• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Poverty and hunger

主要な科学者らによると、生物多様性の損失、気候変動、過剰消費の加速は、飢餓の増大、政治的分裂、社会崩壊の「恐ろしい未来」に向けて人間社会を急速に押し進めています。 長年の警告にもかかわらず、これらの脅威は過小評価されており、広く理解されておらず、多くの政府が、自分たちの短期的な利益を保護する裕福なエリートに捕らえられているため、脅威を阻止する努力は妨げられていると彼らは付け加えました。 「生物圏とその生命体(人類を含む)への脅威の規模は非常に大きいため、十分な知識のある専門家でさえ把握するのは困難だ」と、17人の科学者はジャーナルFrontiers in ConservationScienceの記事に書いています。...
コロナウイルスのパンデミックの間に富が急激に増大した億万長者は、飢餓に直面している記録的な数の人々に緊急援助を提供するために資金を出すべきである、と世界食糧計画を支援する米国の慈善団体の責任者は言っています。 パンデミックとそれに続く経済危機は、世界中で飢餓の危機に瀕している人々の数の急増の一因となっています。緊急救援を提供する国連機関であるWFPは、2019年の約1億人から、昨年は1億3800万もの人々が必要としました。 世界食糧計画USAプレジデント兼最高経営責任者(CEO)バロン・シーガー氏によると、この数字は今年も増加し、約2億3500万人が「飢餓に向かって進んでいる」と予想されています。「間違いなく、...
Center for Economic and Social Rights(CESR)とクリスチャン・エイドの共同報告書は、根本的な疑問を投げかけています:経済が人権に基づいていたとしたらどうなっているでしょうか。 世界がCOVID-19のパンデミックに取り組んでいると同時に、人と経済のどちらを選択するかは、政治的議論において根強いテーマとなっています。英国の政治家は、経済を「破壊」し、「依存」を高めるため、無料の学校給食計画を拒否しています。南アフリカの大統領は、COVID-19が所得支援助成金を延長する政府の能力を「要求している」として、「財政上の課題」を引用しました。コロンビアの副大統領は、...
最近の報告書によると、土地不平等は世界の最も貧しい人々の14億人を直接脅かしています。 新しい推定では、土地への権利とアクセスの格差が以前に考えられていたよりも40%以上大きいことがわかりました。現在、世界最大の農場のわずか1%が、全農地の70%以上を運営しています。 アクセスと所有権の欠如は、農村部と先住民族のコミュニティを土地から追い出しています。それはまた、推定25億人の生計を危険にさらしていることを、International Land Coalition(ILC)&Oxfamの報告書が明らかにしました。 「不平等の拡大は、貧困撲滅の最大の障害です。グアテマラのような国では、極端な不平等は命を奪います」と、...
国連人道問題調整事務所によると、今年はCOVID-19により、支援の必要性が前例のないレベルにまで膨れ上がっており、2021年には驚異的な2億3500万人が支援を必要とすると予測しています。 これは、新型コロナウイルスのパンデミックと、紛争、強制移住、地球温暖化の影響などの地球規模の問題の結果です。 国連人道問題調整事務所(OCHA)は、2021年に支援を必要とする人々の数が今年と比較して40%増加すると予想しています - これは、コロナウイルスの発生などによってもたらされた痛み、苦難、苦悩、そしてその他の問題が、ワクチンへの期待が高まる中でも、さらに悪化する可能性がある兆候です。 OCHAは、...
国連は飢饉の危険があるとみなされた7カ国に1億ドルの緊急資金を割り当て即座に行動しないなら、世界は「膨大な数の子供たちが死んでいくのをテレビの画面で」目撃するかもしれないと警告しました。 気候危機、Covid-19、紛争、経済の衰退が、何百万人もの人々が緊急レベルの食糧不安に直面しているアフガニスタン、ブルキナファソ、コンゴ民主共和国、ナイジェリア、南スーダン、イエメンで「深刻な危機」を引き起こしています。人道問題担当のマーク・ローコック国連事務次長はガーディアンに語りました。 干ばつが紛争の拡大を悪化させているエチオピアは、2000万ドルの資金を受け取ることになっています。 「...
グレート・トランジション・イニシアチブによるフォーラムディスカッションでは、2つのパネルが討論します:UBIは変革のための戦略の中心的要素であるべきでしょうか?STWRは、以下のタイトルで貢献します:グローバルな分かち合いに向けて。  ガイ・スタンディングの幕開けの言葉は、ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)の説得力のある論議を提示しています。パンデミックが始まって以来、これは、ハイレベルな政治的注目を適切に受けている政策提案です - (少なくとも3月に議会で議論された英国など)個々の国においてだけでなく、国連によっても国際レベルで承認されました。...
シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(STWR)は、モハメッド・ソフィアン・メスバヒによる人気のアーティクルをまとめた本「分かち合いの原理についての考察」を出版しました。 これらのアーティクルはもともと、世界的な金融危機に続く重大な革命期の2011年から2014年にわたってsharing.orgで発表されたものです。その多くは、公衆の蜂起と大衆の占拠運動が世界舞台で変革の著しい勢力となったあの時期における社会のあの突然の民主的目覚めについて物語っています。 しかし、この本に含まれている基本的なビジョンは、あの一つの歴史的瞬間を遥かに越えており、今日さらに大きな関連性と緊急性を持っています。 本(英語版)の購入...
パンデミックが紛争と気候変動の影響を激化させるため、世界の貧困は今年20年ぶりに悪化すると予想されていると世界銀行は新しい報告書で警告しています。 世銀の予測によれば、COVID-19が今年さらに8800万から1億1500万の人々を極度の貧困に追いやる可能性があります。これは、その後の経済的影響の深刻さに応じて、2021年までに1億5000万人に増加すると予測されています。 極度の貧困とは、1日1.90ドル(1.60ユーロ)未満で生活することと定義されています。パンデミックのため、今年は世界人口の9.4%が極度の貧困状態に陥る可能性があります - これは、2017年の9.2%から増加しています。 これは、...
500以上の世界有数の慈善団体、社会団体、学者が国際通貨基金に手紙を送り、COVID-19に対処するために強化されるべきだった支援プログラムが、何年もの緊縮財政を多くの国に強いていると警告しています。 署名者である私たちは、IMFに対し、世界中で緊縮財政を推進することを直ちにやめ、代わりに、ジェンダー正義を推進し、不平等を削減し、人と地球を断固として最優先する政策を提唱するよう呼びかけます。 人権を実現し、持続可能な開発目標に向けて前進する政府の能力を懸念する者として、私たちは、現在の危機が収束に向かったら緊縮財政に戻るよう各国に求めるIMFのアドバイスに最大限の警戒を表明します。このパンデミックは、健康、教育、...
私たちが世界の資源を分かち合い尊重するとき、各国が恩恵を受けると Catholic Outlookにアンドリュー・ハミルトン神父は説明しています。 教皇フランシスコはコロナウイルスが広がる前に、2020年の毎月の意向を発表しました。しかし、彼の就任当初からの環境への懸念を総括した9月の意向は、彼の回勅「ラウダート・シ」に非常に力強く表されており、現在コロナウイルスと共存している私たちにとってこれ以上適切であり得ません。ウイルスがどれほど速く広がり、その結果がどれほど壊滅的であるかを目撃してから、私たちは今、人間の生活がいかに危険な状況にあるかを知っています。感染の小さな波でさえ、...
極度の貧困と人権に関する国連特別報告者によれば、現在の社会的保護プログラムは、COVID-19パンデミックの間に何百万人もの人々が貧困に陥るのを防ぐには十分ではありません。Global Citizenのリア·ロドリゲス氏が報告しています。  2020年3月に国連特別報告者に任命されたオリビエ·ド·シューテル氏は、COVID-19の貧困への影響に関する最初の年次報告を発表しました。彼は、9月15日に国連総会で会合を開く指導者に対し、貧困状態にある人々を支援するための措置を改善するよう要請しています。 「未来のために過去を振り返る:COVID-19後の経済回復における社会的保護への権利に基づく取り組み」と題された報告書によると...
コロナウイルス時代における最初の飢饉は、食料が不足している4つの紛争地域、イエメン、南スーダン、ナイジェリア北東部、コンゴ民主共和国を間も無く襲う可能性があると、国連の人道問題担当高官が警告を発しました。 安全保障理事会のメンバーたちへの手紙で、マーク・ローコック氏は、これらの地域での飢饉のリスクは「自然災害、経済的打撃、公衆衛生危機によって激化し、すべてがCovid-19パンデミックによって悪化した」と述べました。「これらの要因がすべて合わさって、何百万もの男女子供の命を危険にさらしている」 この手紙はまだ公表されていませんが、「紛争によって引き起こされた飢饉と広範な食料不安のリスク」...
アフリカ緑の革命のための同盟は、過去の失敗した政策を繰り返しており、飢餓との闘いをさらに押しのけるリスクがあると、IATPにティモシー·ワイズ氏は説明しています。 フランシス·ムア·ラッペ氏が「小さな惑星の緑の食卓」という彼女の重要な著書で、飢えは食料の不足によって引き起こされるのではなく、権力の不足によって引き起こされるという認識をもたらせてから50年近く経ちます。飢饉が食糧不足によって引き起こされることはめったにないことを示したエコノミストのアマルティア·セン氏は、20年以上前にノーベル賞を受賞しました。しかし、この2020年には、飢餓と栄養失調の2つの危険性が世界でよく認識されており、アフリカ緑の革命のための同盟(...
偏狭な利己主義により、グローバル·ノースがパンデミックと戦うために必要なリソースとノウハウを約束する可能性はなさそうです。しかしもし、それがなされるなら、内戦を起こしている要因の1つも排除されるだろうとエリザベス·シュミットはForeign Policy in Focusに書いています。 2020年3月、COVID-19ウイルスが地球を横断したとき、アントニオ·グテーレス国連事務総長は、共通の敵と戦うために世界的な停戦を呼びかけました。 彼はまた、武力紛争の影響により悪化したウイルス状況は、最も脆弱な人々に最も打撃を与えたと指摘しました。女性、子供、社会的に排除された人々、そして避難民は、最も無防備な人々の一部でした。戦争は...