• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Environment

500以上の世界有数の慈善団体、社会団体、学者が国際通貨基金に手紙を送り、COVID-19に対処するために強化されるべきだった支援プログラムが、何年もの緊縮財政を多くの国に強いていると警告しています。 署名者である私たちは、IMFに対し、世界中で緊縮財政を推進することを直ちにやめ、代わりに、ジェンダー正義を推進し、不平等を削減し、人と地球を断固として最優先する政策を提唱するよう呼びかけます。 人権を実現し、持続可能な開発目標に向けて前進する政府の能力を懸念する者として、私たちは、現在の危機が収束に向かったら緊縮財政に戻るよう各国に求めるIMFのアドバイスに最大限の警戒を表明します。このパンデミックは、健康、教育、...
私たちが世界の資源を分かち合い尊重するとき、各国が恩恵を受けると Catholic Outlookにアンドリュー・ハミルトン神父は説明しています。 教皇フランシスコはコロナウイルスが広がる前に、2020年の毎月の意向を発表しました。しかし、彼の就任当初からの環境への懸念を総括した9月の意向は、彼の回勅「ラウダート・シ」に非常に力強く表されており、現在コロナウイルスと共存している私たちにとってこれ以上適切であり得ません。ウイルスがどれほど速く広がり、その結果がどれほど壊滅的であるかを目撃してから、私たちは今、人間の生活がいかに危険な状況にあるかを知っています。感染の小さな波でさえ、...
国際シンクタンクが水曜日に発表した分析は、世界人口は2050年までに100億人を超え、生態学的災害と武力紛争により、人類の約10%、つまり約12億人が移住を余儀なくされる可能性があると警告しています。Common Dreamsのジェシカ・コーベットによる報告です。 第1回生態系への脅威登録(ETR)が、世界平和度指数と世界テロリズム指数の作成で知られる豪シドニーに本拠を置く経済平和研究所(IEP)によって発表されました。 新しい報告書(pdf)は、人口増加、水ストレス、食料不安、干ばつ、洪水、サイクロン、気温上昇、および海面上昇のリスクと、...
人類が地球のバイオキャパシティを超えるアース·オーバーシュート·デーは今年、2019年より3週間遅れた8月22日に起こります。この変化はパンデミックによるものですが、これがこの思いがけない不幸な出来事からではなく、私たちの意図を持って起こりえないのでしょうか? 1970年にさかのぼると、地球のバイオキャパシティーは、資源に対する人の年間需要を満たすのに十二分でした。しかし、その後半世紀で、私たちには着実に地球一つでは足りなくなってしましました。人類は現在、地球が1年間に生み出すことができるよりも約60%多く消費しています。つまり、私たちを維持するには1.6コの惑星が必要なのです。 2019年には、...
コンテンツ 2019年における私たちの活動とインパクト リサーチ、執筆、出版本 キャンペーン、活動、イベント 今後のプランとプロジェクト 2019年における私たちの活動とインパクト  世界資源を分かち合うための呼びかけは、2019年の国際的なイベントの中心であり続けました。飢餓の範囲は、主に紛争と気候変動に牽引され、3年連続で増加している一方で、世界の人道的ニーズは数十年で最高レベルに達しました。世界の強制移動の危機もまた、政治的怠慢と資金不足のために悪化し続けました。世界の最貧国による債務返済は2010年以降2倍になりましたが、国際援助目標の達成は後退しました。...
軍需および防衛部門のより多くが恒久的に健康およびその他の製品の製造に移行したらどうなるでしょうか? 確実に今こそ、平和と安全の真の意味に焦点を合わせる時だと、マーティン·ブッチャーはオックスファム·インターナショナルに書いています。 コロナウイルスの壊滅的な広がりが私たちのコミュニティを変えるにつれて、世界中の生活様式は根本的に変わってきています。 政府の優先事項は一夜で変わり、数週間前には不可能と思われていたことが今や緊急に実行されています。ホームレスの人々はすぐに収容されました。気候危機を目の当たりにしてもフライトを削減することができなかった旅客機は突然駐機されています。世界中の企業が、マスク、人工呼吸器、...
世界は少なくとも過去50年間で最悪の食糧危機の瀬戸際に立っていると国連は警告し、大惨事を回避するために迅速に行動することを政府に求めました。 アントニオ·グテーレス国連事務総長は、コロナウイルス·パンデミックによる迫りくる景気後退により、基本的な栄養に貧困者の手が届かなくなる可能性があるため、彼らの社会的保護を改善することが急務であると述べました。 「すぐに行動を起こさない限り、数億人の子供と大人に長期的な衝撃を与える可能性のある世界的な食糧危機が差し迫っていることはますます明らかになっている」と彼は言いました。「私たちは、パンデミックを制御するための取り組みの最悪の影響を回避するために、今行動する必要がある」...
どうすれば地球の限界の超過を防ぐと同時に公平な分かち合いを達成できるのでしょうか? ダッチ·フットプリント·グループは、すべての人のための平等な権利に基づく提案を提示します。ヤン·ジャフェーマンズ氏がResilience.orgに書いています。 2016年、私はオランダのヘーレンフェーン市でドメラ·ニーウェンハイス記念講演を行うよう招かれました。 フェルナンド·ドメラ·ニーウェンハイス(1846-1919)は有名なオランダの社会主義者であり、雑誌Recht voor Allen(すべての人のための権利)の発行者でした。 このイベントは、私が彼の理想に触発されて、フェア·アース·シェア(今日そう呼ばれているように)...
医療と社会的ニーズの充足を優先するために軍事費を大幅に削減するよう求める国際平和ビューロー(IPB)の請願書に署名しよう。 この声明に基づいた国連総会への請願書に署名しよう。 下に署名した私たちは、国連総会に集う世界の指導者たちに対し、軍事支出 を大幅に削減して、医療とあらゆる社会保障と環境保護のニーズに資金を回すよう呼びかけます。 *署名は 2020 年 9 月 15 日に開会する国連総会の初日に提出されます。 医療の圧迫 世界最古の平和団体でノーベル平和賞を受賞した国際平和ビューローととも に、私たちは医療への支出を劇的に引き下げた無責任な政策決定の結果を目の 当たりにしています。...
今回STWRは、モハメッド・ソフィアン・メスバヒとの人気の対談記事「気候危機への取り組みにおける政治と霊性の交差点」(英語版)を書籍出版しました。 より幅広い読者層に読んでいただけるよう出版本となった − メスバヒとの長編インタビュー は、この時代における最も重要な問いに新鮮な答えを提供します。クリーンエネルギーへと迅速に移行し、もっと公平でシンプルな生活を始めることから、私たちを妨げているものはなんでしょうか。 国連気候変動交渉の政策関係についての考察から始まり、私たちの間の正しい人間関係の欠如が原因となった、地球規模の非常事態のより深い霊的理由を本書では探究していきます。 本の購入 このインタビューは、...
先週末、25万人以上の人々が95カ国において900以上の活動に参加しました。化石燃料を地中にとどめ、万人のための100%再生可能エネルギーへの迅速かつ公正な移行を果たす政治的行動を、このRise for Climate(気候変動のために立ち上がれ)の運動は要求しました。 今年末に向け気候危機のための一連の重要なサミットおよび交渉に近づくと同時に、参加者は政治家や政策立案者へ明確な要求を伝えました。一ヶ月後の1.5°CについてのIPCC特別報告書の正式発表と12月の国連の気候変動会議ポーランド(COP24)に向け、気候変動の最悪のシナリオを回避するための唯一の方法として、...
例え人類が「今日現在の濃度において温室ガスを止めたとしても、今後20年から100年の間大気は暖まり続けるだろう」と米国大洋大気庁(NOAA)の海洋学者が警告 - Common Dreamsのジェシカ・コーベットが書いています。 世界中で最高気温の記録が破られ、カリフォルニアから北極まで野火が荒れ狂うなか、「最高80万年の過去まで遡った現代の大気測定記録および氷床コアの記録において」地球の大気の二酸化炭素濃度が最高レベルに達したことを、世界の科学者500人が認めました。 最も重要な上昇は、二酸化炭素(CO2)の世界平均でした - 前年から2.2パーツ・パー・ミリオン多い405.0パーツ・パー・ミリオン(ppm)- ...
人類全体の共益を受け入れるために、平均的人間の意識が拡大されるところの心理的変革の必要性を第一に考察しない限り、地球の共有資源管理のための新経済パラダイムを真剣に見通すことはできないでしょう。なぜなら人類もまた、惑星的および霊的視点からコモンズの不可欠な一部だからです – それは、豊かな世界のなかで餓死していく人々が、私たちのコモンズが悲惨にも見捨てられているというひとつの甚だしい例であることを意味しています - モハメッド・ソフィアン・メスバヒ コンテンツ: 編集者の序文 イントロダクション:より広い知覚のレンズ l. 認識の障害 ll. 世界人権宣言第25条のために立ち上がる lll. 歓喜の霊的特質を解放する...
COP22が、錯覚的な政策立案と地球温暖化の純然たる現実の間の不一致を再度浮き彫りにしました。持続可能な未来への唯一の道としてグローバル協力と経済的分かち合いのヴィジョンを支持することは、いつものように市民社会団体に委ねられました。 2016年も終わりに近づき、真実が主観的な解釈や論争的な討論にあるところの思い違いによってますます特徴付けられる世界に私たちは住んでいるようです。実に、アメリカの大統領選挙とイギリスEU離脱国民投票に次いで、証明可能な事実より感情への訴えかけが重視されるポスト真実の政治の新時代についてよく話されています。しかし私たちがどれだけ無視しようとしても、これ以上無視出来ないいくつかの事実があります。...
私たちがどう軍事的脅威を優先しそれにどう対応するかについての深い再考が必要です。もし私たちが健全な地球、正義、平和及び民主主義を望むなら、現代の紛争の原因に対処し、協力と外交を促進し、尊厳ある健康的生活を探求するすべての人を支持する21世紀の安全保障のアジェンダが必要であると、デビッド・コーテンは語ります。最近の9・11の15周年メモリアルを迎えた世界貿易センタービルへのテロ攻撃は、国家が自らの近代史を含んだ歴史の教訓を無視する時に被る、酷い結末を思い出させるものでした。私たちは現在、防衛上およそ5980億ドルを費やしており、それは、その次に最も軍事費を消費している7カ国:中国、サウジアラビア、ロシア、イギリス、インド、...