• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Agriculture

アフリカ緑の革命のための同盟は、過去の失敗した政策を繰り返しており、飢餓との闘いをさらに押しのけるリスクがあると、IATPにティモシー·ワイズ氏は説明しています。 フランシス·ムア·ラッペ氏が「小さな惑星の緑の食卓」という彼女の重要な著書で、飢えは食料の不足によって引き起こされるのではなく、権力の不足によって引き起こされるという認識をもたらせてから50年近く経ちます。飢饉が食糧不足によって引き起こされることはめったにないことを示したエコノミストのアマルティア·セン氏は、20年以上前にノーベル賞を受賞しました。しかし、この2020年には、飢餓と栄養失調の2つの危険性が世界でよく認識されており、アフリカ緑の革命のための同盟(...
コンテンツ 2019年における私たちの活動とインパクト リサーチ、執筆、出版本 キャンペーン、活動、イベント 今後のプランとプロジェクト 2019年における私たちの活動とインパクト  世界資源を分かち合うための呼びかけは、2019年の国際的なイベントの中心であり続けました。飢餓の範囲は、主に紛争と気候変動に牽引され、3年連続で増加している一方で、世界の人道的ニーズは数十年で最高レベルに達しました。世界の強制移動の危機もまた、政治的怠慢と資金不足のために悪化し続けました。世界の最貧国による債務返済は2010年以降2倍になりましたが、国際援助目標の達成は後退しました。...
万人のための十分な生活水準への確立された人権を充足することの政治的意味合いはなんでしょうか。要するにそれは、前例のない世界規模の富と資源の再分配が必要だということであり、従ってその達成のためには、世界人権宣言第25条の国連の躍進的なビジョンが運動家によって復活されねばならないということなのです。 今年70周年を迎える世界人権宣言は、最も翻訳され世に知られた文書のひとつです。しかし、食糧、住居、医療、社会福利および基本的な経済保証を含んだ − 十分な生活基準への万人の権利を宣言するその25番目の条項の重要性について比較的僅かな人が認識するのみです。[1] 私たちのキャンペーン・グループ、シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(...
グローバル・サウスの人々およびノースの経済的に社会排除された人々は、50年前マーティン・ルーサー・キング・ジュニアが提案したように、経済的平等のビジョンのために組織化し、それについての関心を喚起し、それを促進する必要性への認識をますます強めています。#MLKGlobalは、今日再検討されている彼らの本来の経済権利憲章を認識、採用することを国際的に提唱します。もし私たちがキング牧師のビジョンをいつか真に実現するつもりなら、「経済力および政治的権力の徹底的な再分配」は道徳的義務なのだと MLK Global campaignは発言します。平和と正義の探求は、1964年12月11日、ノーベル賞受賞スピーチの一部としてマーティン・ルーサー...
今回STWRはイギリス・ボーンマスで開催された春の緑の党コンファレンスへの参加を通してオーガナイゼーションとしてのキャンペーン・ビジョンを参加者に紹介するイベントを主催しました。 今回のプレゼンテーションおよびディスカッションでは真のユニバーサル・ベーシックインカムへの道を整える目的のなか − 万人の十分な食糧、住居、医療および社会保障のために − 基本的な国際法としての世界人権宣言第25条の実現により全体に浸透した不正と深い人間の苦しみに取り組むことの正当性を提示しました。 断続する莫大な平和的抗議デモを通して第25条を要求する一般人の集結した善意のみが豊かな世界の貧困の根絶をもたらすことができるのだと論議する、...
非商業的な分かち合い主導型の世界を特徴付けるべき新意識を表現するためのユニークな機会を、このクリスマス休暇期間は提供します。派手な消費に時間を費やす代わりに、貧困者を助け環境を癒すための大規模な会合を計画することによってクリスマスを祝いませんか? 一年のこの時期、豊かな西洋諸国での過剰消費生活様式は無視出来るものではありません。無意味なイメージを装うために不必要な品物に、無いお金を費やし続けるようにバックグラウンドでクリスマスソングがショッピングモールでかかると同時に、明るく灯された店はお祝いの食べ物と高価な贅沢品で溢れています。 一般的な西洋諸国の生活様式が地球を破壊しているという気候科学者の警告のすべてにもかかわらず...
私たちがどう軍事的脅威を優先しそれにどう対応するかについての深い再考が必要です。もし私たちが健全な地球、正義、平和及び民主主義を望むなら、現代の紛争の原因に対処し、協力と外交を促進し、尊厳ある健康的生活を探求するすべての人を支持する21世紀の安全保障のアジェンダが必要であると、デビッド・コーテンは語ります。最近の9・11の15周年メモリアルを迎えた世界貿易センタービルへのテロ攻撃は、国家が自らの近代史を含んだ歴史の教訓を無視する時に被る、酷い結末を思い出させるものでした。私たちは現在、防衛上およそ5980億ドルを費やしており、それは、その次に最も軍事費を消費している7カ国:中国、サウジアラビア、ロシア、イギリス、インド、...
世界銀行や国連によって広く報告されているように、本当に貧困は減少しているのでしょうか?この「良いニュース」についての語り口は真相から程遠いと、The Rulesチームは説明します。 「極貧で生活する人(1人1日1.90ドル)の数が過去20年間で半減した」などと言い張る世界貧困削減における成功を歓迎するマスコミ報道は、相も変わらぬ決まり切った彼らの所作である。しかしながら最近のニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたニコラス・クリストフによる「あなたの知らない最高に良いニュース」と題された記事などは、「21世紀初頭における最も重要な出来事は、人間の苦しみの見事な減少であると歴史家は結論付けるかもしれない」と提唱し、...
5年前、国家の領域外義務に関するマーストリヒト原則が経済的、社会的及び文化的権利分野に導入されました。自国の領域外の行為に対して国家に責任を問うために、これらの原則が市民社会組織によってますます使われています。以下のETO Consortiumの最新ニュースが明確にするように、現在人権義務は国境を越えよく認識されています。政府間組織やその支配国が他国の政府に公共サービスを削減せよと言うことは、人権義務侵害でしょうか。食糧の権利に基づく義務を、他国の気候変動の影響によって悪影響を受けている国家に完全にまかせておけるのでしょうか。海外ビジネスネットワークの手中にある政府が自国民守らないため、...
分かち合いの倫理と実践が、より公平で持続可能な民主的社会を本当にもたらすことができるのでしょうか − もしそれが可能なら、それはどのように起こるのでしょうか? イースト・サセックスのブライトンで開催された Reclaiming the Alternative(選択肢を取り戻す)というイベントにSTWRは参加しました。この無料イベントは、「業務平常通り」経済の草の根的代替についての様々なプレゼンテーションを持って、ギフトと分かち合いの倫理に基付いたものでした。分かち合いの経済の変革的可能性の展望について講演するために私たちは招かれ、そこでSTWRの基本的論議を紹介しました:真の正義、...
持続可能な開発目標 (SDGs)- その前向きで進歩的なレトリックにもかかわらず、それは、私たち共有の地球の限界内で万人の基本的ニーズを充足するための革新的アジェンダの要素を決して持ちません。このレポートは、一般の人々が何百万人という数で結束し、経済的正義のために巨大で継続的かつ世界的なデモンストレーションを通して基本的人権の普遍的実現を要求しない限り、私たちは「あらゆる形態」の貧困の終焉を見ることがないであろうことを主張しています。コンテンツはじめにパート1:富、権力、資源をより公平に分かち合う ー あるいは業務平常通り?ボックス1:...
モハメッド・ソフィアン・メスバヒ「奮い立て、アメリカよ、奮い立て!」、シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ、2014年10月。長年の政治的怠慢の後、一般大衆の良識だけが、すべての国での絶えることのない壮大な抗議デモを通して、豊かな世界のなかでの貧困を根絶することができるのです。従って、この抵抗最小限の道を選ぶことにより、十分な食糧、住居、医療、そして社会保障を万人にもたらすために、長期に渡って合意されて来た世界人権宣言第25条の人権を共に布告しましょう。それが、資源を再分配し、グローバル経済を再構築するよう政府を駆り立てるための最も確かな道であると、モハメッド・ソフィアン・メスバヒは記します。 パート1:政府の失敗 パート2:...
21世紀における人類にとっての主要な霊的レッスンは、富、技術、技能、そして知識のより公平な分かち合いが公正で平和な世界秩序の根本的基盤であるというこの明らかな真実を、国際関係の構造の中で実現することがこれまでどのように困難であったにしても、これ以上シンプルで緊急なものはあり得ないということです。アダム・パーソンズ2015年5月12日ほとんどの霊的、宗教的伝統における共通の主題は人類はひとつのいのち(ワン・ライフ)または意識の本質的部分であり、人間の生気(スピリット)または魂はその性質において本質的に神聖であるという事実です。この永永無窮の知恵は全てのいのちの相互関連性 ー ...
不平等が拡大し、国々が世界的な炭素排出を削減できずにいる現在、気候変動および経済的、社会的排除の根本原因である政府の政策を改革するために分かち合いの経済運動が動員しない限り、それにどのような将来があるのでしょうか?殆どの分かち合いの経済の活動が主に白人の中流階級を惹きつけることを証拠は暗示していますが、それは「排除されたコミュニティ」が、分かち合いの経済のサービスからもっと直接的に利益を得ることを、どのように保証するかについての重要な疑問を提起します。そしてこれらの懸念が分かち合いムーブメントの将来そのものの基盤を形成することが可能です:もし共同消費および分かち合いのためのプラットフォームが、...
分かち合いへの呼びかけが既に活動的市民と革新的な組織の(多くの場合認識されていないながらも)根本的要求であることを考慮すると、私たち皆を結束させるこの共通理念を受け入れない理由はありません。 これはレポート「私たちの共通目標としての分かち合い」のエグゼクティブ・サマリー(概要)の日本語版です。完全レポートは以下をクリックしてください:私たちの共通目標としての分かち合い エグゼクティブ・サマリー (概要)  全世界の政府がより公正で持続可能な未来への希望をもたらせないかたわら、何百万人ものキャンペーナーおよび活動家は世界危機の激化をなにもせずただ傍観していることを拒否します。いくつかの不吉な前兆があります:気候の混乱、...