• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Agriculture

21世紀の画期的なチャレンジに取り組むために、私たちはキリストの簡素なメッセージをかつてないほど心に留め、そして最終的には、世界の富と資源を万人の間でより公平に分かち合わねばならないでしょう。アダム・パーソンズ2015年1月8日キリスト教で分かち合うことの必要はイエスの教えの中心であり、新約聖書を通して主要なテーマです。ルカによると最初期のキリスト教徒は、彼らの所有物を分かち合うことによりイエスの教えの実践を試み、それによって貧困者が養われたのです。病人、貧困者、未亡人、そして社会の最も恵まれない人たちの世話をすることのイエスの教えを明確にする聖書からの多くの引用と寓話があります。ヘブライ人への最後の説教に書かれているように、...
アメリカ人活動家への手紙 世界資源の正しい分かち合いに基づき、より包括的、霊的な展望を通し、アメリカがその価値観を即急に変貌させねばならない時が来ました。アメリカの若者たちよ、平和的抗議の全国的波が遂には地球規模で広がるまで、全州で止むことのないデモンストレーションをオーガナイズすることにより道を開くことは、君たちにかかっているのです。 アメリカ合衆国のような偉大な国が、今日のような大動乱の奥底へ陥ってしまった原因は何でしょうか。自由、正義、そして民主主義の理想のもと創立されたにも関わらず、実際には、自由の女神像が項垂れ打ち砕かれた足枷を再び集め合わせトーチを投げだしてしまうべき程ますます道を踏み外し、...
STWRの創始者・モハメッド・ソフィアン・メスバヒは、現在進行中のこのエッセイ・シリーズにおいて、社会的、経済的、政治的な展望はもとより、霊的、心理的な展望からも分かち合いの意味と重要性を探求します。 全人類のためのベーシックインカムに向けて 国連の後援のもと組織立てられた、真に普遍的そして無条件のベーシックインカムが最終的に各国で実行可能でありながらも、これはまず最初に、世界資源のより公平な分かち合いに基づき飢餓と不必要な貧困を根絶するという目標への比類のない一般人の支持にかかっているのです。それが、ベーシックインカム政策がすべての人の根本的な人権を支持する唯一の道だと、モハメッド・ソフィアン・メスバヒは記します。そして、...
分かち合いが地球の危機への解決策であり、分裂した世界を蘇生させる私たちの最後の希望だという認識を、どうしたらもたらすことができるのでしょうか。この問いかけの中心にあるのは、自己満足的な無頓着さがその存在を当然のこととして正当化するために、「主義」を通してそれ自体を合理化した問題です。 人類の問題は非常な高みに達したため、国内および国家間で分かち合いの原理を実現することは各政府にとって現在極めて重要です。それは、いくつかの点において非常に重要です。まず第一に、各人に内在する歓びと創造性を解放することですが、現在世界中で流行病ともいえる規模に達した鬱病率を伴う経済苦難と社会の破綻により、それらは広範囲に渡って抑圧されています。...
過去2、3年間に渡って分かち合いの経済は、北アメリカ、西ヨーロッパ、そして世界の他の地域を通して迅速な発展を遂げました。緊急なグローバル問題の解決法として、現在多くの個人や団体が古来からの分かち合いの実践を開拓している一方で、多くの批評家が、急成長する様々な形態の分かち合いの運動の目標、意味、そして未来の方向性について問い始めています。 分かち合いの経済の現在の発展について、用心かつ楽観すべき両方の理由があります。断続する経済危機、そして崩壊する、負債に煽られた過度な消費モデルの結果特に、分かち合いの倫理は今後もますます必要不可欠となり一般化するだろうことを斬新的な政治的発展が暗示する一方で、...
あなたと私は、私たちが世界の問題の原因だと非難するシステム自体を構成しています。私たちがクリスマスにイエスの名のもと弱った地球からショッピング街で消費という略奪を行う時、それはあからさまに実証されます。今年、キリストの誕生を祝うため自由と正義の旗のもとで結束し、世界中の飢餓と貧困をなくすために平和的デモンストレーションをするより他に良い方法があるでしょうか ー モハメッド・ソフィアン・メスバヒは記す。 政治家に失望し、社会の問題に苦悩し、そこにはなにか腐り切ったシステムがある印象を受けます。ためらうことなしに、私たちはシステムを批判し責めます。しかしながら実際には「システム」などというものは存在せず、過ぎ行く日々において、...
地獄で人が餓死することはありませんが、 地球ではあります。 どうか彼らを死なせないで。 彼らの愛すべき魂に何ができるかを  私たちに見させてください。   * * * 危機が頂点に達しつつあり混乱が蔓延するこの時代において、分かち合いの原理は、人類の多様な問題の解決策としてますます議論されています。今、多くの人々と組織が消費削減、資源保全、無駄防止、貧困対策などの観点から、社会が前進するひとつの道として分かち合いの重要性について話しています。しかし、最近の注目すべき進展の1つは、食べ物に関連して分かち合うことの重要性についての議論です。これは、チャリティを通じての食料の分かち合い、...
前衛的ウエブサイトCo.Existに最近発表された意見記事は、繰り返されるべき重要な疑問を突きつけます:分かち合いの経済は世界飢餓を根絶できるのでしょうか? これは重要な疑問です。それは、飢餓問題が深刻だというだけでなく、− 記事が認識するように − グローバルな課題が、おおよそ常に地方に限定された、現在分かち合いの背後にあるアイデアの領域であることは稀です。分かち合いの経済を促進している僅かな数の思想家や実践家しか、国際的不平等、地政学的不安定、グローバル・ガバナンス、またはこの場合、世界飢餓などこの時代の最も差し迫ったチャレンジに、この多方面にわたったコンセプトを適応することを考慮していません。 これは、...
キーポイント: 先進国は農業セクターを支援するために毎年3740億ドルを支出しています。そしてその大部分は豊かな大規模農業者およびアグリビジネスが対象です。 先進国におけるアグリビジネス支援は、毎年消え続ける家族経営の小規模農家にとって経済的に破壊的影響を持ち得ます。 発展途上国の何百万人という小規模農家は、富裕国からの補助金を受けた安価な輸入農産物品と競争できず、農業の営みを諦めるかあるいは貧困の深みに嵌っていくかのどちらかです。 OECDの補助金が持続する生産および消費の産業モデルは環境破壊と過度の公害の原因であり世界炭素排出の割合の大部分を占めています。...