• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Finance and debt

500以上の世界有数の慈善団体、社会団体、学者が国際通貨基金に手紙を送り、COVID-19に対処するために強化されるべきだった支援プログラムが、何年もの緊縮財政を多くの国に強いていると警告しています。 署名者である私たちは、IMFに対し、世界中で緊縮財政を推進することを直ちにやめ、代わりに、ジェンダー正義を推進し、不平等を削減し、人と地球を断固として最優先する政策を提唱するよう呼びかけます。 人権を実現し、持続可能な開発目標に向けて前進する政府の能力を懸念する者として、私たちは、現在の危機が収束に向かったら緊縮財政に戻るよう各国に求めるIMFのアドバイスに最大限の警戒を表明します。このパンデミックは、健康、教育、...
先週、スコットランドのグレンイーグルスで開催されたG8サミットで世界の最富裕諸国の指導者たちが多くの重債務貧困国の債務帳消しに合意して以来、私たちは15年目を迎えました。  この勝利は、1980年代と1990年代にアフリカ、アジア、ラテンアメリカの国々を襲った壊滅的な債務危機に取り組むために結集した、世界的な運動による10年以上にわたるキャンペーンの集大成でした。 世界的な債務帳消し運動は、グローバル·サウスの活動家によって主導され、英国の数十万人を含む世界中の何百万もの人々によるキャンペーンによって支えられました。キャンペーンは合計で1,300億ドルの債務相殺を確保し、...
コンテンツ 2019年における私たちの活動とインパクト リサーチ、執筆、出版本 キャンペーン、活動、イベント 今後のプランとプロジェクト 2019年における私たちの活動とインパクト  世界資源を分かち合うための呼びかけは、2019年の国際的なイベントの中心であり続けました。飢餓の範囲は、主に紛争と気候変動に牽引され、3年連続で増加している一方で、世界の人道的ニーズは数十年で最高レベルに達しました。世界の強制移動の危機もまた、政治的怠慢と資金不足のために悪化し続けました。世界の最貧国による債務返済は2010年以降2倍になりましたが、国際援助目標の達成は後退しました。...
数十年にわたって反対されてきたにもかかわらず、IMFと世界銀行は貧しい政府とその国民に対して同じ信用のおけない政策を強制し続けているとJacobinにララ·マーリングは書いています。 国際通貨基金(IMF)と世界銀行は、グローバリゼーションの現在のモデルを形作る上で中心的な役割を果たし、国々の所得の上昇を阻止し、医療制度を弱体化させ、民間資本の気まぐれに劣後する開発成果をもたらしました。現在COVID-19によって引き起こされた危機により、このモデルの脆弱性が再び明らかになったため、これらの機関はこの危機から世界を導きだす準備ができている専門家を演じています。 このイメージ再構築戦略は新しいものではありません。...
「偉大なる平等主義者」であるどころか、COVID-19は社会経済的不平等を露呈させ、深めたとミーラ・カルンナナンサン氏はopenDemocracyに書いています。 「私たちを借金に導いた人たちは、まるでカジノにいるかのようにギャンブルをしていました...危機について話されていますが、彼らはギャンブルしたのです。そして負けたのです...私たちはそれを支払えないので、借金を返済できません。 支払わなくても、債権者は死ぬことがないのは確かです。一方、支払えば、死ぬのは私たちです。そのことについても私たちは同様に確信できるのです。」  –トーマス・サンカラ、1987 世界保健機関は、アフリカが、30万人以上の命を奪い、...
再びグローバル金融危機が起こる時、私たち自身が政治的リーダーシップの役割を担わねばなりません。それは、世界中で万人のための救済措置への統一した要求に集中した下方からの大規模な市民動員を必要とするでしょう。 2008年の大経済危機以来まる10年が経過し、最近多くの革新的思想家が、戦後最悪の国際金融危機の前兆となった投資銀行リーマン・ブラザーズ破綻のあの宿命的な日の結果について内省しました。誰から見ても明らかなことは、その教訓が習得されておらず、現在金融セクターは今までになく巨大で支配的であり、そしてさらに大きな経済危機がいつでも起こり得る軌道にあるということです。しかし真の問題は、今度それが起こったら、...
先週末、25万人以上の人々が95カ国において900以上の活動に参加しました。化石燃料を地中にとどめ、万人のための100%再生可能エネルギーへの迅速かつ公正な移行を果たす政治的行動を、このRise for Climate(気候変動のために立ち上がれ)の運動は要求しました。 今年末に向け気候危機のための一連の重要なサミットおよび交渉に近づくと同時に、参加者は政治家や政策立案者へ明確な要求を伝えました。一ヶ月後の1.5°CについてのIPCC特別報告書の正式発表と12月の国連の気候変動会議ポーランド(COP24)に向け、気候変動の最悪のシナリオを回避するための唯一の方法として、...
例え人類が「今日現在の濃度において温室ガスを止めたとしても、今後20年から100年の間大気は暖まり続けるだろう」と米国大洋大気庁(NOAA)の海洋学者が警告 - Common Dreamsのジェシカ・コーベットが書いています。 世界中で最高気温の記録が破られ、カリフォルニアから北極まで野火が荒れ狂うなか、「最高80万年の過去まで遡った現代の大気測定記録および氷床コアの記録において」地球の大気の二酸化炭素濃度が最高レベルに達したことを、世界の科学者500人が認めました。 最も重要な上昇は、二酸化炭素(CO2)の世界平均でした - 前年から2.2パーツ・パー・ミリオン多い405.0パーツ・パー・ミリオン(ppm)- ...
ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)の最新報告書によると、2017年、世界の国々は総額1兆7390億ドルを武器や軍隊に費やしました。実質的には2016年から1.1%という僅かな増加とはいえ、2017年の総計額は冷戦終結以来最高となりました。これは前例のない額です。この2017年度支出は世界総生産の2.2%、また一人あたり230ドルに相当しました。「GDPからの取り分としての軍事支出」であり、「軍事活動に捧げられる国家資源の割合と経済の重荷を課する」「軍事の重荷」は1992年の冷戦後最高値3.3%から2014年の最低値2.1%の間を上下してきました。2017年の5つの最大支出国はアメリカ、中国、サウジアラビア、...
コンテンツ 概要 リサーチ、出版およびウエブサイト・コンテント キャンペーンおよびアウトリーチ活動 2018年の計画およびプロジェクト 概要 2017年を通してSTWRは、特に組織として中核となるアドボカシーの立場上の関連から、グローバルな経済的分かち合いの正当性のための論議を強化し、促進し続けました。私たちの取り組みのすべては、世界中で極貧の防止を何よりも優先し、貧困者のために発言する結束した人々の声の必要性に関係しました。これは、世界人権宣言第25条実現への目標を中心とする私たちの発表文献、ウエブサイト・コンテンツおよび草の根活動に反映されました。今年、私たちの取り組みの殆どはまた、万人の基本的な社会的、...
世界の富の3分の2以上が、2030年までに最も裕福な1%によって所有されるだろうと、新たな研究が警告しています。 イギリスの下院図書館による新報告書のショッキングな調査結果は、2008年の経済危機後に始まった動向がもし断続するなら、12年後に1%が世界のお金の64%を支配するだろうことを主張しています。 1%と残りの人々の間の広がる溝は、有名なスローガン:「私たちは99%だ」を使ったウォール街を占拠せよ運動によって最初に浮き彫りにされました。 この研究は、最も裕福な1%の富が年間6%増加すると同時に残りの人々の年間3%増加をしのぎ、トップへの断続する金融の流れをもたらすと主張しています。 その研究を伴う世論調査は...
国際通貨基金(IMF)は、国際通貨システムの安定を確保するために1945年に設立されました。基金の使命は2012年に改められ、  世界の安定に影響を与える可能性があるすべてのマクロ経済および金融セクターの問題を含んでいます。 世界的な危機以来、特に2010年以降、IMFはますます多くの分野に取り組んできました。 2017年の提案は、社会保護に関するIMFのさらなる取り組みを推薦し、社会保障、福祉、労働制度に対するIMFの最近の改革を継続しています。緊縮財政や財政再建の改革は、国民に悪影響を及ぼすため、非常に不人気です。いくつかの欧州諸国では、各国の憲法裁判所がIMFが支援する緊縮財政の削減と反憲法を認めました(たとえば、ラトビア...
COP22が、錯覚的な政策立案と地球温暖化の純然たる現実の間の不一致を再度浮き彫りにしました。持続可能な未来への唯一の道としてグローバル協力と経済的分かち合いのヴィジョンを支持することは、いつものように市民社会団体に委ねられました。 2016年も終わりに近づき、真実が主観的な解釈や論争的な討論にあるところの思い違いによってますます特徴付けられる世界に私たちは住んでいるようです。実に、アメリカの大統領選挙とイギリスEU離脱国民投票に次いで、証明可能な事実より感情への訴えかけが重視されるポスト真実の政治の新時代についてよく話されています。しかし私たちがどれだけ無視しようとしても、これ以上無視出来ないいくつかの事実があります。...
私たちがどう軍事的脅威を優先しそれにどう対応するかについての深い再考が必要です。もし私たちが健全な地球、正義、平和及び民主主義を望むなら、現代の紛争の原因に対処し、協力と外交を促進し、尊厳ある健康的生活を探求するすべての人を支持する21世紀の安全保障のアジェンダが必要であると、デビッド・コーテンは語ります。最近の9・11の15周年メモリアルを迎えた世界貿易センタービルへのテロ攻撃は、国家が自らの近代史を含んだ歴史の教訓を無視する時に被る、酷い結末を思い出させるものでした。私たちは現在、防衛上およそ5980億ドルを費やしており、それは、その次に最も軍事費を消費している7カ国:中国、サウジアラビア、ロシア、イギリス、インド、...
世界銀行や国連によって広く報告されているように、本当に貧困は減少しているのでしょうか?この「良いニュース」についての語り口は真相から程遠いと、The Rulesチームは説明します。 「極貧で生活する人(1人1日1.90ドル)の数が過去20年間で半減した」などと言い張る世界貧困削減における成功を歓迎するマスコミ報道は、相も変わらぬ決まり切った彼らの所作である。しかしながら最近のニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたニコラス・クリストフによる「あなたの知らない最高に良いニュース」と題された記事などは、「21世紀初頭における最も重要な出来事は、人間の苦しみの見事な減少であると歴史家は結論付けるかもしれない」と提唱し、...