• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Poverty and hunger

現在の米軍事費のどれだけ僅かな割合で世界の飢餓と極貧を永久に根絶できるかを、World Beyond War(戦争を超えた世界)の広告板は浮き彫りにします。 2008年、 ニューヨーク・タイムズ、 ロサンゼルス・タイムズ 、 そしてその他多数の報道機関によって報道されたように、年間300億ドルで地球の飢餓を根絶できると国連は声明しました。国連食糧農業機関(FAO)は2008年以後その数字を更新しておらず、そのような数字はそうする必要があまりないことを最近私たちに語りました。 同じ機関によって2015年に発表された最新の報告書によると、極貧を永久に根絶するためのコストは毎年2650億ドルを15年間必要とし、...
クリスマスと感謝祭を真に祝うことは、飢餓、貧困、不正義および環境危機という世界の問題に私たちのハートを開くことを意味します。私たちが住む社会の悲惨な苦境を理解するなら、ついで私たちもまた問題の一部であることが明らかなはずだとロック・クラリゥは記します。  毎年11月と12月のいわゆるホリデーシーズンの間、私たちは抑えのきかない消費主義の状態に突入します。感謝祭とクリスマスという通常とは異なるホリデーによってこの期間が特徴づけられるとはいえ、寛大さと無私の愛というその基本的なメッセージは完全に失われています。消費主義のニセの煌めきを通して、私たちはこれらのメッセージをまったく反対のものにしてしまいました。自己に偽るのはやめましょう...
最近STWRは、ソーシャルメディアにおいてキーとなるキャンペーンメッセージを要約した短いプロモーション・ビデオをSeven Billion Today のチームと共同製作しました。基本的な経済的・社会的権利を世界的に実現させるという国連創設時におけるビジョンを一般市民が復活させることへの私たちのシンプルな要求に、このビデオは生命を吹き込みます。 STWRの多くの発表文献とオンライン・リソースのなかで詳説されているように、私たちが地球のどこに住んでいようと、人類家族のなかの恵まれないメンバーのための絶え間なく続く大規模な街頭でのデモンストレーションをこれは必要とするでしょう。世界の優先項目を再調整し、世界の「私たち人民」...
現在STWRは、アメリカでポストカード・キャンペーンを実施しています。最小限の労力と費用を負担することにより、私たちのキャンペーンに参加しませんか。 このキャンペーンの目的は、 一般の皆さまが短い個人的メッセージと署名を記入したポストカードを、社会的不正義を既に浮き彫りにしている革新的個人および団体に断続して送ることによって、より公平な資源の分かち合いを呼びかけることです。 現在のポストカード・キャンペーンのターゲット – バーニー・サンダース、アレクサンドリア・オカシオ・コルテス(OAC)、ヤング・タークス(革新的ニュース・ネットワーク)、ウイリアム・バーバー牧師(貧者の行進キャンペーン)–...
コンテンツ 概要 ニュースとウエブサイトポスト キャンペーンとイベント 新サイトとオンラインコミュニケーション 将来の取り組みのための計画 概要 多面的な世界非常事態について公衆の意識が拡大すると同時に、持続可能な未来への唯一の実行可能な道として、国際的経済の分かち合いを促進することにSTWRは2018年を通して努力を続けてきました。世界規模の経済的・経済的権利実現および国連の変革という包括的目標に私たちはフォーカスを当てています。それはすべての活動を通して私たちが維持する遠大なビジョンです。これは現在進行中のリサーチ、そして民主的な世界ガバナンスという主題にチャレンジする本の執筆プロジェクト;...
シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ (STWR) は、「より大きな自由のなかのより良い生活水準」の国連の長期のビジョンを達成することの正当性について概説するために、ケンブリッジ大学アムネスティ・インターナショナルおよびケンブリッジ・ホームレス・アウトリーチ・プログラムとチームを組みました。 このプリゼンテーションは、世界中の極端な貧困の現実、そして万人の適切な生活水準への権利を宣言する世界人権宣言第25条を政府が支持する必要性にフォーカスを絞ります。 この講演はまた、万人のための基本的な経済的・社会的権利を実施可能な国際法の枠組みにすることが全体におよぼす効果について概説します。...
コンテンツ 概要 リサーチ、出版およびウエブサイト・コンテント キャンペーンおよびアウトリーチ活動 2018年の計画およびプロジェクト 概要 2017年を通してSTWRは、特に組織として中核となるアドボカシーの立場上の関連から、グローバルな経済的分かち合いの正当性のための論議を強化し、促進し続けました。私たちの取り組みのすべては、世界中で極貧の防止を何よりも優先し、貧困者のために発言する結束した人々の声の必要性に関係しました。これは、世界人権宣言第25条実現への目標を中心とする私たちの発表文献、ウエブサイト・コンテンツおよび草の根活動に反映されました。今年、私たちの取り組みの殆どはまた、万人の基本的な社会的、...
各国での真に普遍的で無条件のベーシックインカムは、国連の後援のもと調整されるなら、最終的に実行可能です。しかしながらまず最初にこれは、世界資源のより公平な分かち合いに基づき、飢餓と不必要な貧困を根絶するための目標への比類のない一般人の支持にかかっています。これが、ベーシックインカム政策が、すべての人のための基本的人権を支持する唯一の道だとモハメッド・ソフィアン・メスバヒは記します。そしてこの動機のもと追求されるならそれは、「すべての国を超えたところに人類がある」と本質的に意味する、高潔で開拓的道なのです。 コンテンツ: 編集者の序文イントロダクション:「誰もが生きる権利を持っている」パートl:...
以下は、今年9月25日から27日までの間、ポルトガルで開催された第17回ベーシックインカム・アースネットワーク(BIEN)会議に平行して、ビクトリア・ゲイターとソニア・シャーンドルによって提出された報告概要である。 STWRはモハメッド・メスバヒによって2003年に創始された、国連経済社会理事会(ECOSOC)の協議資格を持つロンドン・ベースの市民社会グループです。私たちは、リサーチと活動を通して、現在政府が対処出来ていない広範に渡る相互連結した危機 − 飢餓、貧困、気候変動、環境劣化及び世界の天然資源を巡る紛争など − への実際的な解決策として、分かち合いの原理を世界情勢に融合させることの正当性を主張します。また、...
人類全体の共益を受け入れるために平均的人間の意識が拡大されるところの心理的変革の必要性を第一に考察しない限り、地球の共有資源管理のための新経済パラダイムを真剣に見通すことはできないでしょう。なぜなら人類もまた、惑星的および霊的視点からコモンズの不可欠な一部であるからです – それは、豊かな世界のなかで餓死していく人々が、私たちのコモンズが悲惨にも見捨てられているというひとつの甚だしい例であることを意味しています - モハメッド・ソフィアン・メスバヒ コンテンツ:編集者の序文イントロダクション:より広い知覚のレンズl. 認識の障害ll. 世界人権宣言第25条のために立ち上がるlll. 歓喜の霊的特質を解放する一覧図:...
この21世紀に重度の栄養失調と基本的資源へのアクセスの欠如からいまだ非常に多くの人々が死ぬということがどうして起こり得るのでしょうか。2011年からのオキュパイ抗議デモに生命を吹き込んだ情熱の大規模な復活の時が来ましたが、今こそ、豊かさの真っ只中で激化する大量飢餓の現実に集中する時です。 2017年には人命救助のための食糧と医療援助を必要とする過去最大数の人々を持つ世界は今、かつてない飢餓及び飢饉の危機に直面しています。今年の始め以来、それに見合った行動を緊急に国際社会がとれないでいる傍ら、第二次世界大戦終結以来最大の人道危機が展開され続けています。人々の苦しみは圧倒的規模であり:...
ヴァンサン・ラッサールは現在、脱工業化への移行に関する疑問に焦点を合わせた9ヶ月間の研究に着手しています。最近、彼はイギリスのロンドンに滞在中、世界変革プロセスの中心としての国際経済の分かち合いに関するSTWRの取り組みと展望についてさらに知るために私たちを訪れました。以下は本来ヴァンサンのホームページ What.happens.now?に発表された、STWRの編集長、アダム・パーソンズとのインタビューを要約、編集したものです。 ヴァンサン・ラッサール:STWRとその使命を述べてください。あなたはどういった経路でシェア・ザ・ワールズ・リゾースィズの仕事に就いたのですか。 アダム・パーソンズ:私たちは、...
真の分かち合いの経済が利益や競争的な自己権益の追求によって特徴付けられる古いやり方の終焉を象徴する一方で、金融資本と資源が大変豊富にもつ世界での飢餓根絶を通してのみ、唯一政府間の分かち合いと協力の新時代が幕開けるのです。それが、現在殆どの人の想像範囲を超える遠大な意味合いを伴い、分かち合いの霊的および変革的ビジョンが見いだされるところであるとモハメッド・ソフィアン・メスバヒは記す。 パートl: 「分かち合い」は何を意味するかパートll: 内部から外部の分かち合い経済へパートlll: 在ることの術のための霊的教育注釈 パートl: 「分かち合い」は何を意味するか 「...
世界情勢が悪化し続けると同時に、2017年、国際舞台における新プレイヤーが出現するでしょう。それは、生命を脅かす貧困と飢餓への政府の緊急対応を要求する、大衆の善意の膨大なムーブメントです。 長年にわたってSTWRは、生命を脅かす貧困及び飢餓の問題の周りにおける市民社会の大規模な動員への正当性を裏付けて来ました。組織としての私たちの基本的なアドボカシーの立場はこれ以上シンプルであり得ません:それは、すべての国での極端な人間貧困の防止を最優先し、世界修復への緊急な必要が最も恵まれない人々を代表して話す統一した人々の声を持って始まらねばならないということです。また地域紛争や環境劣化の点においても、...
難民危機改善における国々の責任分担の基本的な不公平さについて色々言われていますが、真の課題は、国際的対応が痛ましい程不十分であり続けるこの時、その根本原因に対処するために必要な経済的分かち合いのレベルです。 先週の史上初の難民と移民に関する国連サミットに続き、多くの市民社会組織と懸念する市民が異例の世界的危機への政府の集合的対応について評価を下しています。この国連サミットは過去2年間発展過程にあり、更に効果的な国際的行動計画のための青写真をひくだけでなく、世界のリーダーたちが難民を助ける義務を強化するための稀な機会を提供しました。これらの交渉の中心となったのは、より公平に危機に取り組む義務を加盟国の間で分担する必要性であり、...