• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Inequality

私たちが世界の資源を分かち合い尊重するとき、各国が恩恵を受けると Catholic Outlookにアンドリュー・ハミルトン神父は説明しています。 教皇フランシスコはコロナウイルスが広がる前に、2020年の毎月の意向を発表しました。しかし、彼の就任当初からの環境への懸念を総括した9月の意向は、彼の回勅「ラウダート・シ」に非常に力強く表されており、現在コロナウイルスと共存している私たちにとってこれ以上適切であり得ません。ウイルスがどれほど速く広がり、その結果がどれほど壊滅的であるかを目撃してから、私たちは今、人間の生活がいかに危険な状況にあるかを知っています。感染の小さな波でさえ、...
極度の貧困と人権に関する国連特別報告者によれば、現在の社会的保護プログラムは、COVID-19パンデミックの間に何百万人もの人々が貧困に陥るのを防ぐには十分ではありません。Global Citizenのリア·ロドリゲス氏が報告しています。  2020年3月に国連特別報告者に任命されたオリビエ·ド·シューテル氏は、COVID-19の貧困への影響に関する最初の年次報告を発表しました。彼は、9月15日に国連総会で会合を開く指導者に対し、貧困状態にある人々を支援するための措置を改善するよう要請しています。 「未来のために過去を振り返る:COVID-19後の経済回復における社会的保護への権利に基づく取り組み」と題された報告書によると...
コロナウイルス時代における最初の飢饉は、食料が不足している4つの紛争地域、イエメン、南スーダン、ナイジェリア北東部、コンゴ民主共和国を間も無く襲う可能性があると、国連の人道問題担当高官が警告を発しました。 安全保障理事会のメンバーたちへの手紙で、マーク・ローコック氏は、これらの地域での飢饉のリスクは「自然災害、経済的打撃、公衆衛生危機によって激化し、すべてがCovid-19パンデミックによって悪化した」と述べました。「これらの要因がすべて合わさって、何百万もの男女子供の命を危険にさらしている」 この手紙はまだ公表されていませんが、「紛争によって引き起こされた飢饉と広範な食料不安のリスク」...
コンテンツ 2019年における私たちの活動とインパクト リサーチ、執筆、出版本 キャンペーン、活動、イベント 今後のプランとプロジェクト 2019年における私たちの活動とインパクト  世界資源を分かち合うための呼びかけは、2019年の国際的なイベントの中心であり続けました。飢餓の範囲は、主に紛争と気候変動に牽引され、3年連続で増加している一方で、世界の人道的ニーズは数十年で最高レベルに達しました。世界の強制移動の危機もまた、政治的怠慢と資金不足のために悪化し続けました。世界の最貧国による債務返済は2010年以降2倍になりましたが、国際援助目標の達成は後退しました。...
国連への新たな報告書によると、世界の貧困は拡大しており、それが根絶されているという主流の認識に直接矛盾しています。2030年までに極度の貧困を撲滅させるという目標を達成するには、国家は完全に軌道を外れ、COVID-19は急速にさらに多くの人々を貧困化させています。 「COVID-19の前でさえ、私たちは貧困との闘いにおいて10年を浪費し、パンデミックの最悪の被害を防ぐことができたであろう改革そのものを見当外れの勝利主義によって阻止した」と、極度の貧困と人権に関する元国連特別報告者であるフィリップ·アルストン氏は彼の最終報告の発表時に述べました。最終報告書は彼の後継者であるオリビエ·...
軍需および防衛部門のより多くが恒久的に健康およびその他の製品の製造に移行したらどうなるでしょうか? 確実に今こそ、平和と安全の真の意味に焦点を合わせる時だと、マーティン·ブッチャーはオックスファム·インターナショナルに書いています。 コロナウイルスの壊滅的な広がりが私たちのコミュニティを変えるにつれて、世界中の生活様式は根本的に変わってきています。 政府の優先事項は一夜で変わり、数週間前には不可能と思われていたことが今や緊急に実行されています。ホームレスの人々はすぐに収容されました。気候危機を目の当たりにしてもフライトを削減することができなかった旅客機は突然駐機されています。世界中の企業が、マスク、人工呼吸器、...
社会的保護は創設以来国連の議題にあり、人権専門家からの多数の報告は、政府と国際社会が人権と人類の発展に応えて機能するためには、租税回避に取り組み、公共部門に十分に資金を提供しなければならないことを詳しく述べています。Global Policy Watchにバーバラ·アダムスとカレン·ジャッドが書いています。 社会的保護は、人権から経済成長の促進に至るまで、そして適切な仕事から経済的、社会的およびジェンダー平等に至るまで、複数の議題の最上位に浮上しています。 その擁護者は、特にグローバルレベルで、さまざまな優先順位、制度、政策の方向性を持つ多数のさまざまなプレーヤーを含み、彼ら全員がそのコンセプトを定義し、...
コロナウイルスのパンデミックにもかかわらず、世界中で激しい怒りと街頭での抗議デモが高まり続けています。 政府は、社会的、経済的権利、および公民権の拒否に合法的に抗議する市民の要求に耳を傾ける必要があります。IPS newsに、イザベル·オルティス、サラ·バーク、ヘルナン·コルテス·センツが書いています。 Covid-19による強制的沈黙の隔離期間後、世界中の市民はコロナウイルスによる制限に逆らい、真の民主主義、仕事、生活賃金、公共サービス、人権のために、そして汚職、不平等および不正と闘うために街頭を埋めつくしています。 私たちは、現状に逆らうさまざまな種類の人々によって引き起こされる世界中での抗議の波が高まると予測しています。...
どうすれば地球の限界の超過を防ぐと同時に公平な分かち合いを達成できるのでしょうか? ダッチ·フットプリント·グループは、すべての人のための平等な権利に基づく提案を提示します。ヤン·ジャフェーマンズ氏がResilience.orgに書いています。 2016年、私はオランダのヘーレンフェーン市でドメラ·ニーウェンハイス記念講演を行うよう招かれました。 フェルナンド·ドメラ·ニーウェンハイス(1846-1919)は有名なオランダの社会主義者であり、雑誌Recht voor Allen(すべての人のための権利)の発行者でした。 このイベントは、私が彼の理想に触発されて、フェア·アース·シェア(今日そう呼ばれているように)...
社会的保護は普遍的人権であり、そして政府はいつでも飢餓と貧困を持続可能な形で終わらせることのできる手段をもっています。 それにもかかわらず、人類の大部分は保護されていないのです。Inter Press Serviceにジョモ・クワメ・サンダラムとアニス・チョードゥリーは説明します。 歴史的に、殆どの社会保障制度は先進国のフォーマルセクターで発展してきました。 しかし、世界の貧困者と飢餓者の殆どは農村地域に住んでおり、インフォーマル経済で生き残っています。 一方、世界経済は、2008年の金融危機後も回復に苦戦しています。 多くの政府が、金融市場の感知された圧力に直面して緊縮財政を追求したため、...
地球規模での平和的な大衆運動を通じて、最も貧しい人々のニーズを最優先にすることにより、ようやく、私たちはより平等で持続可能な包括的未来への道を歩むことになるだろうと、ソニア・シャーンドルは述べています。 私たちの人類家族は着実に拡大していると同時に、人口過多は大きな懸念事項です。世界的に、私たちは複数の相互関連する危機に直面しています。飢饉、戦争、致命的なパンデミック、洪水、火災、地震などの生態学的混乱が増加しています。都市は地上、空中、水中の息の詰まるような汚染レベルのなかで人口が膨らんでいます。私たちの交通システムは過負荷であり、人口の増加に追いつくのに必死です。急速に変化する地球に明らかに適応できなくなったため、...
新しい分析によると、栄養失調に対処するには、世界の食糧および保健制度の全面的な見直しが必要です。「脅威を拡張させる」栄養失調は、現在、世界中の死と健康障害の主な原因です。 2020年世界栄養報告では、栄養よりカロリーを優先する農業システムと、高度に加工された食品の普遍性と低コストが原因で、世界中の殆どの人々が健康的な食品にアクセスまたは購入できないことがわかりました。 それによると、世界全体で不平等が存在します。 世界中で9人に1人、または8億2000万人が空腹であることを報告書は発見しましたが、3人に1人は太りすぎまたは肥満です。 ますます多くの国々が、栄養失調、肥満、および糖尿病、心血管疾患、癌などの他の食事関連疾患の...
COVID-19が富裕国と貧困国の間のギャップを大幅に拡大する危険があります。 この危機を乗り越え、3000万人以上の生命を救うための大胆な計画を策定する時がきたと、ポーシャ·アントニア·アレクシスはByline Timesに書いています。 世界保健機関からのガイダンスを除いて、COVID-19に対する国際的な対応は殆どありません。 各国は独自の封鎖および医療政策を策定し、国民の「一体感」と愛国心を呼びかけ、健康やその他の重要なサービスにおいて、あるいは単に家にいることによって、国民に彼らの役割を果たすよう呼びかけています。 このパンデミックが、豊かな国でさえも財政と健康の不平等を増大させていることは明らかですが、...
問題は、コーヴィッド19が、良心の呵責のない世間が長い間無視してきた人類の多数派の貧困化をさらに激化させる新たな原因となるのか、それとも世界の深刻な不平等に対して私たちを目覚めさせるのかどうかということです。 2020年初頭から、私たちは並外れた新時代に突入しました。この先のことについては、依然としてかなりの恐怖と不確実性があり、ほとんどの国は、戦後において前例のない一種の社会的および政治的革命を経験しています。しかし、コーヴィッド19の被害者の悲劇と苦しみのなかで、この画期的時期の将来の可能性への希望が再び湧いています。あらゆるタイプの政治運動家は、...
世界人権宣言の70周年を記念して、この歴史的文書を要約する「30条項についての30のアーティクル」を国連は発表しました。以下にその第25条についての紹介と背景解説を再掲載しました。それは、シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(STWR)における私たちのキャンペーン活動の中心的フォーカスです。 コンテンツ: イントロダクション 第22条:社会保障を受ける権利 第23条:労働の権利 第24条:休息と余暇を得る権利 第25条:十分な生活基準への権利 第26条:教育を受ける権利 第27条:文化的、芸術的及び化学的生活を楽しむ権利 第28条:自由で公正な世界への権利 第29条:...