• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Global governance

この報告書は国連の有効性についての分析を提示し、それが人道的任務をもっと容易に実現し、グローバル経済へより大きな統制力を発揮できるよう大幅な改革を可能にする方策の概要を述べます。 1948年、国連総会は世界人権宣言を導入しました。万人が十分な食糧、水、住居、医療、教育、政治参加、そして職への権利を持つことを世界の全ての国が同意しました。おおよそ60年後、競争と利益に基づいたグローバル経済システムはこれらの不可欠なものを世界の大部分に提供できないままでいます。8億人がこの豊かな世界でいまだ餓死しており、少数派の富裕層と多数派の貧困層の間の溝はますます拡大し続けています。 グローバル経済は改革または代替を必要とします。...
私たちがどう軍事的脅威を優先しそれにどう対応するかについての深い再考が必要です。もし私たちが健全な地球、正義、平和及び民主主義を望むなら、現代の紛争の原因に対処し、協力と外交を促進し、尊厳ある健康的生活を探求するすべての人を支持する21世紀の安全保障のアジェンダが必要であると、デビッド・コーテンは語ります。最近の9・11の15周年メモリアルを迎えた世界貿易センタービルへのテロ攻撃は、国家が自らの近代史を含んだ歴史の教訓を無視する時に被る、酷い結末を思い出させるものでした。私たちは現在、防衛上およそ5980億ドルを費やしており、それは、その次に最も軍事費を消費している7カ国:中国、サウジアラビア、ロシア、イギリス、インド、...
5年前、国家の領域外義務に関するマーストリヒト原則が経済的、社会的及び文化的権利分野に導入されました。自国の領域外の行為に対して国家に責任を問うために、これらの原則が市民社会組織によってますます使われています。以下のETO Consortiumの最新ニュースが明確にするように、現在人権義務は国境を越えよく認識されています。政府間組織やその支配国が他国の政府に公共サービスを削減せよと言うことは、人権義務侵害でしょうか。食糧の権利に基づく義務を、他国の気候変動の影響によって悪影響を受けている国家に完全にまかせておけるのでしょうか。海外ビジネスネットワークの手中にある政府が自国民守らないため、...
難民危機改善における国々の責任分担の基本的な不公平さについて色々言われていますが、真の課題は、国際的対応が痛ましい程不十分であり続けるこの時、その根本原因に対処するために必要な経済的分かち合いのレベルです。 先週の史上初の難民と移民に関する国連サミットに続き、多くの市民社会組織と懸念する市民が異例の世界的危機への政府の集合的対応について評価を下しています。この国連サミットは過去2年間発展過程にあり、更に効果的な国際的行動計画のための青写真をひくだけでなく、世界のリーダーたちが難民を助ける義務を強化するための稀な機会を提供しました。これらの交渉の中心となったのは、より公平に危機に取り組む義務を加盟国の間で分担する必要性であり、...
分かち合いの倫理と実践が、より公平で持続可能な民主的社会を本当にもたらすことができるのでしょうか − もしそれが可能なら、それはどのように起こるのでしょうか? イースト・サセックスのブライトンで開催された Reclaiming the Alternative(選択肢を取り戻す)というイベントにSTWRは参加しました。この無料イベントは、「業務平常通り」経済の草の根的代替についての様々なプレゼンテーションを持って、ギフトと分かち合いの倫理に基付いたものでした。分かち合いの経済の変革的可能性の展望について講演するために私たちは招かれ、そこでSTWRの基本的論議を紹介しました:真の正義、...
モハメッド・ソフィアン・メスバヒ「奮い立て、アメリカよ、奮い立て!」、シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ、2014年10月。長年の政治的怠慢の後、一般大衆の良識だけが、すべての国での絶えることのない壮大な抗議デモを通して、豊かな世界のなかでの貧困を根絶することができるのです。従って、この抵抗最小限の道を選ぶことにより、十分な食糧、住居、医療、そして社会保障を万人にもたらすために、長期に渡って合意されて来た世界人権宣言第25条の人権を共に布告しましょう。それが、資源を再分配し、グローバル経済を再構築するよう政府を駆り立てるための最も確かな道であると、モハメッド・ソフィアン・メスバヒは記します。 パート1:政府の失敗パート2:...
分かち合いと共同消費の真の可能性を実現するためには、支配的経済モデル、特に現代資本主義社会固有の特徴である、行きすぎた消費文化および不平等の拡大にチャレンジする必要があります。 このインタビューは元来SharingLab.dkによって発表されたものです。 あなたの関心を引く、「分かち合いの経済」についての今日的議論は何ですか?そしてそれはなぜですか? シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(STWR)では、差し迫った社会的、環境的危機への取り組み方についての市民社会の討議、そして政治的問題の関係から特に、分かち合いの経済に関する論議の「分かち合い」の部分にさらにフォーカスを絞っています。この言葉はまだ明確に定義されていませんが、...
分かち合いへの呼びかけが既に活動的市民と革新的な組織の(多くの場合認識されていないながらも)根本的要求であることを考慮すると、私たち皆を結束させるこの共通理念を受け入れない理由はありません。 これはレポート「私たちの共通目標としての分かち合い」のエグゼクティブ・サマリー(概要)の日本語版です。完全レポートは以下をクリックしてください:私たちの共通目標としての分かち合い エグゼクティブ・サマリー (概要)  全世界の政府がより公正で持続可能な未来への希望をもたらせないかたわら、何百万人ものキャンペーナーおよび活動家は世界危機の激化をなにもせずただ傍観していることを拒否します。いくつかの不吉な前兆があります:気候の混乱、...
分かち合いへの呼びかけがすでに活動的市民と革新的な組織の根本的(多くの場合不認識ながらも)要求であることを考慮すると、私たち皆を統一するこの共通理念を受け入れるべきことは理にかなっています。 コンテント エグゼクティブ・サマリー(概要) パートl:危機に瀕する過度期の世界 パートll:分かち合いへのグローバル・コールのマッピング ◦ 社会正義◦ 環境管理◦ 世界平和◦ 参加型民主主義◦ ​多争点型運動 パートlll:分かち合いをなぜ私たちの目標として促進すべきか 提案 キャンペーンに参加しよう 注釈 エグゼクティブ・サマリー (概要)  全世界で、政府がより公正かつ持続可能な未来への希望をもたらせない一方、...
STWRの創始者・モハメッド・ソフィアン・メスバヒは、現在進行中のこのエッセイ・シリーズにおいて、社会的、経済的、政治的な展望はもとより、霊的、心理的な展望からも分かち合いの意味と重要性を探求します。 全人類のためのベーシックインカムに向けて 国連の後援のもと組織立てられた、真に普遍的そして無条件のベーシックインカムが最終的に各国で実行可能でありながらも、これはまず最初に、世界資源のより公平な分かち合いに基づき飢餓と不必要な貧困を根絶するという目標への比類のない一般人の支持にかかっているのです。それが、ベーシックインカム政策がすべての人の根本的な人権を支持する唯一の道だと、モハメッド・ソフィアン・メスバヒは記します。そして、...
分かち合いが地球の危機への解決策であり、分裂した世界を蘇生させる私たちの最後の希望だという認識を、どうしたらもたらすことができるのでしょうか。この問いかけの中心にあるのは、自己満足的な無頓着さがその存在を当然のこととして正当化するために、「主義」を通してそれ自体を合理化した問題です。 人類の問題は非常な高みに達したため、国内および国家間で分かち合いの原理を実現することは各政府にとって現在極めて重要です。それは、いくつかの点において非常に重要です。まず第一に、各人に内在する歓びと創造性を解放することですが、現在世界中で流行病ともいえる規模に達した鬱病率を伴う経済苦難と社会の破綻により、それらは広範囲に渡って抑圧されています。第二に...
キーポイント: IMFは、ガバナンス、政策および任務の根本的改革を必要としながらも、発展途上国での気候変動ファイナンスおよび貧困根絶のために利用できる多大な財源を持つユニークな位置にあります。 低所得国および発展途上国のための公共財の安価で手っ取り早い源として、IMFの特別引出権(SDR)の役割が拡大されるべき強い正当性があります。 IMFは世界で3番目の金保有量を誇りますが、それは国際金価格やIMFの貸与能力を妨げることなく市場価格において漸進的売却が可能です。 これらのオプションの組み合わせを通して既存の特別引出権のトランスファーによって一度きりの1650億ドル、新たな特別引出権配分からさらに年間1000億ドル、...
人類はグローバルな緊急事態に見舞われています。全体に浸透したグローバル危機を勃発させた食糧、環境および経済危機を含んだ - 私たちが直面する多くの危機において極貧、気候変動または自然災害の結果であろうとなかろうと、世界中の何百万人もの人々が極貧に直面し必需品へのアクセスの欠如から不必要に死んでいます。 現在富裕国においてさえ、基本的食料や医療のために苦闘している多くの家族に不必要な苦難を緊縮財政政策は強いています。世界の莫大な財源を分かち合うことはこの激化するグローバル緊急事態の根本的原因への対処ではないかもしれませんが、日々4万人以上の人々を救命しさらに無数の人々の不必要な苦しみを防止することへの決定的第一段階です。...
キーポイント: 政府開発援助(ODA)は、世界規模で財源を分かち合うために現在国際コミュニティによって利用されている主要なメカニズムですが、ドナー国の自己利益によって酷く損なわれており多くの場合長期的な開発に貢献することに失敗しています。 援助の質の広範な改革が必要であるにもかかわらず寄付金額はいまだまったく不十分です。短期間でODAをGNIの1%に拡大することは、発展途上諸国の緊急なニーズにさらに見合った年間2975億ドルを追加的に募ることを可能にするでしょう。 外国援助は、発展途上国へなんら意味あるレベルの再分配をもたらすことにおいてその有効性を蝕む、グローバル・サウスからノースへの資本純流出によって矮小化されています。...
分かち合いのシステムは、不平等を広げ貧困や極貧状態のなかに家族を取り残す政策によってますます蝕まれつつあります。結果として現在人類は、何百万人という人々がグローバルな非常事態に直面し、さらに多くの人々が毎年不必要な死に遭遇し、さらに多くが生命を脅かす貧困や回避可能な苦難に苦しんでいます。この非常事態の構造的な原因への取り組みは世界経済の大々的改革を要求するでしょうが、その一方で、人間の生命を保護するための制度および機構は世界全体で既に整っているのです。 この報告書は、緊縮財政政策を撤廃し、貧困に関連した死を防止し、気候変動の人間への影響を緩和するために、毎年2兆2000億ドル以上を政府がどのように動員できるかを示します。しかし、...