• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Environment

先週末、25万人以上の人々が95カ国において900以上の活動に参加しました。化石燃料を地中にとどめ、万人のための100%再生可能エネルギーへの迅速かつ公正な移行を果たす政治的行動を、このRise for Climate(気候変動のために立ち上がれ)の運動は要求しました。 今年末に向け気候危機のための一連の重要なサミットおよび交渉に近づくと同時に、参加者は政治家や政策立案者へ明確な要求を伝えました。一ヶ月後の1.5°CについてのIPCC特別報告書の正式発表と12月の国連の気候変動会議ポーランド(COP24)に向け、気候変動の最悪のシナリオを回避するための唯一の方法として、...
例え、人類が「今日、現在の濃度において温室ガスを止めたとしても、今後20年から100年の間大気は暖まり続けるだろう」と米国大洋大気庁(NOAA)の海洋学者は警告します - Common Dreamsのジェシカ・コーベットが記す。 世界中で最高気温の記録が破られ、カリフォルニアから北極まで野火が荒れ狂うなか、「最高80万年の過去まで遡った現代の大気測定記録および氷床コアの記録において」地球の大気の二酸化炭素濃度が最高レベルに達したことを、世界の科学者500人が認めました。 最も重要な上昇は、二酸化炭素(CO2)の世界平均でした - 前年から2.2パーツ・パー・ミリオン多い405.0パーツ・パー・ミリオン(ppm)- ...
以下は、今年9月25日から27日までの間、ポルトガルで開催された第17回ベーシックインカム・アースネットワーク(BIEN)会議に平行して、ビクトリア・ゲイターとソニア・シャーンドルによって提出された報告概要である。STWRはモハメッド・メスバヒによって2003年に創始された、国連経済社会理事会(ECOSOC)の協議資格を持つロンドン・ベースの市民社会グループです。私たちは、リサーチと活動を通して、現在政府が対処出来ていない広範に渡る相互連結した危機 − 飢餓、貧困、気候変動、環境劣化及び世界の天然資源を巡る紛争など − への実際的な解決策として、分かち合いの原理を世界情勢に融合させることの正当性を主張します。また、...
人類全体の共益を迎え入れるためには、平均的人間の認識を拡大する心理的意識改革の必要性を第一に考察しない限り、地球の共有資源管理のための新経済パラダイムを真剣に見通すことはできないでしょう。なぜなら、人類もまた、惑星的・霊的視点からコモンズの不可欠な部分であるからです - それは、豊かな世界の中で飢餓から死んでいく人々が、私たちのコモンズが悲惨にも冒涜されているという、最もあからさまな例のひとつであることを意味します - モハメッド・メスバヒ、STWR創始者。コンテンツ:イントロダクション:より広い知覚のレンズ認識の障害世界人権宣言第25条のために立ち上がる歓喜の霊的特質を解放する一覧図:世界変革の内部及び外部の側面「主義」...
COP22が、錯覚的な政策立案と地球温暖化の純然たる現実の間の不一致を再度浮き彫りにしました。持続可能な未来への唯一の道としてグローバル協力と経済的分かち合いのヴィジョンを支持することは、いつものように市民社会団体に委ねられました。 2016年も終わりに近づき、真実が主観的な解釈や論争的な討論にあるところの思い違いによってますます特徴付けられる世界に私たちは住んでいるようです。実に、アメリカの大統領選挙とイギリスEU離脱国民投票に次いで、証明可能な事実より感情への訴えかけが重視されるポスト真実の政治の新時代についてよく話されています。しかし私たちがどれだけ無視しようとしても、これ以上無視出来ないいくつかの事実があります。...
企業の活動を規制するための拘束力ある条約は、新たな国際政治、経済及び法秩序への急進的意味合いを伴い、議論を呼ぶ自由貿易及び投資協定に対して極めて重要なコントラストをなすことができます。 10月最後の週、市民社会は多国籍企業 (TNCs)とその他の事業企画に対して、人権に関する法的拘束力ある文書を勝ち取ることに再び一歩近づきました。スイス、ジュネーブの国連人権理事会において国家の代表者たちと並んで多数の大きな社会運動及びネットワークの代表者たちが、2年前に立ち上げられた無期限の政府間作業部会ための手続きを促進するために会合しました。拘束力ある条約の全形態への西側諸国からのかなりの反対にもかかわらず(特にアメリカ、イギリス、...
私たちがどう軍事的脅威を優先しそれにどう対応するかについての深い再考が必要です。もし私たちが健全な地球、正義、平和及び民主主義を望むなら、現代の紛争の原因に対処し、協力と外交を促進し、尊厳ある健康的生活を探求するすべての人を支持する21世紀の安全保障のアジェンダが必要であると、デビッド・コーテンは語ります。最近の9・11の15周年メモリアルを迎えた世界貿易センタービルへのテロ攻撃は、国家が自らの近代史を含んだ歴史の教訓を無視する時に被る、酷い結末を思い出させるものでした。私たちは現在、防衛上およそ5980億ドルを費やしており、それは、その次に最も軍事費を消費している7カ国:中国、サウジアラビア、ロシア、イギリス、インド、...
世界銀行や国連によって広く報告されているように、本当に貧困は減少しているのでしょうか?この「良いニュース」についての語り口は真相から程遠いと、The Rulesチームは説明します。「極貧で生活する人(1人1日1.90ドル)の数が過去20年間で半減した」などと言い張る世界貧困削減における成功を歓迎するマスコミ報道は、相も変わらぬ決まり切った彼らの所作である。しかしながら最近のニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたニコラス・クリストフによる「あなたの知らない最高に良いニュース」と題された記事などは、「21世紀初頭における最も重要な出来事は、人間の苦しみの見事な減少であると歴史家は結論付けるかもしれない」と提唱し、...
5年前、国家の領域外義務に関するマーストリヒト原則が経済的、社会的及び文化的権利分野に導入されました。自国の領域外の行為に対して国家に責任を問うために、これらの原則が市民社会組織によってますます使われています。以下のETO Consortiumの最新ニュースが明確にするように、現在人権義務は国境を越えよく認識されています。政府間組織やその支配国が他国の政府に公共サービスを削減せよと言うことは、人権義務侵害でしょうか。食糧の権利に基づく義務を、他国の気候変動の影響によって悪影響を受けている国家に完全にまかせておけるのでしょうか。海外ビジネスネットワークの手中にある政府が自国民守らないため、...
STWRの創始者モハメッド・メスバヒはこのインタビューで、激化する気候危機との関係から世界資源を分かち合うことの現代の政治的およびより深い霊的意味合いを考察します。パリ協定および国連の気候変動交渉と分かち合いの原理の関連性について政策関係の考察から始まり、現代社会がなぜいまだ環境的に持続可能な生活様式へ移行していないのかというより深い理由について「内部の」方向性の探求へと進みます。全体として、この広範囲に渡るインタビューは、より平等、公正および均衡な世界秩序に向かってのメスバヒの大規模な市民参加の先駆的ビジョンへの手引きを目的とします。 コンテンツ:パートI:「公平な分担」による公正な推移パートII:内部と外部のCO2 ...
分かち合いの原理、公平さ及び正義を弱体化するグローバルな気候変動交渉に真の熱望も正義もありません。しかしパリでの「責任回避」交渉後、拡大する人々の声の力がより平等で持続可能な世界の到来を告げることが出来るすべての希望がまだあるのです。世界のリーダー、外交官、ロビイスト及びNGOの全員が去ったCOP21終了後の現在、環境キャンペーナーはパリで同意された新たな気候変動交渉の実績に関する評価をいまだ見積もっています。色々な点で、「人類にとっての大飛躍」や「世界最大の外交的成功」など大々的に賞賛する新聞の見出しが正当化されました。産業革命前に比べて1.5度高い気温レベルを維持する意欲的な目標は確かに期待以上に野心的であり、今世紀後半には「...
資源の所有よりむしろそのアクセスと分かち合いに重点を置くことによって、分かち合いの経済は今までにないほど一般に普及しています。そしてここ何週間かで数多くの記事やイベントによって浮き彫りにされて来たように、さらに政治的、環境的な問題および世界正義の問題を包括するために、現在そのコンセプトが徐々に拡大されている兆候があります。さらに政治的、環境的な問題および世界正義の問題を包括するために、分かち合いの経済のコンセプトが徐々に拡大されている兆候が多数見られます。ニール・ゴレンフロによるブログポストに要約されたように、先週、この拡大する動向を反映したオンラインShareable magazineへの投稿がいくつかありました:「...
分かち合いの倫理と実践が、より公平で持続可能な民主的社会を本当にもたらすことができるのでしょうか − もしそれが可能なら、それはどのように起こるのでしょうか?イースト・サセックスのブライトンで開催された Reclaiming the Alternative(選択肢を取り戻す)というイベントにSTWRは参加しました。この無料イベントは、「業務平常通り」経済の草の根的代替についての様々なプレゼンテーションを持って、ギフトと分かち合いの倫理に基付いたものでした。分かち合いの経済の変革的可能性の展望について講演するために私たちは招かれ、そこでSTWRの基本的論議を紹介しました:真の正義、...
持続可能な開発目標 (SDGs)- その前向きで進歩的なレトリックにもかかわらず、それは、私たち共有の地球の限界内で万人の基本的ニーズを充足するための革新的アジェンダの要素を決して持ちません。このレポートは、一般の人々が何百万人という数で結束し、経済的正義のために巨大で継続的かつ世界的なデモンストレーションを通して基本的人権の普遍的実現を要求しない限り、私たちは「あらゆる形態」の貧困の終焉を見ることがないであろうことを主張しています。コンテンツはじめにパート1:富、権力、資源をより公平に分かち合う ー あるいは業務平常通り?ボックス1:...
長年の政治的怠慢の末、一般大衆の良識だけが、すべての国での断続する壮大な抗議デモを通して豊かな世界のなかの貧困を根絶することができるのです。従って、すべての人に十分な食糧、住居、医療、社会保障をもたらすために、長期に渡って合意されて来た、世界人選宣言第25条の人権を共に布告することにより抵抗最小限の道を選びましょう。それが、資源を再分配し、グローバル経済を再構築するよう政府を駆り立てるための最も確かな道であると、モハメッド・メスバヒは記します。 パート1:政府の失敗 パート2:理論的根拠についての手短な記述 パート3:環境問題 パート4:ハートを従事させる パート5:新たな地球のための教育 この5つの考察の概要は、...