• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Adam Parsons

Author info: 

Adam Parsons is STWR's editor and can be contacted at adam [at] sharing.org

Latest publications by Adam Parsons

Article / 2018年10月9日

再びグローバル金融危機が起こる時、私たち自身が政治的リーダーシップの役割を担わねばなりません。それは、世界中で、万人のための救済措置への統一した要求に集中した、下方からの大規模な市民動員を必要とするでしょう。

Article / 2018年5月17日

万人のための十分な生活水準への確立された人権を充足することの政治的意味合いはなんでしょうか。要するにそれは、前例のない世界規模の富と資源の再分配が必要とされるということであり、従ってその達成のためには、世界人権宣言第25条の国連の躍進的なビジョンが運動家によって復活されねばならないということなのです。

Article / 2017年12月23日

非商業的な分かち合い主導型の世界を特徴付けるべき新意識を表現するためのユニークな機会を、このクリスマス休暇期間は提供します。派手な消費に時間を費やす代わりに、貧困者を助け環境を癒すための大規模な会合を計画することによってクリスマスを祝いませんか?

Article / 2017年5月6日

この21世紀に重度の栄養失調と基本的資源へのアクセスの欠如からいまだ非常に多くの人々が死ぬということがどうして起こり得るのでしょうか。2011年からのオキュパイ抗議デモに生命を与えた情熱の大規模な復活の時が来ましたが、今こそ、豊かさの真っ只中で激化する大量飢餓の現実に集中する時です。

Article / 2017年4月7日

ヴァンサン・ラッサールは現在、脱工業化への移行に関する疑問に焦点を合わせた9ヶ月間の研究に着手しています。最近、彼はイギリスのロンドンに滞在中、世界変革プロセスの中心としての国際経済の分かち合いに関するSTWRの取り組みと展望についてさらに知るために訪れました。

Article / 2016年11月10日

企業の活動を規制するための拘束力ある条約は、新たな国際政治、経済及び法秩序への急進的意味合いを伴い、議論を呼ぶ自由貿易及び投資協定に対して極めて重要なコントラストをなし得ます。

Article / 2016年9月27日

難民危機改善における国々の責任分担の基本的な不公平さについて色々言われていますが、真の課題は、国際的対応が痛ましい程不十分であり続けるこの時、その根本原因に対処するために必要な経済的分かち合いのレベルです。

Blog / 2015年11月4日
分かち合いの倫理と実践が、より公平で持続可能な民主的社会を本当にもたらすことができるのでしょうか − もしそれが可能なら、それはどのように起こるのでしょうか?
Article / 2015年4月24日
活気に満ちた討論が、私たちの時代の大きな問題との関係から分かち合いの意味について問い始めています。STIR magazineに最近掲載されたアーティクルのなかでSTWRは、この出現する経済の概念が単なる個人的、消費者主導型または商業化された協力形態に恩義を受けるべきでなく、国内および国際レベルでの政府の政策に、最終的に反映されねばならないことの正当性を議論します。
Blog / 2015年3月5日
シェアリング・スプリングが始まると同時に、政府と大企業の失敗への対応として、ますます多くの人々が分かち合いの地方化された形態に参加しています。これが正しく極めて重要である一方、国家およびグローバルレベルで分かち合いの原理を政府の政策に融合させることを、市民が政治的代表者に要求することが同様に重要です。
Blog / 2015年2月7日
コミュニティ内または地方自治体全体で、資源の分かち合いの有益な側面に異議を唱える人は僅かですが、分かち合いの経済の現在の形態は不公正なパワー構造に挑戦し、より良い世界への道を整えることができるムーブメントを代表するのでしょうか。
Article / 2015年1月21日
分かち合いの経済ムーブメントは、世界の収束する危機の根本的原因に取り組むことが出来るのでしょうか?この論議がゆっくり正しい方向に動いている多くの明るい兆候があるにもかかわらず、資源の分かち合いが人権、公平性、民主主義および持続可能性についての懸念との関連の中で促進されない限り、そのような主張は実質を伴っていないのです。
Blog / 2013年6月7日
分かち合いの経済のムーブメントにおいて僅かな人のみが、この時代の最も差し迫ったグローバル問題にこの重要なコンセプトを適応することを考慮しているに過ぎません。従って、分かち合いが世界飢餓を解決できるかどうかを問うアーティクルが執筆されることはとても励みになります。しかしながら完全な答えをもたらすためには、より多くのリサーチ、洞察および考察を必要とされます。
Article / 2012年6月11日
今日、政治経済を除いたおおよそすべての状況で分かち合いのアイデアが話し合われているようです。これは当然なことかもしれませんが、貧困を根絶し環境を癒すことに対して本当に私たちが真剣なら、世界規模の分かち合いについて私たち全員が話し始めている時ではないでしょうか。