• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Inequality

他人の絶対不可欠なニーズに対して公衆の道義心が十分に目覚める時初めて、そして私たちの中の最も貧しい人々の基本的権利のために人口の大部分が立ち上がる時初めて、私たちは分かち合う人類について何ら意味を持って話すことが出来るのです。 先週末、世界中の人道支援に従事する人々の取り組みを称賛するために、そして生存のために人道支援を現在必要とする1億3000万以上の人々との世界的連帯を呼びかけるために、世界人道デーが見守られました。それは特に、去年の#シェア・ヒューマ二ティ・キャンペーン及び今年のテーマとして指定された「ひとつの人類」の観点から、非常に多くの国々に広がった悪化する紛争、拷問、病気、飢餓、...
分かち合いへの呼びかけが既に活動的市民と革新的な組織の(多くの場合認識されていないながらも)根本的要求であることを考慮すると、私たち皆を結束させるこの共通理念を受け入れない理由はありません。 これはレポート「私たちの共通目標としての分かち合い」のエグゼクティブ・サマリー(概要)の日本語版です。完全レポートは以下をクリックしてください:私たちの共通目標としての分かち合い エグゼクティブ・サマリー (概要)  全世界の政府がより公正で持続可能な未来への希望をもたらせないかたわら、何百万人ものキャンペーナーおよび活動家は世界危機の激化をなにもせずただ傍観していることを拒否します。いくつかの不吉な前兆があります:気候の混乱、...
分かち合いへの呼びかけがすでに活動的市民と革新的な組織の根本的(多くの場合不認識ながらも)要求であることを考慮すると、私たち皆を統一するこの共通理念を受け入れるべきことは理にかなっています。 コンテント エグゼクティブ・サマリー(概要) パートl:危機に瀕する過度期の世界 パートll:分かち合いへのグローバル・コールのマッピング ◦ 社会正義◦ 環境管理◦ 世界平和◦ 参加型民主主義◦ ​多争点型運動 パートlll:分かち合いをなぜ私たちの目標として促進すべきか 提案 キャンペーンに参加しよう 注釈 エグゼクティブ・サマリー (概要)  全世界で、政府がより公正かつ持続可能な未来への希望をもたらせない一方、...
ますます不平等で持続不可能となる世界で、各政府は緊急に過去の規制的政治経済のイデオロギーを越え、万人の共通ニーズを満たすための解決策を受け入れねばなりません。この入門書は、私たちが直面する相互連結した世界危機の規模の概要を述べ、国際協力と経済的分かち合いに基づいた世界資源を管理するための代替的取り組みへの道を指し示します。 目次 はじめに パート1 経済の分かち合いとは何か分かち合いの政治経済地域的に全国的に分かち合うグローバルな経済的分かち合い パート2 国々はなぜ分かち合う必要があるのかグローバルな緊急事態グローバルな貧困と不平等環境危機資源をめぐる紛争 パート3...
極度の不平等を削減するための措置をキャンペーナーは長期間提案してきましたが、社会機構を弱体化する恐れのある経済モデルに政策立案者は固執し続けます。無数のレポート、本および公衆の抗議デモのなかに主張される再分配へのますます拡大しつつある要求にいつ政治的エリートは耳を傾けるのでしょうか。 去年だけで世界で最も裕福な個人100人は、合わせて2410億ドルの追加収入を得ました。最新の計算によると、この莫大額の4分の1を再分配するだけで、政府が丸一年間の極貧を一掃することを可能にするでしょう。残念ながら、貧困関連の原因から毎日不必要に死んでいる4万人の人々にとって、...
長年、数多くの報告書およびイニシアチブが、緊急な世界のニーズのために付加的な資金を調達する革新的政策のニーズを浮き彫りにしてきました。 それらは、ミレニアム開発目標充足のために、あるいはグローバル・サウスでの気候変動の緩和および適応プログラムへの融資のために、資金を募る新たな方法に焦点を絞った数多くの報告を含んでいます。[1] 現在の報告書はやや大ざっぱで非専門的ですが、政策立案者や経済学者よりむしろ懸念する市民に向けられています。次の10のセクションで提示された勧告は、既存の報告書に提唱されているオプションの多くを取り上げていますが、ここでのフォーカスは開発や気候資金だけではありません。この報告書は、...
人類はグローバルな緊急事態に見舞われています。全体に浸透したグローバル危機を勃発させた食糧、環境および経済危機を含んだ - 私たちが直面する多くの危機において極貧、気候変動または自然災害の結果であろうとなかろうと、世界中の何百万人もの人々が極貧に直面し必需品へのアクセスの欠如から不必要に死んでいます。 現在富裕国においてさえ、基本的食料や医療のために苦闘している多くの家族に不必要な苦難を緊縮財政政策は強いています。世界の莫大な財源を分かち合うことはこの激化するグローバル緊急事態の根本的原因への対処ではないかもしれませんが、日々4万人以上の人々を救命しさらに無数の人々の不必要な苦しみを防止することへの決定的第一段階です。...
キーポイント: 政府開発援助(ODA)は、世界規模で財源を分かち合うために現在国際コミュニティによって利用されている主要なメカニズムですが、ドナー国の自己利益によって酷く損なわれており多くの場合長期的な開発に貢献することに失敗しています。 援助の質の広範な改革が必要であるにもかかわらず寄付金額はいまだまったく不十分です。短期間でODAをGNIの1%に拡大することは、発展途上諸国の緊急なニーズにさらに見合った年間2975億ドルを追加的に募ることを可能にするでしょう。 外国援助は、発展途上国へなんら意味あるレベルの再分配をもたらすことにおいてその有効性を蝕む、グローバル・サウスからノースへの資本純流出によって矮小化されています。...
シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズによるこの報告書は、グローバルな分かち合いの経済の促進、生命を脅かす剥奪の防止、緊縮政策の撤廃、そして気候変動の人間への影響の緩和のために、政府がどのように毎年2兆8000億ドルを動員できるかを明示します。 コンテンツ: エグゼクティブサマリー Part 1: 分かち合いの経済 Part 2: グローバルな緊急事態 Part 3: グローバルな分かち合いの経済に融資するための10の政策         1. 金融取引税          2. 化石燃料およびバイオ燃料の補助金の廃止          3. 軍事費の転用          4. 租税回避の防止          5...
即時の優先事項として、グローバルな分かち合いの経済に融資するために政府がどのように2兆8000億ドル以上を動員できるか概説します。しかしそれは分かち合いと正義への高まる公衆の大規模な圧力によってのみ、実現され得るのだとSTWRは主張します。 完全レポートはこちらから(英語):グローバルな分かち合いの経済に融資する 概要 人類はグローバルな緊急事態に直面しています。極貧と気候関連の災害は、日々4万を超える人々の生命を奪い、他の多くの何百万もの人々へ容赦なく障害を与えています。同時に社会福祉と必要不可欠なサービスへの公共支出の劇的な削減は、最も裕福な国々でさえ多くの家族が基本的ニーズを充足することをますます難しくしています。...
経済危機の悪化と同時に政府の最前の義務は、誰一人として餓死することがないよう政治経済システムを再設計することです。しかし、前例のない公衆の支持の蜂起がない限り、それが起こることはあり得ないでしょう ー モハメッド・ソフィアン・メスバヒは語る。 崩壊しつつある経済システムに関する専門評論家の解説の全ては、今日の世界で本当に起こっていることを理解するにはおおよそ役に立ちません。この経済を修繕し、システムの成長を回復させる方法に関する無数の論説が書かれていますが、断固として持続不可能であり現在終わりに近づいているシステムにしかそれらは関連を持ちません。私たちがシステムと呼ぶそれは余りに複雑となってしまったため、...