レポート

Report: STWRアニュアルレポート2018

2017年を通してSTWRは、特に組織として中核となるアドボカシーの立場上の関連から、グローバルな経済的分かち合いの正当性のための論議を強化し、促進し続けました。私たちの取り組みのすべては、世界中で極貧の防止を何よりも優先し、貧困者のために発言する結束した人々の声の必要性に関係しました。

Report: 全人類のためのユニバーサル・ベーシックインカムに向けて

国連の後援のもと組織立てられた、真に普遍的そして無条件のベーシックインカムが最終的に各国で実行可能であるにもかかわらず、これはまず第一に、世界資源のより公平な分かち合いに基づき、飢餓と不必要な貧困を根絶するという目標への比類なき一般人の支持にかかっているのです。それが、ベーシックインカム政策がすべての人の根本的な人権を維持する唯一の道だと、モハメッド・メスバヒは記します。そしてこの動機のもと追求されるなら、それは本質的に「すべての国を超えたところに人類がある」ということを意味する、高潔な開拓的道なのです。

Report: 真の分かち合いの経済:ハート時代の幕開け

真の分かち合いの経済は、利益や競争的な自己権益の追求によって特徴付けられる古いやり方の終焉を象徴しますが、その一方で、大変豊富な金融資本と利用可能な資源を持つ世界での飢餓根絶を通してのみ、唯一政府間の分かち合いと協力の新時代が始まるのです。それが、現在殆どの人の想像範囲を超える遠大な意味合いを伴い、分かち合いの霊的および変革的ビジョンが見いだされるところであるとモハメッド・メスバヒは記す。

Pages