• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

War and conflict

ロシア·ウクライナ戦争は、世界の商品市場に大混乱をもたらし、エネルギーおよび食料価格を押し上げ、世界中の飢餓の緊急事態を悪化させている、とCommon Dreamsのジェイク·ジョンソン氏は報告しています。 しかし、何百万人もの人々が飢餓の瀬戸際に生きている世界の貧困層にとっては悲惨な状況ですが、世界の100の大手銀行が商品取引利益の記録を打ち砕くペースで進んでいることを示す新しいデータによると、この混乱はウォール街の最大手企業にとって大きな利益となっています。 ブルームバーグは金曜日に、ロンドンを拠点とする会社 Vali Analytics の数字を引用して、「売上高上位100の銀行は、2022年に商品取引で ...
3,700万人以上の人々が深刻な飢餓に直面しており、この地域では5歳未満の約700万人の子供たちが深刻な栄養不良に陥っています。   食料と安全な水を見つけることが絶対的な優先事項ですが、WHOは、予防可能な病気や死亡を回避するために、強力な医療緊急対応を確保することが必要であると述べました。 国連機関は、高まる健康ニーズに対応し、食料危機が健康危機に発展するのを防ぐために、1億2,370万ドルを要求しています。 「状況はすでに壊滅的であり、私たちは今すぐ行動する必要がある」と、WHOの緊急対応担当事務局長補佐のイブラヒマ・ソセ・フォール氏は述べています。「この資金不足の危機を断続させることはできない」 ...
6月30日、マドリードでの北大西洋条約機構(NATO)サミットが、武器への支出を2倍にし、ヨーロッパの軍隊の数を8倍に増やすという最終の約束を持って終了したと同時に、世界中の飢えた人々の総数は今や前例のない記録を打ち立てていると、IPSニュースのバヘール・カメル氏は書いています。 IPSがすでに取り上げたように(NATO Summit Set to Further Militarise Europe, Expand in Africa?/NATO首脳会合 ヨーロッパをさらに軍事化、アフリカに拡大か?)、西側軍事同盟宣言は、加盟国が「すべての戦略的方向」から明確な脅威に直面し続けていると述べています。 「ロシア連邦は、...
世界の地政学的様相の大きな変化を認めることは重要ですが、何百万もの人々が、彼らが関与していない世界的な紛争の代償を払って飢えていることを忘れるべきではありません。 国際ニュースの見出しは主にウクライナでの戦争に焦点を当てていますが、世界中の多くの地域で感じられている戦争の酷い影響にはほとんど注意が払われていません。これらの余波について論じられた場合でも、ロシアのエネルギー源に大きく依存しているドイツやオーストリアなどのヨーロッパ諸国に不均衡な報道範囲が割り当てられています。 しかし、恐ろしいシナリオが、ドイツとは異なり、ロシアの原材料を最終的にどこからも代替することができないグローバル・サウスの国々を待っています。チュニジア...
支援金がウクライナに投入されると同時に、高まるニーズにもかかわらず、国連機関はイエメン、アフガニスタン、南スーダン、エチオピアへの支援を削減することを余儀なくされています。 ロシアのウクライナ侵攻は、すでに縮小している外国援助の資金源に大きな圧力をかけています。 イエメン、アフガニスタン、南スーダン、エチオピアなど、最も差し迫った緊急事態が発生している国で活動している支援機関は、資金の使い方について難しい決定に直面しています。 最近のイエメンについてのコメントで、国連世界食糧計画(WFP)事務局長であるデイビッド・ビーズリー氏は、次のように述べています。 イエメン イエメンでのニーズは、7年間の戦争、...
毎分11人が飢餓で死亡している可能性があり、現在COVID-19の死亡者数を上回っている、とオックスファムは警告しています。 新しいオックスファムの最新報告書によると、毎分11人もの人々が飢餓と栄養失調で亡くなっている可能性があります。これは、COVID-19の現在の世界的な死亡率である1分あたり約7人を上回っています。 報告書「The Hunger Virus Multiplies’」(飢餓ウイルスの増加)によると、パンデミック以来、紛争は依然として飢餓の主な原因であり、50万人以上が飢饉のような状況に追い込まれています。...
食料危機に対するグローバルネットワーク(GNAFC)の年次報告書によると、深刻な食料不安に直面し、緊急の生命と生計を救うための援助を必要とする人々の数は、食料危機に悩まされている国々で2020年に5年ぶりの高水準に達しました。 紛争、そしてCOVID-19、異常気象による原因を含む、経済的ショックは、2020年に少なくとも1億5500万人を深刻な食料不安に追いやりました。2021年の食料危機に関するグローバル報告書からの厳しい警告は、紛争、または異常気象とともにCOVID-19にしばしば関連する経済的ショックが、何百万人もの人々を深刻な食料不安に追い込み続けていいることを明らかにしています。 報告書によると、...
一部の大国による最近の軍事支出の増加額は、軍事への資金を削減し持続可能な開発に転用するという国連の長年の嘆願を嘲笑していると、IPS newsのタリフ・ディーンは書いています。 極度の貧困、飢餓、経済的不平等、環境危機など、驚くほど多くの社会経済問題と闘う開発途上国を支援するための資金を必死に求めている国連は、軍縮の最も強力な支持者の1つであり続けています。 この世界機関は、これらの資金の一部を持続可能な開発と人道支援に転用するのを促進するために、軍事費の削減を絶え間なくキャンペーンしてきました。 しかし、ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が4月26日に発表した新しい報告書によると、...
援助団体は、政府に飢餓と戦うために1日分の軍事費を提供するよう求めています。世界の軍事費はわずか26時間分で、最も危険にさらされている人々を支援するために必要な55億ドルを賄うのに十分です。 国連が「大規模な飢饉」について警告してから1年後、裕福なドナーは2021年の国連の78億ドルの食料安全保障の呼びかけのわずか5%に当たる資金を提供したのみです。 200を超えるNGOが、すべての政府に対し、今年3,400万人を超える人々が飢餓の危機に瀕するのを防ぐために緊急に援助を増やすよう求める公開書簡 を発表しました。 国連WFPとFAOが最近呼びかけた55億ドルの追加資金は、...
軍事費に費やされるお金のほんの一部が世界基金に備蓄され、飢餓を終わらせ、公衆衛生システムへの大規模な投資に向けられたなら何が達成できるかを想像してみてください。 国々がもし国民投票を行い、既存の兵器よりも殺戮に効率的な軍事兵器に彼らの税金を費やすか、それとも医療、社会サービス、教育、およびその他の重要な公共のニーズに投資するかのどちらを希望するかと国民に尋ねたなら、反応はどのようなものになるでしょうか? 多くの人の人生が終わりのない苦闘になっていることから、おそらく大多数の人々はそれほど考える必要はないでしょう。富裕国においてさえ、最も基本的な社会権はもはや当然のこととは言えません。社会福祉はますます商品化されており、...
緊急的な支援の拡大がなければ今後数か月で、急性の飢餓が20ヵ国以上で急増すると国連食料農業機関(FAO)とWFP世界国連食料計画(国連WFP)が本日発表の報告書で警告しました。   イエメン、南スーダン、ナイジェリア北部は最も壊滅的なレベルの急性の飢餓に直面しており、南スーダンとイエメンの一部ではすでに餓死やその危険がある状態にあると報告書(Hunger Hotspots report)は述べています。 飢餓の危機にある国のほとんどはアフリカにあるものの、急性の飢餓は、アフガニスタン、シリア、レバノン、ハイチなどアジア、中東、中南米・カリブ海諸国といった世界中の地域で急増すると予測されています。...
イエメンの人々は、世界が即座に行動を起こさない限り飢饉に直面していると、世界食糧計画(WFP)は警告しています。 イエメンではすでに5万人近くがほとんど飢饉の状況で暮らしており、さらに500万人がすでに瀬戸際に立っています。 WFPのデイビッド・ビーズリー事務局長は、国連がスイスとスウェーデンの政府とともに主催する資金調達のためのハイレベル会議で、イエメンに対するWFPの懸念を徹底的に主張するつもりです。 国連は、イエメンの6年間の戦争の間に25万人近くが亡くなったと推定しています。これには、食糧、医療サービス、インフラの欠如など、紛争の間接的な原因による131,000人以上の死者が含まれます。国の状況は、...
飢饉が宣言されているかどうかではなく、人命の損失に焦点を当て、緊急にそれを防ごうとしなければならない。ダニエル・マクスウェルとその他が The New Humanitarianに書いています。 飢饉が南スーダンのある地域で発生している可能性が「あるらしい」中、国連が多くの警告をしているにもかかわらず、イエメンでこれまで飢饉は発見されていないことから、最近、主要な人道主義者は「エフ・ワード」を口にしがちです。 しかし、飢饉の宣言のあるなしがすべてを物語っているわけではありません:何年にもわたる激しい紛争の後、イエメンと南スーダンの両方で、飢餓と栄養失調に関連する原因で日々命が失われている可能性があります。...
コロナウイルスのパンデミックの間に富が急激に増大した億万長者は、飢餓に直面している記録的な数の人々に緊急援助を提供するために資金を出すべきである、と世界食糧計画を支援する米国の慈善団体の責任者は言っています。 パンデミックとそれに続く経済危機は、世界中で飢餓の危機に瀕している人々の数の急増の一因となっています。緊急救援を提供する国連機関であるWFPは、2019年の約1億人から、昨年は1億3800万もの人々が必要としました。 世界食糧計画USAプレジデント兼最高経営責任者(CEO)バロン・シーガー氏によると、この数字は今年も増加し、約2億3500万人が「飢餓に向かって進んでいる」と予想されています。「間違いなく、...
Tipping Point North Southによるプロジェクトは、21世紀の外交、防衛、安全保障、国際開発政策立案の中心に持続可能な人間の安全を置くために取り組んでいます。 Tipping Point North Southは、さまざまな軍事費の要素を1つの新しい旗の下にまとめました:「持続可能な人間の安全のための防衛の変革」は、5パーセント提案や、軍事費が緊急の国際開発問題であるケース;気候変動と人間の非安全と気候変動への世界の軍事の影響;世界的な軍隊の炭素排出量報告の国連プロセスの欠如;そしてグリーン・ディール・プラスなど、さまざまな要素で構成されるプロジェクトです。 「持続可能な人間の安全のための防衛の変革」...