• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Global governance

国連は飢饉の危険があるとみなされた7カ国に1億ドルの緊急資金を割り当て、即座に行動しないなら世界は「膨大な数の子供たちが死んでいくのをテレビの画面で」見るかもしれないと警告しました。 気候危機、Covid-19、紛争、経済の衰退が、何百万人もの人々が緊急レベルの食糧不安に直面しているアフガニスタン、ブルキナファソ、コンゴ民主共和国、ナイジェリア、南スーダン、イエメンで「深刻な危機」を引き起こしています。人道問題担当のマーク・ローコック国連事務次長はガーディアンに語りました。 干ばつが紛争の拡大を悪化させているエチオピアは、2000万ドルの資金を受け取ることになっています。 「...
シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(STWR)は、モハメッド・ソフィアン・メスバヒによる人気のアーティクルをまとめた本「分かち合いの原理についての考察」を出版しました。 これらのアーティクルはもともと、世界的な金融危機に続く重大な革命期の2011年から2014年にわたってsharing.orgで発表されたものです。その多くは、公衆の蜂起と大衆の占拠運動が世界舞台で変革の著しい勢力となったあの時期における社会のあの突然の民主的目覚めについて物語っています。 しかし、この本に含まれている基本的なビジョンは、あの一つの歴史的瞬間を遥かに越えており、今日さらに大きな関連性と緊急性を持っています。 本(英語版)の購入...
主要な運動家が「核軍縮の新しい章」と表現しているように、核兵器禁止条約は、それを批准したホンジュラスが土曜日に50番目の締約国になった後、来年1月22日に発効します。 Secretary-Generalアントニオ・グテーレス国連事務総長は声明の中で、2017年の総会で122カ国によって承認され、これほど武器の禁止を支援し、協定の批准を行ったすべての国を推奨し、特に市民社会グループの活動に注意を向けました。 その中で最も重要なのは、2017年にノーベル平和賞を受賞した受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)で、ベアトリス・フィン事務局長を通じて、発効は「核軍縮の新しい章」であると宣言しました。何十年にもわたる活動は、...
国連創設75周年ハイレベル記念式典には、111の国家元首と政府首脳、14の大臣が集まり、多国間主義と世界的な連帯などを支持して発言しました。 参加者は、多国間主義をより平等で、より回復力があり、より持続可能な世界のための必要性として認識し、2030アジェンダの実現が生存のために必要であるという宣言を採択しました。 ソーシャルディスタンスの取られた国連本部で行われたUN75の公式記念式典は、国家元首と政府首脳がオンライン参加し、「私たちが望む未来、私たちが必要とする国連:多国間主義に対する集団的コミットメントの再確認」というテーマに焦点を当てました。 アントニオ・グテレス国連事務総長は、世界は「...
国連が創設75周年を迎える今年は、その実績を評価し、国連を強化し、今後システムが直面する課題に真っ向から取り組むチャンスであると、ジョヴァンナ・ クゥエレがPassBlueに書いています。 7月7日に最終的に合意に達して、UN-75の政治宣言の最終草案が承認され、9月21日、テレビ会議により国連本部で世界の指導者によって採択される予定です。政治情勢を考えると、同宣言は簡潔で、明確、そして前向きで刺激的です。しかし、それだけでは十分ではありません。 世界を呑み込んでいる前例のない多くの危機事象が同時に起こっているため、国連創設75周年は多国間主義を再活性化する機会であることを確認する必要があります。気候危機とCovid-...
コンテンツ 2019年における私たちの活動とインパクト リサーチ、執筆、出版本 キャンペーン、活動、イベント 今後のプランとプロジェクト 2019年における私たちの活動とインパクト  世界資源を分かち合うための呼びかけは、2019年の国際的なイベントの中心であり続けました。飢餓の範囲は、主に紛争と気候変動に牽引され、3年連続で増加している一方で、世界の人道的ニーズは数十年で最高レベルに達しました。世界の強制移動の危機もまた、政治的怠慢と資金不足のために悪化し続けました。世界の最貧国による債務返済は2010年以降2倍になりましたが、国際援助目標の達成は後退しました。...
数十年にわたって反対されてきたにもかかわらず、IMFと世界銀行は貧しい政府とその国民に対して同じ信用のおけない政策を強制し続けているとJacobinにララ·マーリングは書いています。 国際通貨基金(IMF)と世界銀行は、グローバリゼーションの現在のモデルを形作る上で中心的な役割を果たし、国々の所得の上昇を阻止し、医療制度を弱体化させ、民間資本の気まぐれに劣後する開発成果をもたらしました。現在COVID-19によって引き起こされた危機により、このモデルの脆弱性が再び明らかになったため、これらの機関はこの危機から世界を導きだす準備ができている専門家を演じています。 このイメージ再構築戦略は新しいものではありません。...
民主的かつ公平な国際秩序の促進に関する元国連独立専門家、アルフレッド・デ・ゼイヤス教授は、市民社会に対して、人間の尊厳、社会正義および持続可能性に基づく新しい社会契約を要求するよう即しています。 彼は政府らに軍事費を大幅に削減し、人間開発の強化と人権の行使を優先するよう要求しています。 国連人権理事会への彼の詳細な報告書で文書化されているように、無謀な予算の優先順位は、攻撃的な戦争、軍事基地、軍拡競争、ミサイル、ドローンなどの資源を浪費していると同時に、パンデミック、ハリケーン、火山噴火などの緊急事態に取り組む準備を怠っています。Covid後の世界では、これまで1%...
世界中の国々が一緒に行動しない限り、COVID-19のパンデミックは「世界中の想像を絶する惨害と苦しみ」を引き起こすだろうと、アントニオ・グテーレス国連事務総長は木曜日に開発のための資金調達に関する遠隔のハイレベル会議で述べました。 極度の貧困に追い込まれた6000万人、「歴史的な比率」の飢饉、 生計手段をもたないまま置き去りにされた約16億人、 そして、世界の生産における8.5兆ドルの損失 − 1930年代の大恐慌以来の最も急激な収縮 − などを示して彼は、「統一と連帯」を伴う対応を求めました。 持続可能な開発にさらなる資金を補足するために、「私たちは、6つの極めて重要な分野での即時の集団的行動を求めている」...
COVID-19が富裕国と貧困国の間のギャップを大幅に拡大する危険があります。 この危機を乗り越え、3000万人以上の生命を救うための大胆な計画を策定する時がきたと、ポーシャ·アントニア·アレクシスはByline Timesに書いています。 世界保健機関からのガイダンスを除いて、COVID-19に対する国際的な対応は殆どありません。 各国は独自の封鎖および医療政策を策定し、国民の「一体感」と愛国心を呼びかけ、健康やその他の重要なサービスにおいて、あるいは単に家にいることによって、国民に彼らの役割を果たすよう呼びかけています。 このパンデミックが、豊かな国でさえも財政と健康の不平等を増大させていることは明らかですが、...
UNはついに、複雑な緊急事態に対応する「UN110番」ファーストレスポンダーにより、何百万人もの生命と何兆ドルものお金をセーブすることを促進するための、迅速で信頼性の高い能力をもつだろうと、H·ピーター·ランギルはフォーリン・ポリシー・イン・フォーカスに執筆しています。 世界的な健康危機は、もっと公正で安全な世界のために協力することへの警鐘となっています。それに似たようなことが以前、第一および第二世界大戦の後だけでなく冷戦の後にも起こりました。地球の平和は捉えどころのないままですが、そうである必要はありません。 私たちの日常のレースの現在の一時停止は、私たち共同のグローバル·チャレンジについて考える時間を提供しています。...
世界人権宣言の70周年を記念して、この歴史的文書を要約する「30条項についての30のアーティクル」を国連は発表しました。以下にその第25条についての紹介と背景解説を再掲載しました。それは、シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(STWR)における私たちのキャンペーン活動の中心的フォーカスです。 コンテンツ: イントロダクション 第22条:社会保障を受ける権利 第23条:労働の権利 第24条:休息と余暇を得る権利 第25条:十分な生活基準への権利 第26条:教育を受ける権利 第27条:文化的、芸術的及び化学的生活を楽しむ権利 第28条:自由で公正な世界への権利 第29条:...
国際通貨基金(IMF)は、国際通貨システムの安定を確保するために1945年に設立されました。基金の使命は2012年に改められ、  世界の安定に影響を与える可能性があるすべてのマクロ経済および金融セクターの問題を含んでいます。 世界的な危機以来、特に2010年以降、IMFはますます多くの分野に取り組んできました。 2017年の提案は、社会保護に関するIMFのさらなる取り組みを推薦し、社会保障、福祉、労働制度に対するIMFの最近の改革を継続しています。緊縮財政や財政再建の改革は、国民に悪影響を及ぼすため、非常に不人気です。いくつかの欧州諸国では、各国の憲法裁判所がIMFが支援する緊縮財政の削減と反憲法を認めました(たとえば、ラトビア...
この報告書は国連の有効性についての分析を提示し、それが人道的任務をもっと容易に実現し、グローバル経済へより大きな統制力を発揮できるよう大幅な改革を可能にする方策の概要を述べます。 1948年、国連総会は世界人権宣言を導入しました。万人が十分な食糧、水、住居、医療、教育、政治参加、そして職への権利を持つことを世界の全ての国が同意しました。おおよそ60年後、競争と利益に基づいたグローバル経済システムはこれらの不可欠なものを世界の大部分に提供できないままでいます。8億人がこの豊かな世界でいまだ餓死しており、少数派の富裕層と多数派の貧困層の間の溝はますます拡大し続けています。 グローバル経済は改革または代替を必要とします。...
私たちがどう軍事的脅威を優先しそれにどう対応するかについての深い再考が必要です。もし私たちが健全な地球、正義、平和及び民主主義を望むなら、現代の紛争の原因に対処し、協力と外交を促進し、尊厳ある健康的生活を探求するすべての人を支持する21世紀の安全保障のアジェンダが必要であると、デビッド・コーテンは語ります。最近の9・11の15周年メモリアルを迎えた世界貿易センタービルへのテロ攻撃は、国家が自らの近代史を含んだ歴史の教訓を無視する時に被る、酷い結末を思い出させるものでした。私たちは現在、防衛上およそ5980億ドルを費やしており、それは、その次に最も軍事費を消費している7カ国:中国、サウジアラビア、ロシア、イギリス、インド、...