析によると、栄養失調に対処するには、世界の食糧および保健制度の全面的な見直しが必要です。「脅威を拡張させる」栄養失調は、現在、世界中の死と健康障害の主な原因です。

Blog / 2020年5月27日

COVID-19が富裕国と貧困国の間のギャップを大幅に拡大する危険があります。 この危機を乗り越え、3000万人以上の生命を救うための大胆な計画を策定する時がきたと、ポーシャ·アントニア·アレクシスはByline Timesに書いています。

Article / 2020年5月25日

UNはついに、複雑な緊急事態に対応する「UN110番」ファーストレスポンダーにより、何百万人もの生命と何兆ドルものお金をセーブすることを促進するための、迅速で信頼性の高い能力をもつだろうと、H·ピーター·ランギルはフォーリン·ポリシー·イン·フォーカスに執筆しています。

News / 2020年4月24日

国連世界食糧計画(WFP)のデイビッド・ビーズリー事務局長は、食糧安全を確保しなければ、人類はコロナウイルス感染拡大の影響で「聖書の規模」の飢餓に直面する恐れがあると訴えた。

Article / 2020年4月2日

医療と社会的ニーズの充足を優先するために軍事費を大幅に削減するよう求める国際平和ビューロー(IPB)の請願書に署名しよう。

Article / 2020年2月5日

世界人権宣言の70周年を記念して、この歴史的文書を要約する「30条項についての30のアーティクル」を国連は発表しました。以下にその第25条についての紹介と背景解説を再掲載しました。

Blog / 2020年1月14日

現在の米軍事費のどれだけ僅かな割合で世界の飢餓と極貧を永久に根絶できるかを、World Beyond War(戦争を超えた世界)の広告板は浮き彫りにします。

Article / 2019年11月26日

適切で持続可能な社会的保護システムのための資金調達は、空想ではありません。イブリン·アスターは、政府が必要なリソースを調達するために講じることのできるいくつかの手段があるとEqual Timesに述べています。

Report / 2019年6月13日

As public awareness grows of a multifaceted global emergency, STWR has persisted throughout 2018 in its efforts to promote international economic sharing as the only viable path towards a sustainable future. 

News / 2018年9月10日

先週末、25万人以上の人々が95カ国において900以上の活動に参加しました。化石燃料を地中にとどめ、万人のための100%再生可能エネルギーへの迅速かつ公正な移行を果たす政治的行動を、このRise for Climate(気候変動のために立ち上がれ)の運動は要求しました。

News / 2018年8月20日

例え人類が「今日現在の濃度において温室ガスを止めたとしても、今後20年から100年の間大気は暖まり続けるだろう」と米国大洋大気庁(NOAA)の海洋学者が警告 - Common Dreamsのジェシカ・コーベットが書いています。

Article / 2018年8月20日
ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)の最新報告書によると、2017年、世界の国々は総額1兆7390億ドルを武器や軍隊に費やしました。実質的には2016年から1.1%という僅かな増加とはいえ、2017年の総計額は冷戦終結以来最高となりました。
Report / 2018年6月4日

2017年を通してSTWRは、特に組織として中核となるアドボカシーの立場上の関連から、グローバルな経済的分かち合いの正当性のための論議を強化し、促進し続けました。私たちの取り組みのすべては、世界中で極貧の防止を何よりも優先し、貧困者のために発言する結束した人々の声の必要性に関係しました。

News / 2018年4月12日

世界の富の3分の2以上が、2030年までに最も裕福な1%によって所有されるだろうと、新たな研究が警告しています。

Article / 2018年4月4日
グローバル・サウスの人々およびノースの経済的に社会排除された人々は、50年前マーティン・ルーサー・キング・ジュニアが提案したように、経済的平等のビジョンのために組織化し、それについての関心を喚起し、それを促進する必要性への認識をますます強めています。#MLKGlobalは、今日再検討されている彼らの本来の経済権利憲章を認識、採用することを国際的に提唱します。
News / 2018年2月2日

国際通貨基金(IMF)は、国際通貨システムの安定を確保するために1945年に設立されました。 以下のIMF理事への手紙は、IMFの社会的保護と労働改革を懸念して、50人以上の著名な経済学者と開発専門家によって署名されています。

Article / 2016年10月12日
私たちがどう軍事的脅威を優先しそれにどう対応するかについての深い再考が必要です。もし私たちが健全な地球、正義、平和及び民主主義を望むなら、現代の紛争の原因に対処し、協力と外交を促進し、尊厳ある健康的生活を探求するすべての人を支持する21世紀の安全保障のアジェンダが必要であると、デビッド・コーテンは語ります。
Blog / 2016年10月8日

世界銀行や国連によって広く報告されているように、本当に貧困は減少しているのでしょうか?この「良いニュース」についての語り口は真相から程遠いと、The Rulesチームは説明します。

Blog / 2016年10月8日
5年前、国家の領域外義務に関するマーストリヒト原則が経済的、社会的及び文化的権利分野に導入されました。自国の領域外での行為に対して国家に責任を問うために、これらの原則が市民社会組織によってますます使われています。以下のETO Consortiumの最新ニュースが明確にするように、現在人権義務は国境を越えよく認識されています。