• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Poverty and hunger

「これらの数字は、戦争による人的損失、そしてCovid-19によって悪化した社会的および経済的影響について、国際社会への警鐘として役立つはずです」Common Dreamsにジェシカ·コーベットは書いています。 国連の報告書によると、「迫害、紛争、暴力、人権侵害、または公序良俗に反する事態の結果として」、世界中で前例のない7950万人の人々が昨年末までに強制移動させられ、現在、世界中で数百万人を感染させ、数十万人もの生命を奪ったコロナウイルス パンデミックのさらなる脅威に直面しています。 「暴力、迫害、そして苦難から逃れるこれらの人々に加えて、多くの人々は、十分な清潔な水や医療施設のない過密キャンプで世界的なコロナウイルス...
ヨーロッパが第二次世界大戦以来の最大の社会的課題に直面するとともに、スペイン、イタリア、ポルトガルの大臣たちは、EU共通の最低限所得保障へのアプローチを求めています。 それは20年以上にわたって提案され、徹底的に調査され、EUの末端に押しやられました。 現在、ヨーロッパは何万人ものコロナウイルスによる死と数百万人もの失業から数世代にわたる最悪の不況によろめいていると同時に、スペイン、イタリア、ポルトガルの大臣は、EU全体の最低限所得保証という急進的アイデアを復活させる時がきたと言っています。 「社会的保護について議論する時がきた」とスペインの社会的人権担当の第2副首相でありポデモスの指導者であるパブロ・...
社会的保護は普遍的人権であり、そして政府はいつでも飢餓と貧困を持続可能な形で終わらせることのできる手段をもっています。 それにもかかわらず、人類の大部分は保護されていないのです。Inter Press Serviceにジョモ・クワメ・サンダラムとアニス・チョードゥリーは説明します。 歴史的に、殆どの社会保障制度は先進国のフォーマルセクターで発展してきました。 しかし、世界の貧困者と飢餓者の殆どは農村地域に住んでおり、インフォーマル経済で生き残っています。 一方、世界経済は、2008年の金融危機後も回復に苦戦しています。 多くの政府が、金融市場の感知された圧力に直面して緊縮財政を追求したため、...
地球規模での平和的な大衆運動を通じて、最も貧しい人々のニーズを最優先にすることにより、ようやく、私たちはより平等で持続可能な包括的未来への道を歩むことになるだろうと、ソニア・シャーンドルは述べています。 私たちの人類家族は着実に拡大していると同時に、人口過多は大きな懸念事項です。世界的に、私たちは複数の相互関連する危機に直面しています。飢饉、戦争、致命的なパンデミック、洪水、火災、地震などの生態学的混乱が増加しています。都市は地上、空中、水中の息の詰まるような汚染レベルのなかで人口が膨らんでいます。私たちの交通システムは過負荷であり、人口の増加に追いつくのに必死です。急速に変化する地球に明らかに適応できなくなったため、...
「偉大なる平等主義者」であるどころか、COVID-19は社会経済的不平等を露呈させ、深めたとミーラ・カルンナナンサン氏はopenDemocracyに書いています。 「私たちを借金に導いた人たちは、まるでカジノにいるかのようにギャンブルをしていました...危機について話されていますが、彼らはギャンブルしたのです。そして負けたのです...私たちはそれを支払えないので、借金を返済できません。 支払わなくても、債権者は死ぬことがないのは確かです。一方、支払えば、死ぬのは私たちです。そのことについても私たちは同様に確信できるのです。」  –トーマス・サンカラ、1987 世界保健機関は、アフリカが、30万人以上の命を奪い、...
世界中の国々が一緒に行動しない限り、COVID-19のパンデミックは「世界中の想像を絶する惨害と苦しみ」を引き起こすだろうと、アントニオ・グテーレス国連事務総長は木曜日に開発のための資金調達に関する遠隔のハイレベル会議で述べました。 極度の貧困に追い込まれた6000万人、「歴史的な比率」の飢饉、 生計手段をもたないまま置き去りにされた約16億人、 そして、世界の生産における8.5兆ドルの損失 − 1930年代の大恐慌以来の最も急激な収縮 − などを示して彼は、「統一と連帯」を伴う対応を求めました。 持続可能な開発にさらなる資金を補足するために、「私たちは、6つの極めて重要な分野での即時の集団的行動を求めている」...
新しい分析によると、栄養失調に対処するには、世界の食糧および保健制度の全面的な見直しが必要です。「脅威を拡張させる」栄養失調は、現在、世界中の死と健康障害の主な原因です。 2020年世界栄養報告では、栄養よりカロリーを優先する農業システムと、高度に加工された食品の普遍性と低コストが原因で、世界中の殆どの人々が健康的な食品にアクセスまたは購入できないことがわかりました。 それによると、世界全体で不平等が存在します。 世界中で9人に1人、または8億2000万人が空腹であることを報告書は発見しましたが、3人に1人は太りすぎまたは肥満です。 ますます多くの国々が、栄養失調、肥満、および糖尿病、心血管疾患、癌などの他の食事関連疾患の...
国連世界食糧計画(WFP)のデイビッド・ビーズリー事務局長は、食糧安全を確保しなければ、人類はコロナウイルス感染拡大の影響で「聖書の規模」の飢餓に直面する恐れがあると訴えた。 ビーズリー事務局長によると、パンデミックの影響を入れなくとも、2020年に1億3500万人が危機的な飢餓状態に陥る可能性があるという。コロナウイルスにより、これに1億3000万人が追加される。 「これは単なる世界的なパンデミックではなく、人類最悪の危機だ。もし何も対策を講じなければ、我々の計算では3カ月間で毎日30万人が飢餓で死ぬことになる。しかもこの数字にCOVID-19による食糧危機は反映されていない。」 「もし何も準備せず、...
問題は、コーヴィッド19が、良心の呵責のない世間が長い間無視してきた人類の多数派の貧困化をさらに激化させる新たな原因となるのか、それとも世界の深刻な不平等に対して私たちを目覚めさせるのかどうかということです。 2020年初頭から、私たちは並外れた新時代に突入しました。この先のことについては、依然としてかなりの恐怖と不確実性があり、ほとんどの国は、戦後において前例のない一種の社会的および政治的革命を経験しています。しかし、コーヴィッド19の被害者の悲劇と苦しみのなかで、この画期的時期の将来の可能性への希望が再び湧いています。あらゆるタイプの政治運動家は、...
私たちは、要望に応えて、ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)に対するSTWRの展望についての本(英語版)を出版しました。 この本のリリースは、世界中の多くの政府がコロナウィルスの危機において国民に直接的な現金給付を行うなど、UBI政策への関心の急増を考慮するとタイムリーです。 アメリカやイギリスなどの富裕国では、国家のUBI制度を導入する可能性が突如再び注目を集めています。しかし、モハメッド・ソフィアン・メスバヒがこのテーマへのユニークな探究のなかで目指しているように − 真に「ユニバーサル(普遍的)」な意味でのベーシックインカムの明確なビジョンについて考察する提唱者は僅かです。 彼は、...
世界人権宣言の70周年を記念して、この歴史的文書を要約する「30条項についての30のアーティクル」を国連は発表しました。以下にその第25条についての紹介と背景解説を再掲載しました。それは、シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(STWR)における私たちのキャンペーン活動の中心的フォーカスです。 コンテンツ: イントロダクション 第22条:社会保障を受ける権利 第23条:労働の権利 第24条:休息と余暇を得る権利 第25条:十分な生活基準への権利 第26条:教育を受ける権利 第27条:文化的、芸術的及び化学的生活を楽しむ権利 第28条:自由で公正な世界への権利 第29条:...
現在の米軍事費のどれだけ僅かな割合で世界の飢餓と極貧を永久に根絶できるかを、World Beyond War(戦争を超えた世界)の広告板は浮き彫りにします。 2008年、 ニューヨーク・タイムズ、 ロサンゼルス・タイムズ 、 そしてその他多数の報道機関によって報道されたように、年間300億ドルで地球の飢餓を根絶できると国連は声明しました。国連食糧農業機関(FAO)は2008年以後その数字を更新しておらず、そのような数字はそうする必要があまりないことを最近私たちに語りました。 同じ機関によって2015年に発表された最新の報告書によると、極貧を永久に根絶するためのコストは毎年2650億ドルを15年間必要とし、...
クリスマスと感謝祭を真に祝うことは、飢餓、貧困、不正義および環境危機という世界の問題に私たちのハートを開くことを意味します。私たちが住む社会の悲惨な苦境を理解するなら、ついで私たちもまた問題の一部であることが明らかなはずだとロック・クラリゥは記します。  毎年11月と12月のいわゆるホリデーシーズンの間、私たちは抑えのきかない消費主義の状態に突入します。感謝祭とクリスマスという通常とは異なるホリデーによってこの期間が特徴づけられるとはいえ、寛大さと無私の愛というその基本的なメッセージは完全に失われています。消費主義のニセの煌めきを通して、私たちはこれらのメッセージをまったく反対のものにしてしまいました。...
適切で持続可能な社会的保護システムのための資金調達は、空想ではありません。イブリン·アスターは、政府が必要なリソースを調達するために講じることのできるいくつかの手段があるとEqual Timesに述べています。 11月25日の週に、政府高官、社会的パートナー、市民社会組織、国際社会の代表がジュネーブに集まり、国際労働機関(ILO)のグローバル社会的保護週間に参加します。 このイベントは、国際労働基準と国連持続可能な開発目標(SDGs)に沿って、貧困を削減し、社会的保護へのアクセスを増やすという国際社会の取り組みを繰り返し表明します。 また、...
最近STWRは、ソーシャルメディアにおいてキーとなるキャンペーンメッセージを要約した短いプロモーション・ビデオをSeven Billion Today のチームと共同製作しました。基本的な経済的・社会的権利を世界的に実現させるという国連創設時におけるビジョンを一般市民が復活させることへの私たちのシンプルな要求に、このビデオは生命を吹き込みます。 STWRの多くの発表文献とオンライン・リソースのなかで詳説されているように、私たちが地球のどこに住んでいようと、人類家族のなかの恵まれないメンバーのための絶え間なく続く大規模な街頭でのデモンストレーションをこれは必要とするでしょう。世界の優先項目を再調整し、世界の「私たち人民」...