• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

STWRからの最新ポスト

エディトリアル、アーティクル、ブック、イベントなどSTWRの英語サイトから日本語に翻訳された最新ポストを読もう。追加的なゲスト・コンテンツは上記のメインメニューの「最新ポスト」をクリックすることによって閲覧できます。ニュースレター登録はここをクリックしてください。

Article / 2014年7月18日

分かち合いが地球の危機への解決策であり、分裂した世界を蘇生させるための私たちの最後の希望であるという認識を、どうしたらもたらすことができるのでしょうか。この問いかけの中心にあるのは、自己満足的な無頓着さがその存在を当然のこととして正当化するために、「主義」を通してそれ自体を合理化した問題です。

Report / 2014年6月17日

ますます不平等で持続不可能となる世界で、各政府は緊急に過去の規制的政治経済のイデオロギーを越え、万人の共通ニーズを満たすための解決策を受け入れねばなりません。この入門書は、私たちが直面する相互連結した世界危機の規模の概要を述べ、国際協力と経済的分かち合いに基づいて世界資源を管理するための代替的取り組みへの道を指し示します。

Article / 2014年5月7日

世界中の善意の人々をひとつに結ぶことは、地球規模の社会変革のために私たちに残された最後の希望です。分かち合い、慈悲および正義に基づき人類の大部分が結束することは、最大の緊急事態として達成されねばなりません。

Article / 2014年4月3日

人間に対しての、蔓延る商業化の危険で社会的に分裂的、そして破壊的な影響を同時に理解することなしに、私たちは分かち合いの重要さを話し合うことはできません。市場勢力に盲目的に先導される社会に私たちが住む限り、分かち合いの原理は常に覆い隠されてしまうでしょう。

Article / 2013年12月24日

あなたと私は、私たちが世界の問題の原因だと非難するシステム自体を構成しています。私たちがクリスマスにイエスの名のもと弱った地球からショッピング街で消費という略奪を行う時、それはあからさまに実証されます。今年、キリストの誕生を祝うため自由と正義の旗のもとで結束し、世界中の飢餓と貧困をなくすために平和的デモンストレーションをするより他に良い方法があるでしょうか。

Article / 2013年8月9日

もし私たちが、食糧豊かなこの世界の飢えという永続する犯罪を止めさせることに関心があるなら、私たちの活動は自国やコミュニティの域を超えたところにあるべきではないでしょうか。むしろ食糧の分ち合いを地球規模で、そしてなによりも飢餓の根絶を政治との関係のなかで考えるべきでしょう。

Report / 2012年10月1日

報告書「グローバルな分かち合いの経済を融資する」からのこのセクションは、 特別引出権の役割および金売却を通してIMF資産を再分配することの正当性を論じます。これらの控え目な提案はIMFの減退する合法性を修復し、グローバル経済構築のさらに実質的な改革への道を整えることを促進できるでしょう。

Report / 2012年10月1日

報告書「グローバルな分かち合い経済に融資する」のパート3は、国内および世界双方で分かち合いの経済を強化し拡大するために政府が使用すべき資金、2兆8千億ドル以上を、僅か数年で国際社会が動員できることを可能にする10の政策を含んでいます。

Report / 2012年10月1日

このセクションでは化石燃料およびバイオ燃料補助金の廃止にフォーカスを絞ります。以下は低炭素経済への推移の重要性を浮き彫りにし、より価値のある社会的および環境的目標のために年間5000億ドル以上をどのように政府が募ることができるかを明示します。このセクションの終わりにある「さらに知り参加しよう」のさらなるリソースを参照ください。

Report / 2012年10月1日

報告書「グローバルな分かち合いの経済に融資する」のこのセクションは、市民社会が炭素税への提唱を強化すべきことの正当性を論議します。炭素排出への取り組みにおける効果的な活動のための時間が迅速になくなるなか、炭素税は気候変動削減および緩和と適応プログラムのための重要な政策手段として残ります。

Report / 2012年10月1日

報告書「グローバルな分かち合いの経済に融資する」のこのセクションは、不公平な貿易規則を通して発展途上国の経済を自由化することから富裕国と世界機関を止めるためには、パラダイムの劇的な変革が必要であることを論議します。

Report / 2012年10月1日

シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズによるこの報告書は、グローバルな分かち合いの経済の促進、生命を脅かす剥奪の防止、緊縮政策の撤廃、そして気候変動の人間への影響の暖和のために、政府がどのように毎年2兆8000億ドルを動員できるかを明示します。

Report / 2012年10月1日

「グローバルな分かち合いの経済に融資する」のこのセクションは、 債務救済が世界の財源のさらに公平な分かち合いを保証するための必要条件であり、そして不当な債務の完全な無条件帳消しが国際社会の緊急の優先事項に含まれるべきことを論議します。

Report / 2012年10月1日

即時の優先事項として、グローバルな分かち合いの経済に融資するために政府がどのように2兆8000億ドル以上を動員できるか概説します。しかしそれは分かち合いと正義への高まる公衆の大規模な圧力によってのみ、実現され得るのだとSTWRは主張します。

Report / 2012年10月1日

報告書「グローバルな分かち合いの経済に融資する」のパート1は、世界中で不平等を広げ貧困や極貧状態のなかに家族を取り残す政策によって、「経済的分かち合い」を促進するシステムがどのようにますます蝕まれつつあるかを明示します。それは、国際コミュニティによって最優先事項として扱われるべき沈黙の人道的非常事態をもたらしているのです。

Report / 2012年10月1日

報告書「グローバルな分かち合いの経済を融資する」のこのセクションは、租税回避および脱税による極度の歳入損失を防止することは恐らく、追加的な財源を確保し分かち合いの経済を強化するために政府が取れる最も重要な第一ステップであることを論議します。

Article / 2011年12月13日

経済危機の悪化と同時に政府の最前の義務は、誰一人として餓死することがないよう政治経済システムを再設計することです。しかし、公衆に支持された比類のない蜂起なしで決してそれは起こらないでしょう。