• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

私たちの共通目標としての分かち合い

STWR
2014年12月4日

分かち合いへの呼びかけがすでに活動的市民と革新的な組織の根本的(多くの場合不認識ながらも)要求であることを考慮すると、私たち皆を統一するこの共通理念を受け入れるべきことは理にかなっています。


コンテント

◦ 社会正義
◦ 環境管理
◦ 世界平和
◦ 参加型民主主義
◦ ​多争点型運動


エグゼクティブ・サマリー (概要) 

全世界で、政府がより公正かつ持続可能な未来への希望をもたらせない一方、世界危機が激化することをただ傍観していることを何百万というキャンペーナーと活動家は拒否します。気候の混乱、希少資源を巡り激化する紛争、そして貧困国と同様に、富裕国における貧困化と社会的排除、さらなる世界経済崩壊の迫りくる展望などの不吉な前兆がみられます。いわゆる惑星規模の緊急事態をものともせず、世界の指導者たちに挑み、重大な社会・環境問題への取り組みの努力における市民のこれほど広範で持続的な動員はこれまでありませんでした。 大規模な改革を必要とする時代遅れの経済システムが、私たちが直面する多数の危機の根本原因であるという認識に駆り立てられ、世界的な「運動のムーブメント」は高まりつつあります。

しかし、断続する歴史的動向を巻き返すための大規模な共同活動の必要性への高まる認識にもかかわらず、世界の相互関係する問題の全原因にとりかかるために十分な努力がなされていないことは明らかです。市民社会組織、草の根活動家、そして積極的に関与する市民の集合的活動から成る真に統一した革新的ムーブメントがいまだ欠けています。劇的な変革に必要な方向性について世界人口の絶対大多数の間での合意を可能にする共通の旗のもと、様々な革新的目標の統合が緊急に必要とされています。革新的コミュニティの多くの個人および団体双方が認識し宣言するように、これは世界の再生および再建をもたらすための最大の希望です。

このレポートは、どのように分かち合いへの要求がこの拡大する世界人民のムーブメント形成の中心となるかを明示します。企業の貪欲および利益より人間のニーズおよび生態系保護を政府が優先するようさらに多くの人々が声をあげ始めていると同時に、分かち合いへの呼びかけは、一貫してより良い世界のための市民社会の要求の中心です。事実、分かち合いの原理は多くの場合、およそ全分野での試みにおいて進歩的改革への取り組みの中心です。しかしこの共通の関心は、世界問題への解決策としての分かち合いの多様性、共通性、そして広い適応性への認識なくして、一般的に暗黙のうちに理解され表現されています。

説明上の目的として、このレポートの「マッピング」セクションで強調される多くの目標、イニシアチブ、そしてムーブメントは、五つの主なカテゴリーに沿って幅広く種類分けされています:社会正義、環境管理、世界平和、参加型民主主義、そして多数の問題のためのムーブメント。これらの全体におよぶ主題の範囲内の概説された各目標については、その殆どが国内または国外のどちらであろうとどのように富、権力または資源のより公平な分かち合いへの要求の上に基本的に成り立っているかを理解することは難しことではありません。従って、変革への結束した呼びかけのもと世界の平和、正義、および環境ムーブメントを繋げることを促進する可能性のある共通の目標として分かち合いがより広く促進されるべきだと私たちは論議します。

分かち合いへの呼びかけはどのように表現されるか

富および収入の不平等が袋小路に陥り、人口の1%(あるいは事実、0.001%)にますます利益をもたらしている状態において社会・経済正義があり得ないと同時に、多くの意味で社会のより大きな分かち合いへの必要性は長年明らかでした。 明白ではないにしても、社会全体の富および権力の公平な分かち合いへの必要性のまわりに多くの場合すべてが組み立てられた、増大する極度の不平等への取り組みの必要性について現在注目の討論がおよそ絶え間なく行われています。

同時に、新たな発展パラダイム、あるいは経済的代替への提唱は分かち合いの観点からますます打ち立てられ議論されています。これは、多くの政策アナリストと市民社会組織(CSOs; civil society organisations) が制約された世界で「正当な分け前」- 言い方を変えると、この惑星の環境的限界を超えることなく地球資源を分かち合う万人の平等な権利 - を要求する気候変動と持続可能な発展の国際討論において最も明白です。 さらに、クリスチャン・エイド、オックスファム・インターナショナルおよびフレンズ・オブ・アースを含んだ主な市民社会組織の一部は、組織的戦略と目標の一部として分かち合いの原理を取り入れ、不公正な世界を変えるために権力および資源を分かち合うやり方への劇的な変革を呼びかけていることは明らかです。

「コモンズ」の再生された概念もまた、地球の共有資源を共同で守る必要性の観点から、持続不可能な成長から拡大する不平等に至るまで、この時代の最も緊急な課題のすべてを組み立てる、学者や活動家の有名なグローバル・ムーブメントをも急速にもたらしています。 より地域的および実際的レベルでは、ギフト経済と共同コミュニティ・プロジェクト、そしてオンラインプラットフォームの利用と分かち合い志向の事業モデルを通じ、日常生活でさらに分かち合うよう人々を力づける「分かち合いの経済」ムーブメントも花開いています。

しかしながら他の殆どの例において分かち合いへの基本的要求は、それとなく話し合われるか、あるいは変革への大衆の呼びかけのなかで偶発的に促進されるかです。例をあげると、世界中の何百万という人々が先導して民主主義と自由のために退廃した政府に対して蜂起し始め、コミュニティと職場内の新たな民主主義活動に活発に参加している人々までが多くの形で苦闘しています。しかし、このレポートの参加型民主主義に関するセクションでさらに概要されるように、政治的権力および財源のより公平な分かち合いなくしては、民主主義の真の形態、そして万人の基本的人権の確保はあり得ません。

同じように分かち合いの原理は、それが軍事支出を公衆の必需品へ向け直すことであろうと、協力的国際協定を通して希少資源の奪い合いを止めることであろうと、平和的共存のための多くのキャンペーンとイニシアチブの基盤です。歴史的および常識的双方の点から、資源を巡る競争が紛争の原因となることは明らかです - そして容易に分かち合えるものを所有しようとすべての国が対抗し合うところの経済パラダイムの永続は無意味です。

それにもかかわらず、不安や剥奪のないより公正で平和な世界を心に描くすべての人の根本的な理念としての分かち合いの基本的必要性は殆どの場合認識されていません。これは、特に、拡張する途方もない社会的・経済的分裂への反応として近年迅速に出現しているアラブの春のデモンストレーションやオキュパイ運動などの大衆抗議デモもまた、全社会のより大きな経済の分かち合いへの暗黙の呼びかけによって常に連結しているという事実にもかかわらずです。

なぜ分かち合いを提唱すべきか

分かち合いへの呼びかけが既に革新的な個人の多種多様なグループおよび組織の根本的要求(多くの場合不認識ながらも)であることを考慮すると、私たちがこの共通理念を受け入れ、自分たちの取り組みと活動のなかで分かち合いをより明白に提唱すべき多くの理由があります。とりわけ、共通の主題と展望のもとまったく異種のキャンペーン・グループ、活動家および社会運動を連結する可能性を分かち合いへの呼びかけは秘めています。そのような呼びかけはグローバル市民社会の結束を象徴し、最終的に私たちは皆同じ目的のために戦っているのだということを自認するのに役立つかもしれない包括的な結集のプラットフォームを提供できます。 既存のフォーカスや運動優先事項のどれも断念する必要なくして、孤立した個々の部門および単一争点のプラットフォームを超える道をそれはまた提供します。

分かち合いへの呼びかけはまた、大きな変革の運動イニシアチブと活動においての公衆の遥かに広範な層の人々をもまた引き込むことができます。多くの人々は、専門的な複雑さゆえ政治的問題から切り離されていると感じ、あるいは直面する課題の巨大さに圧倒され行動を起こすには準備不足であると感じています。しかし、分かち合いの人間的価値を誰もがわかっています。そして政治的環境でこの普遍的原理を支持することにより、資源のより公平で持続可能な分配に完全に基づいた経済学のまったく新しいアプローチへの道を私たちは指し示すことができます。このようにして分かち合いの原理は、重大なグローバル問題への公衆の広範な参加を引き起こすことを促進できる貴重なアドボカシーおよび教育上の道具を象徴します。

加えて、分かち合いの原理導入を政府に要求することは、国内および国外双方で現在の経済的・政治的取り決めに急進的な影響を持ち得ます。グローバル・ノースおよびサウス双方で政策結果を支配し続ける、経済状態への新自由主義的アプローチの影響を私たちが考察する時それは明らかであり、そしてそれは多くの場合、平等主義的価値観および旧来の人権実現に基づいた経済的アプローチの対極です。すべての政府が優先事項を徹底的に再調整する必要のあるますます不平等で持続不可能となる世界で、分かち合いへの呼びかけは社会の全レベルで政策立案を導くための正義、民主主義および環境管理の必要性を象徴します。

最終的に、富、権力および資源のより公平な分かち合いへの集合的要求のみが恐らく、共通の目標のなかで世界市民を結束します。異なった国々の個人および組織がより具体的方法で彼らの取り組み(すでに進行中のプロセス)を協調させなければ、「業務平常通り」を維持する利権と凝り固まった構造を打倒することは不可能にとどまるかもしれません。社会、経済および環境の崩壊の最終的展望に直面する一方で、社会の再構築および21世紀の多数の危機に取り組むための基本的ガイドとして、分かち合いの原理を支持する広範なグローバル運動を確立することはこれ以上緊急であり得ません。最終的に、世界全体の必要に応じた経済改革を促すためのより大きな希望をこれは象徴するかもしれません。

推薦事項

このレポートは、分かち合いのグローバル・ムーブメントが既にどのように存在するかを例えその集合的な実体または目的がまだ確認されていないとしても、明示することを求めます。共通点がなく今のところまとまりのない形態にもかかわらず、私たちの共通目標として分かち合いを促進する正当性が自分たちにとって納得のいくものであるなら、私たちは皆、同じ価値観と幅広い関心をもつこの新興ムーブメントの一部なのです。下記の推薦事項は、私たちがどのようにしてこの認識を基盤とし、分かち合いの結束的かつ包括的な世界的ムーブメントをより強化し拡大する役割を担うことができるかを概説します。

1. アドボカシーと運動活動に分かち合いのメッセージを融合させる

世界中で分かち合いの多種多様な形態を拡大することの必要性への認識に基づき、私たちが取り組んでいる問題の関係において、分かち合いが私たち個人にとってなにを意味するのか探求することが重要です。これは、適切である時にはいつでも、キャンペーンの取り組みと積極行動主義を分かち合いのメッセージと融合させることを可能にするでしょう。それゆえ正義、持続可能性、平和および民主主義の展望から、社会でより大きな分かち合いへの必要性のまわりに説得力のある民衆的な骨組みを皆が形成することに役立てます。 レポートに概説される4つの重要な課題に関係して、取り入れられ創造的に試行され得る貴重な「ミーム」としても機能する分かち合いの観点から、様々な革新的試みをどう組み立てるかというアイデアのいくつかの例については完全レポートをご覧ください。

2. 分かち合いの集合的プラットフォームへの動員

協力的プロセスを通して効果的な人々のムーブメントを形成することは、議論の余地はあるにしても市民社会運動の至高の目標であり、それを大規模で達成することは実際極端に難しいものです。しかし不平等、グローバル紛争および環境破壊の危機がかつてないほどより現実的で緊急を要すると同時に、お互いに繋がりのないまま残るかもしれない異なったいくつかのキャンペーンの課題を統一する、分かち合いのための集合的プラットフォームの劇的な変革のために個人と団体が動員するという素晴らしいスコープがあります。完全レポートは、分かち合いのそのような共通理念の創造において社会運動、キャンペーン・グループおよび活動家がどのように彼らの取り組みを融合させれるかといういくつかの例を概説します。

3. STWRの分かち合いへの世界的呼びかけを奨励し署名する

もし分かち合いの原理が社会正義、環境管理および参加型民主主義、あるいは平和的共存のためのどのような計画にも不可欠であると理解されるべきなら、疑いなく、公開討論の劇的な転換が必要です。共通目標として分かち合いを受け入れる市民のグローバル・ムーブメントを活性化する必要があるともしあなたが同意するなら、下記のキャンペーンの声明に署名することによりご奨励ください。世界的呼びかけへの参加を通して、どのような個人でも組織もがこの新興的テーマおよびビジョンの発展を促し、経済および政治の観点から分かち合いの重要さについて公衆の認識とより幅広い討論を刺激することを促進できるのです。

声明への署名は以下をクリック:www.sharing.org/global-call


パートl:危機に瀕する過渡期の世界

私たちは、一点集中する数多くの危機によって特徴づけられる時代に生きています。それは、化学的専門家、市民社会組織、そして革新的コミュニティによっておよそ止むことなく繰り返し言われている事実です。次第に減少する世界の天然資源を巡り激化する紛争はもとより、極端な不平等レベルの拡大ならびに気候変動およびあらゆる次元での生態学的危機の悪化を通して証明されるように、私たちが直面するチャレンジを多くの人々は惑星的緊急事態として述べています。[11]

私たちの問題の根底には急速に制御の利かなくなっている大変不当な経済システムがあります。2008年のグローバル経済危機は、世界の少数派に仕え多数派のニーズを疎かにする経済モデルに深く根づいた欠陥を暴露しました。現在世界には35億人の最貧困層が所有するのと同じだけの富を85人の最富裕層が所有し、前例を見ない富の格差が殆どの国で拡大しています。[12] 企業のグローバリゼーションにおける成長主導型パラダイムが少数派のために莫大な利益を刈り取り続ける一方で、私たちは既に惑星的限界を大幅に超えて迅速に自然界を破壊しています。

この次々に明らかになる人間と環境の大惨事を回避するために緊急に協調的行動をとるよりむしろ、政府は以前の消費者先導の成長および競争の激しい自由市場の日々に戻ることに執着し続けます。何十年も失敗を繰り返した世界の解決困難な問題に関する会議やサミット後、国益が、不安定化をもたらす動向に真にグローバルな協力的やり方で取り組むどのような可能性をも無効にし続けます。CO2排出削減、貧困根絶または地政学的緊張緩和への協調した取り組みが、望ましい目標を達成できない一方、革新的なアイデアは連続して拒否され続けます。

現在多くの社会的・環境的危機が頂点に達し、人類の進歩のための非常に大きな移行と新パラダイムの必要性を告げています。しかしながら、政治的プロセスおよびメディアを威圧する企業の全体におよぶパワーの面前では、利権が政策の結果を支配し、貪欲で無駄な消費主義を促進し続け、社会的・環境的コストを社会化させることによって現状をさらに悪化させます。従って、これらの歴史的動向を覆すことにおいて政府に依存できないという認識が活動する市民のなかで拡大しており、従って社会およびグローバル経済秩序への変革を起こす可能性をもたらすためには大規模な市民社会参加が必要とされます。

拡大する「運動のムーブメント」

政府がより公正で維持可能な未来を提供することに失敗する一方で、世界中で何百万人というキャンペーナーや活動家は、世界危機が激化するのをなにもせずただ見ていることを拒否します。世界の指導者たちにチャレンジし、革新的な社会変革を起こすための活動のまわりで、そのように持続した広範な市民の動員が存在したことはかつてありません。これらの活動の多くは、全分野で取り組み、人権を守り、正義を促進し、平和を助長し、環境を保護し、そして人道的な緊急事態に対応するための様々な問題に従事する、確立した非政府組織を必要とします。この分野の熟達者の多くは、誤り導かれた経済社会政策に反対し、意思決定者に透明性を求め、蔓延する企業のパワーの乱用にチャレンジするために無数の取り組みに関与しています。多くの革新的な学者もまた世界問題に関する分析や研究を通して、そして多くの場合、政策アドボカシーや公衆の認識のためのプロジェクトを通して、市民社会において不可欠な役割を担っています。

同時に、無数の市民や団体は、衰えていく体制に抗議するだけでなくその代替を根底から構築しています。これはコミュニティベースおよび独立独歩型生産および消費モデルを通してなど、より持続可能な生活のための多くの地域的取り組みを必要とするかもしれません。あるいはそれは、労働者協同組合、コミュニティ農業、土地信託、コミュニティ銀行および信用組合、分散化された再生可能な代替エネルギー、ピアツーピア、そしてコモンズ・イニシアチブなどその他多くの… 経済を民主化し、人間主導型の経済的代替を確立する多くの活動を伴うかもしれません。

さらに、グローバル行動主義に不可欠な部分は、日常生活において基本的な平等や権利のために戦う人々で成り立っています。すべての大陸を通して、人々は自己のコミュニティのためにより良い仕事、適切な教育および健康を要求するために蜂起しています。彼らは水や衛生などの基本的サービスを要求したり、スラム街や市町村において自分たちに直接的に影響する決定へのより大きな参加を要求するかもしれません。多くの人々が腐敗の根絶、あるいは社会を分割する顕著な不平等の廃絶のために抗議しています。グローバル・ノースおよびサウス双方において、街頭の大衆蜂起は現在大部分が自然発生し、民主主義、正義、公平および協力の普遍的価値への深い献身によってリーダーをもつことなしに結束しています。

集団動員という偉大なチャレンジ

大規模な改革を必要とする時代遅れの経済体制が根本原因だという認識によって促進される、世界規模の「運動のムーブメント」が拡大しつつあることは疑いありません。政治経済構造のなかだけでなく、私たちの価値感、想像、生活様式のなかで - 既存の社会内から構築される新社会への、そしてすべての意味での根本的変革への新感覚を伴った理想主義および希望があらゆる場所で感じられます。

しかし、斬新な変革を起こすための大規模な共同行動の必要性へのこの拡大する認識にもかかわらず、相互関係した世界危機の全体に浸透した原因への取り組みが十分でないことは明らかです。市民社会組織の努力は過度に消散されるか、既存の政治経済秩序に十分なチャレンジをしかけるには小規模すぎるかです。そして多くの場合、彼らは単一争点や短期的利益に集中し過ぎるか偏狭な政策中心の姿勢によって抑圧され続けるかです。全体的に、あちこちで勝ち取られたどのようなプログレスも、全体に浸透した退廃および断続する世界的動向悪化によって弱体化されています。[13]

その一方で、草の根活動家の活動は現在の政治的現実によって厳しく制限され、そして社会運動にとって、過敏に反応する抗議デモを越え共通の変革ヴィジョンを明確に説明することは困難です。[14] 地域イニシアチブおよび経済的代替は、生態学的に存立できる公平で民主的未来社会への多大な希望および鼓舞的なモデルを提供したとしても、優勢的動向はいまだ正反対の方向にあります。決定的年が過ぎるごとに、国家および市場のパワーのさらなる中央集権化、そして一般人およびコミュニティから、大部分が非民主的なグローバル制度および多国間企業へと真のパワーが移行するのをまた私たちは目撃しています。

恐らく最大のチャレンジは、大規模な民間参加を成就することです。民間参加が斬新な変革を起こすために最重要であることは市民社会組織の間でよく知られています。最も明らかなようにそれは、緊急な問題に対処することを政治家やビジネス・リーダーたちに圧力をかけるのは公衆だからです。公衆の支持はまた、論議のための空間を社会に開き、グローバル危機の原因への取り組みに必要な全体的変革を起こす機会を政府に与えます。[15]

しかしながら一般的に、公衆参加の質は低く、特に、世界の貧困および気候変動など、面前の個人的自己利益外にある「自己より大きな」問題に対して公衆全体は無関心で正しい情報を与えられていません。[16] 世界中で何百万人もの人々が彼らのニーズを表示し、経済的不平等、環境破壊、不法な戦争、そして経済の独裁制などの問題に関して抗議するために立ち上がる一方、そのような運動や活動はいまだ全人口の少数派であり続けます。2011年秋のオキュパイ抗議デモの活発な参加者は、アメリカの人口の僅か0・1%に過ぎませんでした。それは、主流の討論に多大な影響をおよぼすには十分ですが、政府の政策や優先項目に長期的効果をもたらすには不十分です。[17]

市民社会組織、草野の根活動家および従事する市民による共同活動から成る真に結束した革新的ムーブメントがいまだ欠落しています。個別の問題に取り組む全員が、認識および教養ある世論に支えられた、多様ながらも結束したムーブメントに加勢する時がきました。変革に必要な方向性において決め手となる世界人口の大部分の間に合意をもたらすことのできる共通の旗のもと、すべての革新的目標の融合が緊急に必要とされます。革新的コミュニティ内の多くの個人およびグループが認め宣言するようにこれは、世界の再生および復旧をもたらすための最大の希望です。[18] 包括的ビジョンを共有する市民および市民社会組織のグローバル・ムーブメントなくして、聳え立つ強力な企業勢力および進歩への構造的障壁を克服することは不可能であり続けるかもしれません。

分かち合いへの呼びかけの出現

このレポートの狙いは、どのように分かち合いのためのコールがこの拡大する世界規模のグローバル市民のムーブメント形成の中心となるかを明示することにあります。政府が企業の貪欲さや利益より人間のニーズを優先するようさらに多くの人々が声を上げ始めていると同時に、分かち合いへの呼びかけは一貫して、より良い世界への市民社会の要求の中心にあります。このレポートの主要なセクションで概要が述べられているように、事実、分かち合いの原理は、多くの場合およそすべての分野の試みにおける革新的な社会変革への努力の中心です。しかしこの共通の懸案事項は、世界問題の解決策としての分かち合いの多様性、庶民性および適用性を認識することなく、一般的に暗黙に表現され理解されます。

例示目的のために「マッピング」セクションで浮き彫りにされている多くの目標、イニシアチブおよびムーブメントは、社会正義、環境管理、世界平和、参加型民主主義、そして多様な課題に取り組む運動の5つの主要なカテゴリーに大まかに分類されています。これらの全体におよんだテーマに当てはまる各目標については、そのすべてでなくとも殆どが基本的に、国内あるいは国外のどちらかで、資源のより公平な分かち合いへの要求がどのように根拠となっているかを理解することは難しいことではありません。


分かち合いへの要求が、革新的個人の多様なグループや組織の間で既に共通目標であるという主張を足場として、この後のセクションで私たちのキャンペーン努力において分かち合いをより明確に提唱するだけでなく、このグローバル・コールを受け入れることがなぜ道理にかなっているのかということについて簡潔に概説しています。

それはなぜなら特に、分かち合いへの呼びかけが変革への共通の要求のもと異なったキャンペーン・グループ、活動家および社会運動を連結する可能性をもつからです。そのような呼びかけはグローバルな市民社会の多様性のなかでの結束を象徴し、最終的に私たちは皆同じ目標のためにたたかっているのだという認識を得るよう私たちを力づけるかもしれない、活動家のための包括的集結プラットフォームを提供できます。それはまた、既存のフォーカスやキャンペーンの優先項目を捨て去る必要なく、個別の問題への盲目的取り組みや単一争点プラットフォームを超える手立てを提供します。

さらに分かち合いへの呼びかけは、全体的変革を目標とするキャンペーン・イニシアチブや大衆運動におけるさらに幅広い一般層を参加させる可能性をもちます。専門的複雑さのため政治問題から切り離されていると感じるか、あるいは直面するチェレンジの膨大さに圧倒され行動するには不相応だと多くの人は感じています。しかし分かち合いの人間的価値を誰もが理解できます。そして政治的背景のなかでこの普遍的原理を支持することによって、私たちは公平で持続可能な資源分配を全体的に基盤とした経済のまったく新しいアプローチへの方向性を示すことができるのです。

手短に言うと分かち合いの原理は、革新的キャンペーン・イニシアチブや大衆動員によって広範囲な公衆参加をもたらすことを促進するとともに、共通のテーマおよびビジョンのもと多様な社会運動の結束を促進できるアドボカシーのための価値ある手段を象徴します。

共通ビジョンを構築する

疑いなく、迫り来るグローバル大惨事を回避するためには、最終的に国際規模の政治活動プログラムが必要です。国内同様に国家間双方で資源をより公平に分かち合うことの必要性に国際世論が集中しない限り、国際経済秩序へのそのような根本的変革が現実となる可能性が僅かなことを、以前STWRは論じました。[19] 環境管理についてのセクションでもまた概説されるように、資源に限りある世界で世界的に平等な生活水準にできるだけ近くためには、より公平な分配は明らかに必須条件です。

現在の世界経済の取り決めの構造を改革しより民主的なグローバル・ガバナンス制度を構築する必要があるという点からだけでなく、その意味合いは劇的です。第一に、一国のニーズより世界全体のニーズが優先されねばならないという理解に基づき、同じ権利および責任をもったひとつの人類家族の一部として、自分たち自身を見る必要があります。グローバル意識内でのそのような転換を通してのみ、私たちは国境を越えて拡大する分かち合いへの共通目標において市民の大規模な動員を見通すことができるのです。

しかしながら現在のレポートの目的は、政府が分かち合いの原理の方向性に沿って適用すべきなんらかの特定の政策を提案することや、または市民参加および市民社会の活動の完全な国際的ビジョンを提唱するためのものではありません。対照的にその意図は、分かち合いのグローバル・ムーブメントが、その集団としての実体や目的を例えまだはっきり断言していないとしても、地域からグローバルレベルに至るまで既にどのように存在しているのかということを明確に示すことです。これらの異なったムーブメントが変革のための効果的なグローバル勢力に最終的にどのように融合するかということは、 - 大部分が技術革命やソーシャルメディアのネットワークのパワーを通して - そのようなプロセスが既に進行中であることに多くの人は同意するだろうにもかかわらず、誰にも予言できないのです。

明らかにこの段階において、そのすべての多様性のなかのこの未発達の「運動のムーブメント」の政策要求の完全リストを提案することは不可能です。資源を分かち合うためのこの共通テーマに同調しその周りで結束するかどうかは、すべての国の個人およびグループ次第であり、それは、機会あるごとに公衆と連動し政策立案に影響を与えるということです。上記に述べられているように、これは既存のキャンペーンおよびイニシアチブ目標を放棄するのでなく、むしろ最も簡単な言葉で詳しく説明され、最大数の人々に受け入れられることが可能な政治経済改革への共通目標の出現を支持することを意味します。

パートll:分かち合いへのグローバル・コールのマッピング

このセクションでは正義、持続可能性、平和、および民主主義の展望から分かち合いの原理に関連した最も顕著な問題についての概要を述べます。これらの永続するテーマは、必然的に世界中で市民社会キャンペーナーおよび積極行動主義のフォーカスとなり、異なった国々で斬新な変革のための一般人先導の要求の基盤を形成します。下記に浮き彫りにされた主要な目標の多くはまた、拡大する極端な不平等レベルに内在する緊張から持続不可能な消費パターンや天然資源の枯渇を巡る地政学的緊張に至るまで、人類に直面する緊急なグローバル危機に直接的に関係しています。

それらの核心的論題の概要を述べることの目的は、それぞれの論題自体を紹介することや、実に多くの要求およびイニシアチブが異なったカテゴリーと部分的に重複することは必然的であるため、市民社会および活動家のすべての試みの厳密な分類を試みることではありません。むしろ各セクションでは最も簡単な言葉で、地域レベルであろうと国内またはグローバルレベルであろうと、これらすべての問題が直接的または間接的に様々な形態の分かち合いへの呼びかけをどのように表現しているかを明確に示すことを求めます。

このようにしてこのレポートは、変革のための結束した要求のもと世界平和、正義および環境運動の連結を促進できる可能性を秘めた共通目標として、分かち合いがより広く促進されることを提唱します。下記のサブセクションでさらに強調されるように、分かち合いの原理は、地球の隅々に至ってキャンペーナーおよび懸念する市民の価値観および理想に共感する一方、これらすべての運動が浮き彫りにすることを求める相互連結したグローバル問題に関連します。

社会正義

他のどのような要求より社会と経済正義は本質的に分かち合いの原理を具現化しています。多種多様なキャンペーナーおよび活動家の大きなグループはこのカテゴリーに属し、そして合わせて彼らは世界中の分かち合いに関連した要求の大部分を形成しています。

社会正義という言葉は、保守派にも革新派にも総括的ものとしてしばしば使われています。西側の思想家の間では、これらの目標達成のために、社会正義は公平な社会的物資の分配を成す多様な手段を組み込まねばならないという広い合意があります。しかしながら、なにが公平な分配の構成要素となるのかについて、または個人の自由を犠牲にせず社会的平等を達成することを求められる再分配的政策などについて様々なアイデアがあります。


しかしながら社会および経済正義のために取り組み苦戦する人々の殆どが、社会で最も不利な条件下にあるかまたは排除された人々との連帯感に基づき、全体に浸透した貧困および不平等に取り組むことへの共同責任に焦点を合わせています。従って正義についてのそのような理解は、公平な制度および制度的枠組みの構築を必要とします。例えば、社会的に包括的な仕事を提供する労働市場や、社会保護および公共サービスを保証できるシステムを確立することによってなどです。

なぜ異なった国々で人々が抗議デモをしているのかという主な理由は、2008年以降のグローバル経済危機および世界的な緊縮財政政策拡大が経済正義の欠如をもたらしたからです。[20] これは、2011年のオキュパイ抗議デモの間スローガンとして出現し、多くの先進資本主義国で拡大する極端な不平等の動向を反響し世界中で迅速に広がった、1%対99%のアイデアに要約されています。社会的・経済的権利がしばしば充足されない人権である高度にグローバル化された経済のなかで私たちは生活しているため、[21] 経済正義問題に取り組む、特に、租税、債務および貿易正義、あるいはグローバル金融システムの大規模な改革を提唱する多くの個人や組織もまた国際的展望を取り入れています。

殆どの国で永続し悪化する極端な不平等レベルにかかわらず、しばしばグローバル正義運動と称されるなかの多くの活動家にとって、私たちに共通の人間性を認識することの出発点は世界の最富裕国と最貧国の間の膨大な格差です。今日の多くの主流の政治家および機関でさえが、これらの巨大な世界的不平等が公正でもなく正当化できるものでもなく、世界経済のなかに不安定を作り出すことによって最終的に持続不可能であることを認めています。[22]

従って、多くのグローバル正義の提唱者は、世界経済を構成する規則を変革し、富裕国と貧困国の間の不公正な構成的取り決めを維持するパワフルなグローバル機関およびプロセスを改革する必要性に集中しています。このようにして、世界資源の公正な分かち合いへの要求は、下記の幅広いカテゴリーでさらに詳しく説明されるように、その多様な表現と外観においてグローバル正義運動を一つに結ぶ糸なのです。

 

租税正義

企業、金融業者および個人富裕層が公平に税金を支払うことを求め現在運動している多数の組織および連立によって、租税正義への公衆の要求は世界中の国々で次第に拡大しています。これらのイニシアチブが、発展途上国への租税回避地および不法な資本の流れの影響に集中しようと、あるいは高所得国でのより革新的課税の必要性に集中しようと、それらは一般的に、社会保護および不可欠な公共サービスのための公的資金を保護し改善することを求めます。この配分的正義への要求は、経済活動の利益を社会全体でより公平に分かち合う必要性に直接集中しています。例えば、租税正義のためのグローバル・アライアンスは「公平な分配」の観点から具体的にその要求を組み立てます。[23] 同じように、土地および自然資源の価値に課税することは、自然界から得られるどのような富も万人/利害関係者の利益のために分かち合われるべきということを基盤にしてしばしば促進されます。[24] しかしながらどちらかと言うと分かち合いへのフォーカスは、租税正義のキャンペーン、提案およびイニシアチブの殆どに黙示的に表現されています。これは、貧困や気候変動へ取り組むために、公的収入を再分配する手段として現在広く支持されている金融取引税(ロビンフッド税)の場合特にそうです。[25]
 

社会的保護を強化する

経済的分かち合いの主要な例は、国の財源の一部を貯え分かち合うことにより社会のメンバーが不平等を削減し、全国民のための人間の基本的ニーズを確保する集合的責任をもてるようにする革新的な租税ならびに社会保護および公共サービスの提供です。[26] しかしながらグローバル・ノースおよびサウス双方で分かち合いの国内システムは多くの場合、国際通貨基金からのローンに付随する厳しい条件がもたらす経済緊縮政策によって徐々に廃絶されています。[27] 近年、高所得国における経済的分かち合いからのこの移行は広範囲にわたる公衆の暴動の原因となり、オキュパイやUK/USアンカット運動のような草の根の反緊縮政策運動の出現を促進しました。同時に、社会的保護の国家的提供への市民社会の支持は、普遍的な社会的保護の様々な形態を促進する数多くの国際および国内組織をもって拡大しています。[28] これらのイニシアチブは議論を巻き起こすとはいえ、政治的スペクトラムの両側で勢いをつけ、無条件の基本所得提供のための支持を得たキャンペーンだけでなく、万人のためのヘルスケアおよび教育への長期にわたる呼びかけの仲間入りをしています。[29]

経済システムを改革する

極度の富の集中や急上昇する個人および国家債務レベル、経済改革のための革新的キャンペーンは、国内および国家間双方の富のより公平な分配を確立することへの拡大する要求を反映します。例えば、世界中の国々の経済を不安定化させる一方、銀行、ヘッジファンドおよび投資家の少数派に報酬を与える、世界の複雑な金融市場のなかで現在多くのキャンペーナーが投機活動の問題に取り組んでいます。[30] 2007/2008年のグローバル食料価格危機以来、食料品を対象としたギャンブルを防ぐためのキャンペーンもまた注目に値する成功を伴い断続して広範な支持を惹きつけています。[31] 同時に、お金は第一に民間部門でなく民主的制度によってつくられ、万人の利益のために管理されるべき共有資源であるという認識が市民社会のなかで拡大しつつあります。[32] 発展途上国の不当な負債を帳消しにし、(IMFや世界銀行などの)国際金融機関を改革するための長期にわたる要求もまた、金融部門の利益だけに集中するのでなくむしろ全人類に仕えるやり方で世界の経済力および政治力を再分配する緊急な必要性を反映します。[33]

チャリティーと援助

最も親しみのある分かち合いの例のひとつは、地域社会および海外で人々が大変必要とする援助を絶えず提供する、数多くのチャリティー、援助組織および人道機関の取り組みです。現在、特に何百万人もの人々が生活必需品へのアクセスを持たないますます不平等となる世界で、チャリティー援助は社会的・物質的剥奪の最悪の影響を緩和する助力ができることは疑いありません。[34] しかし分かち合いのこの初歩的形態は、根本的な構造上の原因に取り組むことなく極端な不平等の症状に対処しているに過ぎないことで広く批判されています。そういった理由で、チャリティーの形態の多くは、市民と世界全体へのより幅広い責任の一部から逃れることを政府に許す、真の正義の代行としてしばしば考えられています。例えば、援助国の政治的利益にしばしば関係し、「援助依存」やその関連の多くの問題の原因と成り得る外国援助について長期的な批判があります。[35] しかしながら、グローバル・サウスの気候変動および紛争の破壊的効果だけでなく特に富裕国の拡大する貧困レベルを考慮すると、緊急な人道援助を通しての経済的分かち合いの改善・拡大への要求はこの先の将来より大きくなると思われます。

貿易正義

民主主義を脅かし、国家主権を侵害し、そして社会的・経済的主権に反して機能する強力な企業の権利を、貿易・投資協定(二国間協定および世界貿易機関を通して交渉される協定の双方)が謳っていることについての認識が拡大しています。[36] 現在一握りの大企業が食糧の生産、加工、分配、マーケッティングおよび小売業を支配し地球の大部分の生産資源の管理を維持するところの、この動向を世界の破損した食料システムはあからさまにしています。[37] 従って、貿易正義や食糧主権(そしてある程度フェアトレード)への呼びかけは、いわゆる「自由」貿易を特徴付ける富および企業のパワーの集中化を撤廃し、小規模農家や地域工業の利益となるさらに公平な貿易規則や持続可能な食糧生産システムを確立することを求めます。[38] 全体的に貿易正義のキャンペーンは、多くの根本的方法で分かち合いの原理を表現する広い範囲の重要なグローバル問題を包括します。例えばこれは、TRIPS - 世界の貧困者のために不可欠な薬へのアクセスを削減し企業によるバイオロジカル・コモンズの囲い込みへの道を整える知的財産制度への膨れ上がる反対を含みます。[39]

環境管理

分かち合いの原理は、グローバルな環境危機の解決策の中心として長い間認識されてきました。人類が直面するすべての生態学的問題は、気候変動や公害から森林破壊や資源の枯渇に至るまで、分かち合いを政策立案の中心におくことに私たちが失敗した結果だと見なせます。[40]

簡単に言うと問題の最も重要な点は、持続可能な未来のために明らかに基本的な義務として、世界の消費レベルと地球の生命維持能力の間のバランスを政府が達成する必要性に関係します。しかしながら現在、特に食糧、オイル、土地、水などを含んだすべての種類の資源への要求が急増する一方、この惑星が維持できるより50%早い割合で私たちは自然資源を消費しています。[41] 従って近年、資源の不足と環境的限界の問題は世界的議題を沸き上げ、新興国での人口増加と豊かさの増大によりますます緊急になっています。

この危機的な難局からの唯一の出口は、自然の枯渇の世界的割合を削減することと、より公平に世界資源を分配することです。他の言い方をすると、地球は一つしかないのですから「一つの惑星生活」の限界を超えることなく適切な生活に必要な資源へのアクセスを、皆が持つことを保証できる新経済モデルへ劇的に転換することが必要です。[42] 様々な分析者が現在この常識的な認識を、限界のある世界の「公平な分配」のコンセプト内に要約しています。それは、気候変動や持続可能な開発に関する国際論議の中心となっている問題です。[42]

既に、世界資源を分かち合うことの緊急性は社会正義と環境の持続可能性を合致させる唯一の方法として、世界中で無数の個人およびグループに受け入れられています。しかし、地球資源の大部分を消費する高所得国の20%の最富裕層をもって、富裕層と貧困層の間の生活水準がとてつもなく不平等な世界ではその影響は深く広範囲におよびます。少なくとも、世界の貧困層および貧困国の基本的ニーズ充足のために十分な「環境的スペース」を残すためには、世界の中流階級は彼らの全体的消費レベルを削減する必要があるでしょう。[44] しかしながら、むしろ世界を分裂させ続けるより協力的に分かち合うために、必要な経済的取り決めに同意することから政府らはますます遠ざかっているようです。それは最終的に、何十年もの民営化、企業の統制、そして地球資源から不当に利益を貪ることを廃絶することに依存します。

従って、すべての国の活動的市民の多くは、政府や企業が必要な社会変革をもたらすことは期待できないことに気づき、彼ら自身が多種多様な方法で行動しています。これは、資源分配の目に余る不公平さに取り組み、同時に気候の混乱およびさらなる環境劣化を回避できる経済的代替を概念化する学者、ライター、そして政策思想家を含みます。世界中の何百万人という活動家はまた、大衆動員や生態学的に破壊的なプロジェクトへの抵抗を通して、あるいは共同社会の分かち合い、持続可能な生活および環境管理への拡大する文化的転換への参加を通して自ら解決に従事しています。下記のカテゴリーでさらに詳しく説明されれるように、これらすべてのイニシアチブや運動は、限界のある世界資源のより公平な分かち合いへの必要性に関するグローバル討議の一部を形成します。

地球資源の公平な分かち合い

世界の天然資源の持続可能で平等な分かち合いの方法に関する討議および気候変動ほど、分かち合いの原理が直接的に関連し広く話し合われる議題はありません。例えば、国連の気候変動についての交渉の中心となるのは、先進国および途上国双方のすべての国が経済的利益を保護する方法で、地球の大気が吸収できる炭素排出の許容量をどのように分かち合えるかについての討議です。[45] 上記で述べられるように、「公平な分配」の概念は、地球の環境的限界を超えることなく万人の基本的ニーズを充足する必要性を明確にできるこの討論の骨組みをつくるために市民社会組織によってますます取り入れられています。経済的分かち合いはまた、一人当たりの排出を世界的にバランスのとれたものにするために広く公認された「縮小と一点集中」的な枠組みの中心であるだけでなく、化石燃料消費を規制するための「制限と分配」モデルの中心でもあります。[46] さらに、「エコロジカル・フットプリント」などの測定基準が切実に証明するように、地球の制限内で資源を分かち合えないでいる一方、人類は毎年使用可能以上の資源を使い続けます。[47]

持続可能なコミュニティ

環境主義者は、地球資源の正当な取り分以上を消費せずどのように個人が高質な生活を楽しむことができるかという「一つの地球での生活」の概念を反映する地域の経済的代替への必要性を長い間認めてきました。[48] この展望を心に留め、環境的に持続可能な地元およびコミュニティベースの生産および消費モデルを確立することを求める数多くのイニシアチブが近年進出してきました。例えば、共同消費は、より多くの物資を購買するよりむしろ未活用の資源を人々が分かち合うことを可能にしますが、「分かち合いの経済」ムーブメントは全体として、気候変動および生態系の劣化を維持する複雑な政治的問題への明確なフォーカスをいまだ欠いています。[49] 生態学的に回復力のある町および都市を共同でつくるための草の根イニシアチブがまた活躍しており、富裕国および発展途上国全体を通して持続可能な小規模農業の生産形態への広範な支持があります。常にそうであるように、これらのトランジション・タウンのイニシアチブや持続可能な農業の営みは、コミュニティ内の公平さおよび社会正義の重要さを認識する一方、土地、技術、種、あるいは設備などの資源を分かち合うことを含みます。[50]

環境コモンズを保護する

万人と次世代の利益となるよう地球の限界ある資源を保護し分かち合う必要性は、環境運動における繰り返し発生する主題です。生態学的正義および持続可能性へのこの要求は、実質的な炭素排出削減、化石燃料投資の撤収、あるいは熱帯雨林、海洋および生物多様性の保護を呼びかけるなど、増え続ける個人や組織の地球のコモンズを守るための取り組みを支持します。地球管理の考えは、母なる地球の本来の権利を保護するため、そして「失われた5番目の平和に対する犯罪」として環境破壊犯罪が認識されるための拡大する運動にも具現化されています。[51] 自然と生物多様性の大きな地域を保護することを求める無数の国家および無政府環境保護団体と並んで、共通の世界的責任に基づき国境外の資源のための人間の活動の破壊的影響に適切に対処するために、国際協定が交渉されて来ました。[52] 画期的な人類の共同財産の原理のもと多数の条約が、南極地域や世界の海洋など特定のグローバル・コモンズを保護し共有するためにまた存在します。生活形態および共有資源の断続する「囲い込み」および商品化へ挑戦するもうひとつの方法である、植物や動物の遺伝物質を含んだ共同財産の原理を拡張するよう試みられてきました。[53]

世界平和

国民国家の平和および安全ほど世界資源を分かち合うことの正当性に関連するものはありません。不可欠な資源が軍事力の蓄積と展開の背後の統制原理となっているグローバル情勢のなかに現在私たちは住んでいます。その動向が覆されない限り、将来人類が壊滅的結末を迎える大きな可能性があります。

歴史は多くの点で政府の植民地主義的および帝国主義的野望、または途上国の征服を求めてきた強国の「貿易による略奪」によって定義付けられます。[54] 数千年間、地球の富および技術を支配するために、経済的、技術的および軍事的優位性の上に帝国は構築されてきました。しかし、自然資源の限界とプラネタリー・バウンダリーに迅速に近づく相互依存する世界において、政府が世界資源を獲得するために「勝利者がすべてをとる」パラダイムを追求し続けるなら万人に損失をもたらすことになるかもしれません。今日に至ってまで、北極園、東・南シナ海、フォークランド諸島などの石油およびガス埋蔵量支配のために国家同士が競い合うなか将来の暴力的紛争の可能性が拡大しています。衰えることなく断続する核の拡散をもって、世界の未開発の天然資源を確保するための戦闘のこれ以上の激化は、大国同士の戦争の大惨事をもたらしかねません。

21世紀における実行可能な資源安全保障戦略は、国益や繰り返し起こる紛争よりむしろ国際協力および資源の分かち合いという代替的枠組みに基づかねばなりません。この政府間の問題に関する論議の顕著な欠落にかかわらず、教育のためのグローバル・キャンペーン、ロビー活動および非暴力的な直接活動を通してなど、世界中の何百万という市民および組織は戦時体制を終わらすために常に動員しています。このセクションの後の様々なカテゴリーで浮き彫りにされているように、分かち合いの原理はこれらの多くの呼びかけや活動を間接的または直接的方法で支えています。

例えば、軍事費に毎年費やされる財源を大幅に向け直さないことには世界の貧困を軽減するための集団的義務を政府が充足することは不可能となり続けるかもしれません。これは、国内および海外双方で軍事費にあてられる巨額の一部を不必要な人命喪失を防ぐために向け直すことにより、大きな平和を分配できる米国にとって特に膨大な意味をもちます。[55] しかし同じように、低所得国および中所得国では国民所得のかなりの割合が武器や軍事行動に費やされ、医療や社会福祉などの不可欠なサービスのための肝心な財源を民間人から奪っています。

より明確に言うと、国境外の資源または乏しい資源を分かち合うことの失敗は、2003年から2010年までのダルフールの戦争やアフリカの角および中東での繰り返し起こり続ける戦いに反映されるように、土地と水への競争が激化する時は特に、しばしば多くの弱国内での長期の暴力的紛争の核となってきました。歴史的および常識的視点から、資源を巡る競争が紛争の原因となることは明らかです。そして、容易に分かち合えるものを所有しようとすべての国が互いに競わされる経済パラダイムを永続させることは道理に合いません。さらに、グローバル・テロリズムは富裕国と貧困国の間の生活水準の純然たる格差にその根源をもつと議論されています。この理由により、また他の多くの理由により、世界資源を分かち合うことの必要性は、より公正で平和な未来を心に描くすべての人々の活動を結ぶ基盤を成す要求なのです。

乏しい資源の奪い合いを終結させる

近年、増大する数の組織およびイニシアティブが地球の乏しい資源の奪い合いを終結させるための取り組みにフォーカスを当てています。この基本的な目標が明白に組み立てられているか黙示的に組み立てられているかは別として、そのようなキャンペーンは、政府が土地、水、化石燃料、そして他の重要なエネルギー資源の支配を巡って競争するよりむしろ分かち合うことの不可欠な必要性を指し示しています。例えばグリンピースは、地球温暖化の結果、北極点地域においてますますアクセス可能となるオイルやガスの埋葬量への排他的権利を求め数多くの北極園の国々の間での軍事的紛争の脅威が拡大していることを強調しています。[56] 主権国家資産ファンド、ヘッジファンド、そしてしばしば先住民コミュニティを強制退去させ、持続可能な農業システムを覆し、破壊的なアグリビジネスによって促進される新植民地主義的土地グラブに対してもまた数多くのキャンペーン・グループは動員しています。[57] 同時に、地球の資源安全保障への平和的・民主的アプローチを提唱する人々の多くは、世界の消費階級が迅速に拡大し気候変動が資源枯渇を激化するこの時において特に、国際協力の重要性や紛争防止の重要性を認識しています。[58] 明らかに、外交政策の統轄テーマが国外の天然資源へのアクセスを協力的に分かち合うよりむしろ獲得するための攻撃的な推進力である限り、紛争の激化は「残りの資源のためのレース」においておよそ不可避です。[59]

戦争ビジネスを廃止する

何十年もの間、市民社会イニシアティブは世界中の国々で、政府の軍事活動および兵器への過度の支出を強く非難してきました。[60] これらのキャンペーンが経済的分かち合いの観点から明確に枠組みされることが稀であるにしても、人々とコミュニティの緊急なニーズ充足への国内予算を国々がどのように割り当てるかということにそれは直接関連します。多くの政府が重要な公共サービスに融資するためまたは自然界を保護するために苦闘するますます不平等な世界で、年間1兆7千5百億ドルという世界軍事予算は世界の財源の目に余る偏った割り当てとして広く考えられています。[61] この法外な額の僅か一部を分配するだけで、極端な剥奪を防ぎ国際平和維持活動を強化することに役立つ大変大きな「平和配当」をもたらせるのです。[62] 断続する核兵器拡散および既存の軍備縮小プログラムの行き詰まりを考慮すると、軍事予算の再分配はまた破壊的核戦争を回避する人類の未来を保護するための緊急優先事項でもあるのです。[63] しかしながら、2008年のグローバル経済危機と多国での緊縮財政策や財政赤字の削減のための政策実施にもかかわらず、現在政府が軍事支出を実質的に削減する意図がある兆しがまったくないのです。[64] それに対する反応として多くの活動家および運動家は、核兵器廃絶、国際武器貿易廃止、そして緊急な社会的・環境的目標に融資するため軍事費を再分配する正当性を効果的に論議しています。[65]

平和的共存を促進する

経済的分かち合いの慢性的欠如が多くの国で不公正、社会的混乱だけでなくテロリズムの根源にさえなっていることは、分かち合いの原理が根本的に既存の平和運動や反戦イニシアティブの多くに直接関係することを示しています。これは例えば、戦争で引き裂かれた地域の土地および水源を分かち合うことへの公正な合意が無い限り解決されないだろうパレチナ領土の違法な長期的侵略の事実において明らかです。[66] 同じように、資源を分かち合うよりむしろ支配するという動機が、民兵によって駆り立てられているにしても、あるいは自然資源への排他的アクセスを得ようとする大国によって拍車をかけられいるにしても、2003年のイラク侵略において明白であったように、他の多くの局部的・地域的紛争の基盤となっています。[67] 別の視点から、紛争緩和および防止のための国際的イニシアティブはしばしば分かち合いの原理を具現化しています。例えば、水など国境を越えた共有資源の管理のための取り決めを通して、[68] あるいは、国連の平和維持の任務を強化することへの共通の責任を国際社会が担う努力を通してなどです。[69] 一連の複雑な文化的、経済的および政治的問題が世界で多くの内部紛争の下地となっているにしても、平和活動家および運動家にとって、国家間の公平な資源の分かち合いのためのグローバル・コールを強化することに対する明らかに揺るぎない理由があります。

参加型民主主義

分かち合いの原理は経済領域に関係するだけでなく、国内および国家間でどのように効果的に政権が分かち合われるかということにも関係します。民主主義(democracy)は、古典ギリシャ語の人々(demos)力(kratos)を意味する古典ギリシャ語にあるように、「人々による統治」を意味するといまだ一般的に考えられています。しかし今日私たちは、自分たちに最も密接に影響をおよぼす決定過程に参加する社会の構築からは程遠く、それは政治家クラスおよび現在の政府の制度への大衆の不満の高まりの原因となっています。

殆どの国で地域的、地方自治体および地元レベルから吸い上げられ少数の政治エリートの手中にますます中央集権化されたパワーは、公衆に真の社会参加を投票以外なにひとつ残しません。民主主義的であるはずの業績を良いように操作できる少数派の富裕者クラスによって生産的資源が支配されるところの高度に資本主義化された社会に私たちは住んでいます。広く行き渡った「強い市場/弱い民主主義」モデルのもと、個人資産の権利はコミュニティの共同権利を支配し、国民主権は富および権力の巨大な不平等によって犠牲にされています。[70]  集団のための民主主義的選択の制約を持って、社会の規則は、社会の人々の間の相互関係と結束を弱体化する一方、市場的解決策や企業利益を必然的に優遇します。

企業株主および政治エリートから意思決定力を移行するための最良の方法に関する活気ある討議において共通の出発点があります:真の民主主義への道はより大きな平等および活発な市民参加に依存するということです。[71] 別の言い方をすると、社会全体で資源がもっと平等に分かち合われ、国民が政治生活の方向性を形どることにおよそ平等な影響力を持たない限り、真の経済的民主主義形態はあり得ないでしょう。今日のように不平等が極端なレベルにある限り、民主主義制度の適切な機能を実現することは不可能です。[72] 従って、もっと堅固な民主主義を達成するための首尾一貫した戦略は、定着した経済勢力および利権にチャレンジし、富と経済力を下方へ再分配することを必要とします。[73] 

経済力および政治力を分かち合う必要性はまた、企業のグロバリゼーションの策略が公選された役職者の手から決定力を取り上げ国家主権を制限する国際レベルにおいて急進的意味合いを持ちます。国民国家間の権力および影響力の膨大な格差によって特徴付けられた世界制度のなかでは国際通貨基金、世界銀行および世界貿易機関のような機関は、およそ完全に公衆の民主的な圧力から守られています。グローバル経済における民間セクター(多国間企業、メガバンクおよび資本市場の投資家など)と並んで、彼らの手中への権力の集中は、政府の政策選択が、規制を越えたパワフルな経済勢力によって押さえ込まれていることを意味します。国連でさえが大国の支配によって悩まされ、権限移譲とより幅広い代表権を緊急に必要としたまま残ります。

世界中の人々が、地元レベルからグローバル・レベルに至るまで民主的意思決定において権力の分かち合いを要求するために応戦しています。これは、下方から民主的価値を見直すことにより経済自由化の計略へ挑戦をもたらしたアルテルモンディアリストを含むでしょう。他の活動家は、民主主義原理が仕事場に構築されることや国家レベルから都市、町および地元コミュニティへと政治力が委譲される必要性に集中しています。そして、生活、土地および資源に自治権の返還を要求する人々が参加する無数の「新民主主義」イニシアティブが存在します。これらすべての要求の中心となるのは、経済的不平等、すなわち政治的不平等をなくし、全国民の間での権力の分かち合いを制度化する長期的社会変革をもたらす必要性です。
 

頽廃との戦い

政治力および富が国民の間で公平に分かち合われるより平等で自由な民主的社会を構築するためには頽廃との戦いが不可欠なことは明らかです。これは、泥棒政治の統治者が多数派を犠牲にしてさらなる富と権力を溜め込み続けること求めると同時に、経済的・社会的問題がしばしば無視される腐敗した統制に対する大衆抗議デモに最も顕著に当てはまります。特に、中東のアラブの春など現代における多くの市民先導の蜂起で目撃されたように、抗議者からの基本的要求は、規則に基づいた民主主義であり、権力の極端な不平等をなくすことです。しかしながら、基本的サービス遂行における退廃と戦うための多種多様な取り組みおよびイニシアティブはまた、公金が、汚職政治家、ビジネスおよび彼らの代理人の手中に転ずる代わりに、社会全体で効果的に分かち合われるよう政府が公益のために取り組むことを保証するための基盤となります。これは富裕国および貧困国双方の世界的懸念であると同時に、圧倒的に貧困者を苦しめていることを証拠が明らかにしています。[74] OpenSecrets.orgなどのグループが明らかにしているように、キャンペーナーと活動家が懸念するもう一つの重要な領域は、お金のパワーの最大化、民主主義のパワーの縮小、そして最終的に特権および不平等に基づいた現状維持の永続を促進する政治から汚いお金を取り除くことです。[75]

地域ガバナンスとグローバルガバナンスを民主化する

私たちが直面する問題の原因および可能な解決策双方が国際的なグローバル化された経済の時代において、グローバルガバナンス制度におけるより民主的な政治力の分かち合いを要求するイニシアティブの噴出を私たちは目撃しています。グローバル正義運動家の多くは、企業と富裕国の利益を促進し不平等で分割された世界の統制を永続させていると広く考えられている、いわゆる「三大悪徳組織」または「三大冷酷非道組織」、すなわち国際通貨基金、世界銀行および世界貿易機関の勢力に挑んでいます。特に、大国に支配される非民主的ガバナンスの構造が主として批判されています。[76] 経済情勢において世界の市民社会組織の役割は無用なものとして扱われ、「世界の多数派の国々のための多国間の声」としてその可能性を達成することから程遠い国連の再生と民主化をもまた提唱しています。[77] さらに、国民国家を超えて民主主義を拡大するための無数の構想のうち、キャンペーナーの多くは、地域レベルにおいて企業が政策決定を獲得することを防止する必要に焦点を合わせており、それは銀行や大企業のロビー活動の過度の影響に支配さる欧州連合内で最も目立っています。[78] これらすべての様々なイニシアティブが認識するように、経済システムが公益のための政策立案を弱体化する強力な利権から恩義を受けている限り、私たちは真の民主主義を地域またはグローバルレベルで決して実現できないでしょう。

新たな民主主義イニシアティブ

すべての国家および企業組織の経済力および政治力の集中に直接反対している、近年出現した「新たな民主主義」イニシアティブの多くは具体的に分かち合いの原理に基づいています。これらの多様なイニシアティブの多くが自己組織および権力分担に基づき、威圧的な中央当局の必要性を最小限に抑える民主主義技能の新形態を生みだしています。また多くの人々は、政治的表現および直接民主主義の新形態を試みています。例えば、ブラジルの参加型予算編成プロセスは、政府の支出の優先項目を定めるために多数の地元人を必要とします。[79] 近年、オリゾンタリスト運動はまた、オキュパイ運動、15Mや他によって導入された総会において顕著に表現されるように、徹底的に権力を分権化し意思決定を監督する方法をもまた実際に試しています。[80] Avaazから38 Degrees に至るまでインターネットを活用しての取り組みでさえ、政治に参加する新方法を提供することにより民主主義を強化し、ネット署名や直接的行動を通してさらに公平な革新的社会をもたらすための取り組みを狙いとます。[81] 特に、協同組合ムーブメントのような仕事場における民主主義の制度化を求めるなどこれらの民主主義的イニシアティブのすべてが厳密に言って「新しい」わけではありません。[82] しかしそのすべては、当事者によって意思決定されるべきという基本原則をなんらかの形で促進しており、最大限の分権化、参加および大衆のエンパワーメントを通して極端な権力の不平等を覆すことを求めています。

多争点型運動

多くのイニシアティブやグループの試みは地元・地域・グローバルレベルで問題の巨大な発生原因に取り組んでいます。従って、どのような単一争点や目標の観点からであっても彼らの活動を想像するのは不可能です。これらの完全に異なるそしてしばしば相互連結する運動は多くの場合斬新な変革の最前線にあり、そして典型的に彼らはより持続可能、公平および民主主義的未来のヴィジョンを受け入れています。従って、世界中で多数の方法を通して表現されている、富、権力および資源の分かち合いへの多様な要求に彼らは全員暗黙かつ明確、そして直接的に繋がっています。

例えばコモンズは、共有の地球資源を協力的に保護することの必要性の観点から、- 持続不可能な成長から拡大する不平等に至るまで - 急速に、すべての最も差し迫ったこの時代の問題を組み立てる学者や活動家の良く知られたグローバル・ムーブメントになっています。異なった国々における新経済運動は、さらに平等で自己決定的、そして柔軟性のある社会への道を整えることのできる代替的アイデア、制度およびイニシアティブをもまた同様に開拓しています。下記に概要が述べられているように、万人の基本的権利と自由がいつか普遍的に実現されるためには、国内および国家間で政治権力と物資が分かち合われねばならないことを急成長する人権運動もまた同様に認めています。恐らく最も顕著なのは、緊縮政策、拡大する貧困および大量失業の真っ只中の大規模な人々の運動が自発的に形成されており、そして彼らの多くがより公平で持続可能な世界 - 最終的に私益ではなく人々の繁栄と環境に仕えるグローバル経済システムに支えられた - への壮大な展望を支持しています。
 

これらの極端に異なりかつ密接に連結した運動を分類することは、それらの多くが厳密な分類分けを撥ねつけ様々なプラットフォームと重複するため必然的に不可能です。特に新経済運動は多くの場合、ありとあらゆる革新的な課題を支持し、より平等かつ平和的に自然界の制約内で生活することをお互いに促進できる新発展パラダイムを指し示しています。これらの分野における学者や活動家の多くは、例えばまた、コモンズのパラダイムや人権の枠組みとも一体感を持ち、そして下記の彼らの取り組みの一般カテゴリーの一つに基づいた分類分けに異議を唱えるかもしれません。さらに、市民誘導の抗議デモ運動に参加する善意の一般人は、どのような特定のレッテル、理念またはカテゴリーとも共感しないかもしれません。

従って、革新的運動のこれらの様々な分類分けの概要を述べる目的は、彼らの活動を区分しようとするためでなく、むしろ彼らが多争点に基づき分かち合いの原理をどのように具現化または支持するかを非常に幅広い意味で明示するためです。未来の世代と世界の大多数が不正、持続不可能、非民主主義的および紛争を生む経済秩序を押し付けられる一方、世界の人口の少数派が貧困と不安定を回避するところの、現在の財源分配に彼ら全員が反対しています。


国内および国家間の不平等の削減、基本的人権の支持、企業および統制機関内の権力の分配の観点からであろうと、または人間と自然の間のバランスと調和の確立の観点からであろうと、公平性への要求はこれらの異なる運動を繋ぐ遠大なテーマです。社会のなかで私たちがどのように集団決定をするかについての指針として公正さを要求するなかで、分かち合いの必要性は黙示的に代替的な発展の道、参加型および包括的な統制構造、ならびに政治経済変革をもたらすことの中心として考えられています。

 

コモンズ・ムーブメント

コモンズはしばしば一般的に土地や自然資源の関連から理解されていますが、事実それは分かち合いのレンズを通しておよそすべての革新的課題に関連する遠大な概念です。その多くの支持者が証言するように、コモンズは私たちが分かち合うすべてを包括し、森や川から知識、文化的伝統、遺伝子プール、そして医療、教育、インフラストラクチャーのような公共サービスにおよぶまで、私たち全員に属する社会および自然のなかのすべてを意味します。[83] しかしながらコモンズは概念以上のもので、そのすべての形態を保護し促進することに取り組む世界中の人々の急成長するムーブメントをまたそれは象徴しています。これは共有資源の商業化との断続する苦闘、公共空間の返還要求および環境保護の協力的活動に関係するかもしれません。[84] また、ピアツーピアや共同生産などの代替的構造機構をどのように日常生活の全側面に適応するかについての新たな考えや研究も必要とされるかもしれません。[85] さらに例えば、不平等削減、環境修復および社会福利増進など、コモンズを基盤とした社会の方向におけるパラダイム転換を提供する新たな論議として近年コモンズは再び出現しました。[86] このようにして「コモナー」は完全に異なるように見える問題を集め、共有権、協力および責任ある管理を通して共益を支持する新たな種類のグローバル・ムーブメントに従事する市民を結びつけることを狙いとします。[87]
 

新経済運動

社会、経済、環境正義を促進する盛んな新経済運動の一部として考慮される多くの機関、グループおよび個人が世界中に点在します。これは、21世紀の相互連結した経済的、環境的、エネルギー危機に取り組み、政府から連携した包括的行動を要求する新しい経済的思考や政策提言を必要とするかもしれません。[88] あるいは他に、協働や時間貯蓄から地域通貨、コミュニティ・バンキング、コミュニティ・エネルギー、共同消費およびコミュニティが支持する農業に至るまですべてを包括するだろう、主に地元および国内レベルの新経済の特定部分の構築や参加に焦点を合わせた人々の開拓的取り組みを必要とするかもしれません。特に、分かち合いの価値観および倫理に真に同調する生活協同組合、非営利団体、社会的企業などの新ビジネスモデルはまた、この斬新な変革のための遠大なムーブメントの重要な部分です。[89] これらすべてアイデアやイニシアティブは、政治経済システムのなかの富と権力の集中、そして資源のより公平な分配に基づいた根本的変革への必要性を認識することによって、分かち合いの原理を異なった方法で具現化します。その多くはまた、持続不可能な経済成長の問題にも対処し、制約のある世界の生態学的バランスおよび社会的公平性への目標を達成できる新しいマクロ経済政策を提案しています。[90]

人権運動

様々な社会的、政治的、そして環境的問題さえが「権利を基盤」のもと取り組まれるよう圧力をかける何千何万という無政府組織(NGOs)が世界中に点在します。根本的意味でこれらの様々な団体は、1993年の世界人権会議において再確認されたすべてのテーマ - 平和、正義、平等、持続可能性、民主主義を促進する国際秩序の展望を支持することによって分かち合いの目標を受け入れています。[91] ここ数十年昔まで市民権と政権が公衆の論議や人権団体の懸念を支配していました。それは人種、性別、性的志向に関係なく、本質的に、社会全体を通して真の平等と政権の分かち合いの必要性に集中していました。しかしながら、拡大する貧困、極端な不平等、そして長期にわたって合意されてきた、適切な生活水準への万人の基本的権利を保護することに社会政策が広範に失敗してきたため、現在NGOは社会的・経済的権利に大きく集中しています。[92] しばしば食糧、医薬品、医療、住居およびその他の問題のための市民社会キャンペーンは、富、権力、資源のより公平な分かち合いを保証する必要性に基づいています。[93] 満たされない人権の危機が芳しくないグローバル化された経済勢力によって悪化していることを認識した人々中心のイニシアティブの多くはまた、強力な利権に挑戦し国境を越えて人権への義務を促進することを狙いとます。[94]

人々の運動

世界で市民社会組織や活動的一般市民によって先導された革新的運動は多くは最も包括的で活力的、そして広範囲におよびます。特にグローバル正義運動と漠然と呼ばれるものは世界中で富、権力、資源のより公平な分配を促進し、そしてグローバル・ノースおよびサウスの活動家の間の多国間の結束に基づいてしばしば動員される無数の個人と団体から成ります。[95] 世界中で多くの先住民、農民、スラム住人、そして土地を所有する労働者の運動もまた変革のための強力な国際的勢力として考慮でき、実に彼らの多くが社会的に公平で生態学的に持続可能なグローバル社会の幅広い展望を受け入れています。[96] 同じように、全国および国際労働組合運動は長期にわたって社会的結束や経済正義の効果的主唱者となっており、政治だけでなく市民社会内で著しい影響力を振るい続けています。[97]  近年、分かち合いへの暗黙の要求はまた、殆どの国々で噴出している指導者をもたない、多くの場合自発的な抗議デモのなかでも同様に表現されています。ウォール街からゲジ公園、そしてプエルタ・デル・ソルに至るまでこれらの大衆蜂起のすべては富と所得の膨大な格差を生んだ経済システムに対する嫌悪によって繋がっています。[98] 政府が古い経済秩序を復活させる試みを続けると同時に、最低必需品と尊厳ある生活を万人に保証するより良い世界を何百万人という人々がますます要求しています

パートlll:分かち合いをなぜ私たちの目標として促進すべきか

上記のセクションは活動家、キャンペーナーおよび革新的思想家が長い間どのように経済的分かち合いの変革的根本形態を要求してきたかを明らかにしています。彼らの差し迫った要求および提案のすべては常に正義、持続可能性、民主主義、世界平和のための市民先導の要求の基盤である社会のより大きな分かち合いへの必要性に、直接的または間接的に関係しています。しかしながらこの集団的声はお互いに異種でまとまりがなく、そして私たちは世界修復および再生への同調した要求を通し国境を越え市民を結束させるための包括的な多争点プラットフォームがいまだ欠けています。これは、市民社会組織や活動的市民が分かち合いへの共通目標を基盤とし、そして斬新な変革のための結束したグローバル・ムーブメントの創造において役割を演じるための偉大なチャレンジと機会を開きます。

この報告書が論議するように、富、権力および資源のより公平な分かち合いへの集団的要求以外に世界の人々を統一する可能性を持つ共通目標はありません。異なった国々の個人や組織がより具体的方法で彼らの取り組みを同調させない限り(そのプロセスは既に進行中です)、既得権益や業務平常通りを維持する定着した構造を乗り越えることは不可能なままです。社会的、経済的、生態学的崩壊という最終的展望に私たちが直面している間は、社会の再構築や21世紀の多数の危機への取り組みへの基礎的指針として分かち合いの原理を支持する、広範囲に渡るグローバル・ムーブメントを確立することへのこれ以上大きな緊急性はないでしょう。最終的にこれは、全世界のニーズに基づき基本的な人間的、生態学的価値観によって先導された経済改革に影響を与えるという、私たちの最大の希望を象徴するかもしれません。

私たちの既存の取り組みや活動へのフォーカスはさておき、分かち合いへのこの浮上する要求に参加しこれを強化することがなぜ道理にかなっているのかという多くの付加的理由があります。そのいくつかを以下にまとめました。

分かち合いへの要求は多様性のなかの統一を象徴する

今日多くの人々は、単一争点プラットフォームのみに基づくのでなくむしろ全経済システムを支える不正および持続不可能性の根本原因を包括する連結した強力な市民運動の必要性を認めています。[99] 草の根団体や確立された組織は共通目標を強調する実際的な連合を築くために常に活動し、すべての問題は繋がっているのだという現実を反映する世界問題への長期の体系的解決策に集中しています。そのような試みと活動のなかで分かち合いの原理を提唱する偉大な可能性があります。古くからの倫理にしても大衆のミームにしても、分かち合いは革新的な運動家の取り組みを繋ぐだけでなく、グローバル市民社会の「多様性のなかの結束」を代表する活動家のための包括的結集プラットフォームの提供をも促進します。

さらに、このレポートが明確にしようとしているように、包括的な新目標のために私たちの現在のフォーカスやキャンペーンの優先項目を捨て去ることを分かち合いのためのアドボカシーは要求しません。それとは反対に、私たちが共に直面する危機をより深く分析し、私たちが共通目標と展望を既にどのように受け入れているかを理解することに役立ち、それによって行動および変革のための膨大な世界的ムーブメントの形成を促進するかもしれません。

分かち合いの人間的価値を皆が理解します

分かち合いは家庭環境から始まります。家族と社会的関係のなかで表現される思いやり、相互尊重および寛大さの人間的価値を皆が理解します。人間の協力および分かち合いへの自然な傾向を証明する豊かな証拠にもかかわらず、主流の経済学者と政治家は、人は本質的に自己中心的で競争心が強く貪欲だという仮説にいまだ集中しています。しかしながら最近の分かち合いの理論が示唆するように、現代社会における分かち合いの歴史的衰えは、消費者資本主義の発達そしてその結果としての個人主義文化の促進に関連しています。[100] この増大する文献は、最近の歴史において優勢な政治的・経済的構造を支え、人類の進化と発展の意味を根本的に再評価する必要性を指し示すホモエコノミクスのモデルに直接的に挑戦します。[101]

手短に言うと、日常生活のなかで分かち合いの原理とキャンペーン活動を支持することによって私たちは、人間の本質への時代遅れの見解に基づく不当な経済秩序の価値観とは本質的に反対の立場をとります。そうするなかで代替的経済システム構築への道を示します - それは最も高い理念を反映した普遍的価値観と倫理に基づいています。

既に高まりつつある分かち合いへの要求

この基本的要求が世界中で既に高まりつつあるという認識ほど分かち合いへの目標を受け入れる良い理由があるでしょうか。このレポートは、キャンペーン活動や行動主義の異なった分野で暗黙に表現されている分かち合いへの要求の多くを概説しています。例えば、間接的な経済的分かち合いへの要求は、緊縮財政措置の代替策;再分配的政策および租税正義による富と所得のより公平な分配;参加型民主義および共同の政治的デモ;自然資源の分かち合いと管理;そして共有の公共空間およびコモンズの非囲い込みのための広範な動員のなかで具現化されています。同時に、資源の分かち合いを通して政府が不可欠な役割を果たすことを要求するために、無数の人々が街頭に繰りだしています。例えば、政府の支出の正当な優先順位付けを呼びかけた2013年の「ブラジルの春」などです。[102]

さらに、彼らの活動の環境的・社会的・経済的インパクトに対して意識的で、お互いに繋がり私たちが直面する多くの危機に対して彼ら自身の解決策を構築したいと望む人々によって促進された、今のところ非政治的な無声の分かち合いのムーブメントがあります。[103] 革新主義者が自分たちのコミュニティ内だけでなく国内およびグローバルレベルで分かち合いの斬新な可能性を実現し始めている多くの兆候さえあります。[104] 明らかに、危機的な世界問題の解決策として経済的分かち合いの必要性への意識を高める時がきています。その公衆の意識を、政府の決定に影響を与えることを狙った大衆の草の根運動に変換することによって、私たちの手中にあるパワーを皆で認識できるでしょうか。

分かち合いへのグローバル・コールは急進的意味合いをもちます

分かち合いは皆が理解し自然に営んでいるシンプルな人間的プロセスかもしれませんが、この普遍的な原理を世界情勢に融合することは、現在の経済的・政治的取り決めにとって国内および国際レベルで急進的意味合いをもちます。多くの意味で、持続可能で公平な資源の分配を保証する必要に基づいた経済的アプローチの対極にある、グローバル・ノースおよびサウス双方において政策論議を支配し続ける経済への非常にイデオロギー的アプローチの影響を詳しく検討する時、これは明らかです。過去数十年間にわたりさらなる勢いをもって、およそすべての政府が、大規模な企業活動、負債に煽られた経済、世界貿易の縮小された障壁および国家間の資本の流れ増大を支持する政策を追求してきました。その結果、国家間の貿易は、国益、激しい競争、ならびに多国籍企業および大部分透明性のないグローバル機関へと経済パワーを転移したビジネスに対する「優勝劣敗」的態度に基づいたままです。

同時に、公衆やメディアの討論のパラメーターを設定し続ける仮説 - 市場および利益優先を当然とする新たな「常識」によって平等主義価値観、再分配および人権に基づいた以前の経済的理念はおき換えられています。[105] 世界資源を巡って競争するより分かち合うことをこのように政府に提唱することは、世間知らずまたはユートピア的要求ではなく、経済的利己主義、横行する商業化および完全に物資主義的目標に基づいた現状へのおよそ革命的チャレンジです。

確かに、分かち合いの原理に反する何十年もの政策決定と制度的取り決めを覆すことはこの時代の最も膨大なチャレンジの一つです。この先の課題の膨大さを考慮すると、現場での実際的代替策の産出、新たな提案およびイニシアティブの創造、そして機会あるごとに政策立案に影響を与えることにより分かち合いのへの共通目標を認識しその周りで結束することは私たち次第です。幅広い領域の市民社会が認識し証明するように、必要な社会変革を政府に任せることは十分ではありません。地元レベルからグローバルレベルへとこのレポートに概説される多様な分かち合いの形態のすべてをまた、拡大し強化せねばなりません。分かち合いの原理への支持が全世界で急速に拡大し続けると同時に、それはさらに公正で均等の取れた平和な未来を共同で構築することへの鍵を究極的に握るかもしれません。

 

提案

このレポートは、分かち合いのグローバル・ムーブメントが多くの場合表現されていないか異なった形態でありながらも既に存在することを認識することが、市民社会組織、革新的キャンペーナーや従事する市民にとってなぜ重要かを明らかにすることを試みています。私たちの共通目標として分かち合いを促進することに正当性があるなら、私たち皆が、同じ価値観とより広い懸念をもつこの出現する世界的ムーブメントの一部であることを認識するようやむなくさせられます。この認識に基づき、世界規模で結束した包括的分かち合いムーブメントの構築のなかで私たちがどのように役割を担えるかということについて下記でさらに提案します。

1.分かち合いのメッセージをアドボカシーおよびキャンペーン活動に融合させる

全世界で多様な分かち合いの形態を拡大する必要があるという認識に基づき、私たち個人にとっての分かち合いの意味を問題の取り組みに関連して探求することは重要です。これは、適切な時にはいつでも分かち合いのメッセージを私たちのキャンペーンと行動主義に融合できるようにします。従って私たち皆が、正義、持続可能性、平和および民主主義の観点から社会におけるより大きな分かち合いへの必要性の周りに、民間に普及した説得力のある骨組みを構築することを促進できます。[106] このレポートで概説される、鍵となる4つの論題に関連して、導入でき創造的に使用できる価値ある「ミーム」としてもまた役立つ分かち合いに基づいた様々な革新的試みをどのように組み立てるかについての例となるアイデアを幾つか紹介します:

「反(アンチ)」でなく分かち合いを:緊縮財政策、貧困または資本主義自体に「対抗」する代わりに、社会正義運動家は国家の富、権力および財源のより公平な分かち合いを要求できます。これは、回避可能な貧困と剥奪からお互いを守るために国家として私たちが所有するものを分かち合わねばならないという認識を含みます。勿論、このメッセージへの鍵は、革新的租税および不可欠な公共サービスの提供を通して富と収入を再分配するための効果的なシステムを政府が構築/維持する必要性です。多くの運動団体が既に認識するように、最重要な確立された分かち合いのシステムの肝心な部分である、租税の公平な分担を企業が支払う必要性の観点からイニシアティブを組み立てなおす多くの余地をまた反緊縮財政運動家はもちます。[107]

地球を分かち合う:環境的および持続可能性問題に関連して、気候変動会議の行き詰まりを解決する鍵として分かち合いの原理が市民社会組織やキャンペーナーによって既にどれだけ十分に話し合われているかということ、そして「公平な分担」の概念がより幅広い環境的懸念としてしばしば促進されていることが上記に概説されています。しかし特に、「環境空間」へのアクセスにおける公平性の概念が主流の一般討論から大部分欠落しているために、分かち合いに関するメッセージングが全タイプの環境運動に融合される余地がまだ沢山あります。[108] 同じように、地球を分かち合うというアイデアは、「一つの惑星生活」の概念を反映するよりコミュニティベースの試みおよびイニシアティブのための枠組みとして導入できます。

分かち合いを通しての平和:平和問題は一見して分かち合いの原理に直接関係していると考えられませんが、分かち合いのメッセージが実際にキャンペーンに組み込まれ得る多くの方法があります。戦争ビジネス廃止に関するセクションで概説されるように、巨大な軍事予算を差し迫った公共財および社会的ニーズに政府が新たに割り当てたり「分かち合う」ことは不可欠です。グローバル・コモンズを守るための既存のキャンペーンでさえ、北極周辺の地域で競う国家間の軍事活動の激化を防ぐ努力を通してなど、政府が資源を分かち合い保存する必要に基づき組み立てることが可能です。[109] 確かに、国家間の経済的分かち合いの欠如自体がしばしば地政学的緊張の原因です。この議論をさらに充実させこの論題を基盤とし、そしてそのようなメッセージを彼らの活動に融合させる多くの可能性を平和運動家はもちます。

権力を分かち合う:民主主義は分かち合いの原理に容易に適応可能でない問題のようにも見えるかもしれませんが、上記のこの論題に関するセクションで強調されるように、権力の分かち合いは地元、国内および世界レベルの民主的決定過程に絶対に必要です。そして、より公平な社会ならびに富および財源の公正な分かち合いなくして真の民主主義はあり得ません。そしてそれは、このメッセージを様々な活動に導入し組み立てるための民主主義の活動家にとっての全オプションを開けるはずです。

2.分かち合いのための共同プラットフォームでの動員

共同プロセスを通して人々の効果的なムーブメントを築くことは議論の余地はあるにしても市民社会運動の聖杯であり、実際にそれを大規模で達成することは極度に難しいでしょう。[110] しかし、不平等、世界紛争および環境破壊の危機がさらに現実化し差し迫るにつれ、繋がりをもたないまま残るかもしれない明確に異なるいくつかのキャンペーン問題を結束させる分かち合いのための共同プラットフォームで斬新な変革を起こすために動員する多くの余地を個人や団体に残します:

分かち合いの経済ムーブメントの政治化:急速に拡大する分かち合いの経済ムーブメントは、環境運動家、新経済ムーブメントだけでなく反貧困キャンペーナーとも勢力を合わせる可能性のある重要な機会をもちます。新自由主義的資本主義の物質主義的/個人主義的仮説に挑戦するカウンターカルチャー運動として活動するピアツーピアの分かち合いの可能性を既に環境運動家が認識している兆候があります。[111] しかし、分かち合い経済の支持者は個人的レベルおよびコミュニティレベルを超え活動のフォーカスを広げ、社会的・生態学的問題へのより完全な解決策を提供する他の不可欠な経済的分かち合いの形態を認めることができるでしょうか。[112] もしそれが可能なら、この既に確立された分かち合いムーブメントは、経済的分かち合いに基づき進歩的改革のための多様な争点を含む共同プラットフォームを開拓するという秀でた役割を担うことができます。

分かち合いの社会のための新たな同盟:市民社会連合に関連した十分に認識された歴史上の問題にもかかわらず、議論の余地はあるにしても、斬新な形態的変革への要求のなかで革新的組織とキャンペーン団体が結束する緊急の必要性があります。特に、分かち合いの社会への共通の要求を通して新同盟をもたらす可能性のある異なった国々のなかで、経済的不正義に集中する多種多様な団体やイニシアティブが存在します。[113] これは例えば、租税正義運動家、反緊縮運動家、反貧困チャリティ、金融取引税の擁護者、労働組合および革新的な宗教団体の共同プラットフォームを必要とするかもしれません。様々な確立された非政府組織の間で合意されている経済的分かち合いの論題に沿った共通の政策議題を想像することは理想的かもしれませんが、もっと小規模の提携がこの基本的論題のもと創造的方法で迅速に形成され動員され得ます。

世界の自然資源のより公平な分かち合いのために動員する:「より公平な分担」の概念をキャンペーン・メッセージに融合させる機会についての上記の点に加え、政策討論に影響を与える試みのなかで、この論題を共に促進する市民社会組織の共同プラットフォームを想像することさえ可能です。気候変動交渉や持続可能な開発問題に関して公平な分担のための異なった議題を形成するなかで、そのようなキャンペーン・イニシアティブは膨大な数の環境団体および運動家の取り組みを結びつけることが可能です。多くのNGOが既にこの論題に取り組み始めていると同時に、世界の自然資源をさらに公平にそして持続的に分かち合う必要性の周りに直接的に組み立てられた国際運動の構築を考慮するための時は恐らく熟しています。内部紛争を緩和する手段として自然資源を分かち合う追加的義務を考慮すると、全世界で数多くの平和運動家と反戦運動を関与させるキャンペーンの可能性もあります。

公衆のデモンストレーションで分かち合いへの声を上げる:このレポートの多数争点運動についてのセクションで触れたように、分かち合いへの暗黙の要求は、殆どの国で自発的に噴出している多くの大衆動員のなかで既に表現されています。例えば、国民主導のデモは多くの場合、例えその要求が暗黙的または間接的に表現されているだけであろうと、政府の収入のより公平な分かち合いを共益のために呼びかけています。それにもかかわらず、「反」および反発的抗議デモの立場を超えた、より幅広い公衆の動員および参加を促進できるどのような大衆蜂起における分かち合いへの共通目標をも顕著に受け入れる多くの利点があるのです。少なくともそのような分かち合いへの要求には、スローガン、旗および公衆の意識を高めるための活動を通して創造的に携わることにより公衆およびメディアの注目を引きつけ共感と支持を集めます。

国民主導やコミュニティ基盤のイニシアティブが、共通目標として分かち合いを異なった方法で導入し他のムーブメントと繋がったり、またはそのような旗やスローガンの下より大きなキャンペーンを構築できる他の多くの可能性があります。定義上、この性質のどのような実験的試みも単一争点の隔離を超え、既に行われている他の多種多様なイニシアティブと同調し、国内および国家間での富、権力および資源の公正な分かち合いへの包括的要求に基づき多様な課題を活発に結びつけることをすべてのグループに要求するでしょう。

3.STWRの分かち合いへのグローバル・コールに署名し促進する

疑いなく、もし分かち合いの原理が社会正義、環境管理、参加型民主主義または平和的共存などどのような議題にも不可欠なものとして理解されるためには、一般討議の劇的転換が必要です。このレポートは、多くの異なった状況のなかでどのように分かち合いの概念が既に広く話し合われており、そしてこの包括的要求の一面に関係する目標に向かって長期間取り組んできた数多くの団体がどのように存在するかを明らかにします。もしあなたが共通目標として分かち合いを受け入れるグローバル市民ムーブメントをもたらす必要性に同意するなら、下記のキャンペーン声明に署名し促進してください。グローバル・コールに参加することによって、どのような個人でも組織もがこの出現する論題とビジョンを進展させるための影響をもち、経済的・政治的観点から分かち合いの重要性について公衆の意識とより広い討議の口火を切ることができるのです。

キャンペーンに参加しよう

上記のセクションで概説されるように、分かち合いの原理は既に社会正義、環境管理、参加型民主主義および世界平和への多様な要求の中心です。暗黙の表現であろうと明確な表現であろうと、これらの要求のすべてが、コミュニティレベルから国際レベルに至るまで社会全体を通して富、権力および資源をより公平に分かち合う必要性に関係します。

このレポートの発表と合わせ、シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(STWR)は市民と革新的団体が共通目標として分かち合いを明確に認め受け入れることを促進するために下記の声明への署名を開始しました。これは、多様な形態の分かち合いへの出現する要求に基づき、全世界で市民を結ぶ役割を分かち合いへの要求が担う可能性を促進するSTWRの最初の試みを象徴します。声明への署名およびこのレポートは、国内および国家間の経済的分かち合いのすべての真の形態を強化し拡大する必要性について一般人の討議を刺激することを狙った「分かち合いへのグローバル・コール」という断続するキャンペーンの一部です。

キャンペーン声明はすべての個人とオーガニゼーションによって支持していただけます。キャンペーン、私たちの取り組みまたは声明への署名についての詳細は以下をクリックしてください:https://www.sharing.org/ja/global-call/wakachiai-no-tame-no-global-call-...

分かち合いのためのグローバル・コール

全人類の共通利益を支持する地球市民として、そして組織として、私たちは以下のことを認識します:

分かち合いは私たち人間が持って生まれた資質です

家族とコミュニティー生活のなかで分かち合いを実践することが必要不可欠ながらも、貪欲、利己主義、そして唯物論的価値観をますます促進する社会を私たちは築いてきました。今、統一した平等な世界をつくる時がきています − 人間であることの本当の意味を反映し支持する世界をつくる時が。

世界危機の根本的原因は私たちが分かち合えないことにあります

私たちが分かち合えない悲惨な結果が世界中で見られます。富裕層と貧困層の間の広がる格差、地球の限りある資源の乱用と浪費、そして激しい競争と国家の我利私欲によって駆り立てられた終わりのない紛争に私たちはこれ以上耐えることができません。

分かち合いはより良い世界をつくるための鍵です

政治経済体制を分かち合いの原理と同調させることにより緊急に改革する必要があります。国内および国家間双方での資源のより平等な分配なくして公正で持続可能な未来を構築することはできないでしょう。

分かち合いへの要求は世界的に高まっています

政府が依然として「業務平常通り」を続行すると同時に、一般市民はかつてないスケールで分かち合いと正義を呼びかけています。さらに何百万ものより多くの人々が変革支持者として先頭に立つことが必要不可欠です − 地球と未来世代の健康と福利はこの世界意識の転換にかかっています。

分かち合いは私たち皆をひとつに結ぶ共通目標です

現在、かつてないほど分かち合いへの呼びかけは社会正義、環境管理、真の民主主義、そして世界平和に務めるすべての人々の要求の中心となっています。分かち合いの多様な形態のすべてを要求する市民と団体の世界的運動を通して私たちの努力を共に結びつけることが可能です。

この声明に署名するにあたり、この分裂した世界のなかで分かち合いの真の形態のすべてを強化、拡大することの根本的重要さに私たちは賛同します。よって、出現する分かち合いへの世界的呼びかけに加勢し、あらゆる機会にこの重要な議論に参加することを約束します。


私たちの活動をご支援ください

皆さんの支援なくして私たちの取り組みは不可能です。STWRの資金は個人寄付を通して供給され、政府や他の機関から資金を受けず、いかなる政党や企業とも提携していません。

私たちはチャリティーとして登録されておらず全資金供給は無制約でなされるため、世界的問題の取り組みにおいて明確に政治的立場をとることができ、限られた収入を直接リサーチとアドボカシーに向けることができます。

多くの革新的組織にとっての現状と同じように、私たちのスタッフとボランティアの小チームは増大する予算の圧力に直面しています。皆さんの寄付は私たちのウエブサイトを維持し、世界危機への解決策としての分かち合いの原理ために世界正義のムーブメントにおいて支援をもたらす一方、リサーチ、執筆および取り組みを広げ続けることを可能にします。

PayPal、直接銀行振り込みまたは小切手により寄付できます。詳細については、寄付のページをご覧くださるか、メールでお願いします info@sharing.org

STWRチーム
 

注釈

[1] For an introductory perspective on the world’s multiple and converging crises, see A primer on global economic sharing, Part 2: Why nations need to share, June 2014.

[2] Nick Buxton (ed.), State of Power 2014: Exposing the Davos Class, Transnational Institute, January 2014.

[3] For an overview of this issue, see the section in the main report on environmental sustainability.

[5] See the sub-section in the main report on the commons movement.

[6] The sharing economy is further mentioned in the main report; see the sub-section on sustainable communities.

[7] See the section in the main report on global peace.

[8] See the sub-section in the main report on people’s movements.

[9] For information on the importance of values and frames in the creation of a more sustainable, equitable and democratic world, see the work of Common Cause <valuesandframes.org>; also <findingframes.org>

[10] In the UK context, for example, there has been unprecedented collaboration between a wide spectrum of civil society organisations, often with millions of members involved across the nation, but repeated problems of unity have placed a question mark on the future of such coalitions. See: John Hilary, Do NGOs Have a Future?, Arena Magazine, No. 129, April-May 2014; War on Want and the IF campaign, 25th January 2013; STWR, Put People First! campaign day, 9th September 2009.

[11] For an introductory perspective from STWR, see A primer on global economic sharing, Part 2: Why nations need to share, June 2014.

[12] Oxfam, Working for the few: Political capture and economic inequality, Briefing Paper 178, 20th January 2014.

[13] Michael Narberhaus, Civil Society Organizations: Time for Systemic Strategies, Great Transition Initiative, October 2011; Paul Raskin et al, Great Transition: The Promise and Lure of the Times Ahead, The Great Transition Initiative, 2002.

[14] Orion Kriegman, Dawn of the cosmopolitan: The hope of a global citizens movement, The Tellus Institute, 2006.

[15] Tom Crompton, Common Cause: The Case for Working with our Cultural Values, WWF-UK, September 2010; Andrew Darnton  with Martin Kirk, Finding Frames: New ways to  engage the  UK public in global poverty, Bond, January 2011.

[16] Tom Crompton, op cit.

[17] Professor Mark Lichbach writes that when more than 5 percent of the population engages in sustained, coordinated civil disobedience, few governments can remain in power whether they are a dictatorship or a democracy. See: The Rebel's Dilemma, University of Michigan Press, 1998. Quoted in: Kevin Zeese and Margaret Flowers, History Teaches That We Have the Power to Transform the Nation, Here's How, 12th June 2013, www.truth-out.org

[18] For example, see: Paul Raskin, Imagine all the People: Advancing a Global Citizens Movement, Great Transition Initiative, December 2010, <www.gtinitiative.org>; James Gustave Speth, The Bridge at the Edge of the World, Yale University Press, 2009, Chapter 10; Susan George, Global citizens movement: a new actor for a new politics, Transnational Institute, 2001; Kumi Naidoo, Boiling Point: Can citizen action save the world? Development dialogue No. 54, The Dag Hammarskjöld Foundation, July 2010; David C. Korten, Nicanor Perlas, and Vandana Shiva, Global Civil Society: The Path Ahead, Living Economies Forum, 2002; Kevin Zeese and Margaret Flowers, Rising Up! The Growing People-Powered Movement Is Showing Power, AlterNet, 9th June 2014.

[20] According to a study by Initiative for Policy Dialogue and Friedrich-Ebert-Stiftung, 488 public protests against economic injustice took place in the period 2006-2013, or 58% of total protests counted. Isabel Ortiz et al, World Protests 2006-2013, Initiative for Policy Dialogue and Friedrich-Ebert-Stiftung, New York, January 2014, p. 16.

[21] This refers to those rights that come under Article 25 of the Universal Declaration of Human Rights. See: Thomas W. Pogge, World Poverty and Human Rights, Polity, 2007, p. 97.

[22] It is notable that critiques of inequality have broadened and deepened since the Occupy protests of 2011, with a dramatic increase in news mentions of income inequality in the United States and other countries (Ruth Milkman, Stephanie Luce and Penny Lewis, Changing the subject: A bottom-up account of Occupy Wall Street in New York City, The City University of New York, 2013). By early 2014, even the World Bank and International Monetary Fund had adopted an increasingly forceful narrative on the threat of extreme global income inequality to future economic and social viability. The World Economic Forum's Global Risks 2014 report also highlighted the ongoing gap between the incomes of the richest and poorest citizens as the risk that is most likely to cause serious damage globally in the coming decade.

[23] Global Alliance for Tax Justice; <www.gatj.org>

[24] STWR, Earth rights and sharing the world, 18th January 2013. See also: Alanna Hartzok, The Earth Belongs to Everyone, The Institute for Economic Democracy Press, 2008; <www.earthsharing.ca>;<www.henrygeorgefoundation.org>; <www.earthsharing.org.au>; <www.theiu.org>

[25] Campaigns for a financial transaction tax were also initially conceived as a way to discourage excessive speculative activity in financial markets. In Europe the Robin Hood Tax campaign has now gained widespread where it is currently supported by 11 governments. For information visit <www.robinhoodtax.org.uk>

[26] For an overview of why progressive taxation and public spending is an important example of economic sharing, see STWR, Financing the Global Sharing Economy, 2012, part 1. For more information about how free public services reduce inequality, see Working for the Many: Public Services Fight Inequality, Oxfam, 2014.

[27] Although Structural Adjustment Programs (SAPs) were first introduced in the 1980s and have been widely criticized since, the IMF continues to impose austere conditions on loans to developing countries today. See Conditionally yours: An analysis of the policy conditions attached to IMF loans, Eurodad, 2014.

[28] For example, the UN Chief Executive Board for Coordination, the International Labour Organisation and the World Health Organisation support the concept of a Social Protection Floor. There are also calls from within civil society for more transformative forms of social protection to be implemented. See Francine Mestrum, Building Another World: Rethinking Social Protection, Global Social Justice, 2014.

[29] For more information about universal basic income proposals, visit <www.basicincome.org>

[30] STWR, Financing the global sharing economy, Part 3, Section 1: Tax financial speculation, October 2012.

[31] As a result of ongoing pressure from campaign groups across Europe, in January 2014 the EU agreed to introduce regulation to help stop hedge funds and banks pushing up food prices and exacerbating hunger. For more information on the European food speculation campaign visit: <www.wdm.org.uk/food-speculation>

[32] To get involved in campaigns for reforming the way money is created visit: <http://internationalmoneyreform.org>

[33] STWR, Financing the global sharing economy, Part 3, Section 9: Cancel unjust debt, October 2012.

[34] Ibid. See: Part 2: The global emergency.

[35] Ibid. See Box 13: What’s wrong with international aid?.

[36] Thomas Mc Donagh, Unfair, Unsustainable, and Under the Radar: How Corporations Use Global Investment Rules to Undermine a Sustainable Future, The Democracy Center, 2013.

[37] GRAIN, The Great Food Robbery: How Corporations Control Food, Grab Land and Destroy the Climate, Pambazuka Press, 2012.

[39] TRIPS is an acronym for the controversial international agreement on Trade Related Aspects of Intellectual Property Rights, which is administered by the World Trade Organization and widely opposed by civil society groups across the world. For an experts insight, see: Geoff Tansey and Tasmin Rajotte (eds), The Future Control of Food: A Guide to International Negotiations and Rules on Intellectual Property, Biodiversity and Food Security, Routledge, 2008.

[40] STWR, Proposing a vision of a new earth, October 2012.

[42] See the following sub-section on ‘sustainable communities’.

[43] For example, see: Alison Doig, The Rich, The Poor, and the Future of the Earth: Equity in a Constrained World, Christian Aid, April 2012; Alex Evans, Resource scarcity, fair shares and development, A WWF/Oxfam discussion paper, 2011.

[44] Kate Raworth, A safe and just space for humanity: Can we live within the doughnut? Oxfam Discussion Paper, February 2012.

[45] This debate is closely linked to the principle of ‘common but differentiated responsibilities and capabilities’, which acknowledges historical differences in the contributions of developed and developing nations to climate change, as well as differences in their capacity to reduce carbon emissions. See: Marin Khor, The Equitable Sharing of Atmospheric and Development Space, South Centre, November 2010.

[46] Professor Tim Jackson has proposed that the contraction and convergence model could also be applied to the extraction of non-renewable resources, the emission of wastes, the drawing down of groundwater and the rate of harvesting renewable resources. See: Tim Jackson, Prosperity without Growth: Economics for a Finite Planet, Routledge, 2011, see p. 174. See also: <www.capandshare.org>; < www.gci.org.uk>

[47] For example, eight countries alone control more than half the planet’s biological capacity. See: Global Footprint Network, Ecological Wealth of Nations: Earth’s biocapacity as a new framework for international cooperation, Oakland, California, April 2010. For more information about the Ecological Footprint, visit: <www.footprintnetwork.org

[48] For more information about the concept of ‘one planet living’, visit: <www.oneplanetliving.net>

[50] For example, see: <www.transitionnetwork.org>; <www.foodfirst.org>;<seedfreedom.in>

[51] See the Universal Declaration of the Rights of Mother Earth <http://pwccc.wordpress.com/programa>. According to the proposed amendment to the Rome Statute by Polly Higgins (April 2010), “Ecocide is the extensive damage to, destruction of or loss of ecosystem(s) of a given territory, whether by human agency or by other causes, to such an extent that peaceful enjoyment by the inhabitants of that territory has been or will be severely diminished.” <www.eradicatingecocide.com>

[52] Examples of international agreements that seek to protect and conserve the natural world include the Vienna Convention on the Protection of the Ozone Layer, the Rio Declaration on Environment and Development, and even the Kyoto protocol – despite its many limitations as an effective treaty to sufficiently limit global carbon emissions.

[53] Prue Taylor, The Common Heritage of Mankind: A Bold Doctrine Kept Within Strict Boundaries, in David Bollier and Silke Helfrich (eds), The Wealth of the Commons: A World Beyond Market and State, Levellers Press, 2013.

[54] J. W. Smith, The World's Wasted Wealth 2: Save Our Wealth, Save Our Environment, Institute for Economic Democracy, 1994.

[56] At the time of writing, Greenpeace’s ‘Save the Arctic’ campaign already has the support of around six million citizens across the world. See: <www.savethearctic.org>; Jonas Grätz, The Arctic: Thaw With Conflict Potential, The International Relations and Security Network, 2012, <www.isn.ethz.ch>

[57] cf. The Transnational Institute, The Global Land Grab - A Primer, revised edition 2013.

[58] For example, see: Michael T. Klare, Resource Wars: The New Landscape of Global Conflict, Owl Books, 2002, chapter 9; Stormy-Annika Mildner, Solveig Richter and Gitta Lauster (eds.), Resource Scarcity - A Global Security Threat?Stiftun Wissenschaft und Politik, March 2011; Sharelle Hart (ed.), Shared Resources: Issues of Governance, IUCN Environmental Law and Policy Paper No. 72, July 2009.

[59] Michael T. Klare, The Race for What's Left: The Global Scramble for the World's Last Resources, Picador, 2012.

[60] STWR, Financing the global sharing economy, Part 3: Divert military spending, October 2012.

[61] For up to date figures on global military spending, see the Military Expenditure Database at the Stockholm International Peace Research Institute (SIPRI), <milexdata.sipri.org>

[62] STWR, Financing the global sharing economy - Part 3, op cit.

[64] Indeed according to the latest data for 2013, spending by Russia, China and many strategic US-aligned regimes around the world is dramatically rising. See: Graeme Baker, Saudis lead Middle East military spending, Al Jazeera, 15th April 2014; Deutsche Welle, 'Overall global military spending falls, with increases seen in Russia, Asia and Africa', 14th April 2014.

[66] cf. Grassroots International, Troubled Water: Water Injustice in Palestine, Factsheet, March 2014; Claudia Nicoletti and Anne-Marie Hearne, Pillage of the Dead Sea: Israel’s Unlawful Exploitation of Natural Resources in the Occupied Palestinian Territory, Al-Haq, July 2012.

[67] Antonia Juhasz, The Economic Colonization of Iraq: Illegal and Immoral, Testimony to the World Tribunal on Iraq, International Forum on Globalization, New York, 8th May 2004.

[68] For example, in 2011 the UN General Assembly adopted The Law of Transboundary Aquifers, which was the first ever concrete step towards the peaceful sharing of groundwater resources.

[69] Despite its controversies, UN Peacekeeping operations offer an effective way for the international community to share the costs and burdens of preventing conflict and maintaining peace, particularly in countries that are prone to conflict.

[70] Richard Swift, No-Nonsense Guide to Democracy, New Internationalist, 2010.

[71] For example, see: A Charter for Democracy [Movimiento por la Democracia], June 2014, <www.guerrillatranslation.com/2014/06/26/a-charter-for-democracy/>

[72] This issue became the subject of massive public debate following the publication of Thomas Piketty's book, Capital in the Twenty-First Century (Belknap Press, 2014). According to empirical research in an academic study that was released around the same time, America is not a democracy but an oligarchy – where policymaking is dominated by powerful business organisations and a small number affluent people. See: Martin Gilens and Benjamin I. Page, Testing Theories of American Politics: Elites, Interest Groups, and Average Citizens, Princeton University, 9th April 2014.

[73] Robin Broad and John Cavanagh, Development Redefined: How the Market Met Its Match, Paradigm, 2008.

[74] David Hall, Corruption and public services, Public Services International Research Unit, November 2012; see also <www.anticorruptionday.org>

[75] <www.opensecrets.org>    

[76] For example, see: The Bretton Woods Project [www.brettonwoodsproject.org], Third World Network [www.twnside.org.sg], Institute for Policy Studies [www.ips-dc.org], European Network on Debt and Development [www.eurodad.org], Bank Information Centre [www.bicusa.org], Our World is not for Sale [www.ourworldisnotforsale.org], Focus on the Global South [www.focusweb.org]

[77] Phyllis Bennis, Calling the Shots: How Washington Dominates Today's UN, Arris Books, 2004.

[78] See the Corporate Europe Observatory, [www.corporateeurope.org]; also the Politics for People campaign, coordinated by the Alliance for Lobbying Transparency and Ethics Regulation, [www.politicsforpeople.eu/en]

[79] Hilary Wainwright, Reclaim the state: experiments in popular democracy, Verso, 2003, chapter 3; Raj Patel, The Value of Nothing, Portobello Books, 2009, chapter 8.

[80] Marina A. Sitrin, Everyday Revolutions: Horizontalism and Autonomy in Argentina, Zed Books, 2012; Jérôme E. Roos and Leonidas Oikonomakis, We Are Everywhere! The Autonomous Roots of the Real Democracy Movement, Paper delivered at the Annual ECPR General Conference, Sciences Po Bordeaux, September 2013.

[81] For example, Avaaz.org is “a global web movement to bring people-powered politics to decision-making everywhere.” In the UK, 38 Degrees “puts power into people’s hands” by giving everyone the tools to run campaigns on whatever they like [www.38degrees.org.uk].

[82] Workplace democracy can take many forms and includes diverse practices, such as voting systems, debates, and participatory decision-making. Of the different kinds of cooperatives in existence, however, those that allow the most significant democratic control are generally seen to be worker cooperatives and other forms of worker ownership. For an introduction, see Molly Scott-Cato, Market, Schmarket: Building the Post-Capitalist Economy, New Clarion Press, 2006, Chapter 3.

[83] Precise categorisation of each type of commons is difficult to achieve, as many cross several categories. A group of experts from the International Forum on Globalization have advocated for a new category called the ‘modern commons’, which includes public services like health, water purification and distribution, and information, each of which was once achieved informally within small local and indigenous communities that have since been absorbed by the state and now lay open to being privatised. See John Cavanagh and Jerry Manders (eds), Alternatives to Economic Globalisation, op cit., chapter 5. See also Francine Mestrum, Promoting the Social Commons: the what, why and how, May 2014, Global Social justice, [www.globalsocialjustice]

[84] Such activity may also entail the creation of collective trusteeships, in which the rights to the commons may be realised for the benefit of present and future generations. For an introduction to trusteeship, see the Global Commons Trust, [www.globalcommonstrust.org]

[85] See the work of the P2P Foundation: http://p2pfoundation.net

[86] For example, see Jay Wallasper et al, All that we share: a field guide to the commons, The New Press, 2010; David Bollier and Silke Helfrich (eds), The Wealth of the Commons: A World Beyond Market and State, Levellers Press, 2013, [wealthofthecommons.org]; On the Commons, [onthecommongs.org]

[87] cf. David Bollier, Think Like a Commoner, New Society Publishers, 2014, [thinklikeacommoner.com]

[88] Some prominent examples include the New Economics Foundation (UK) and its American counterpart, the New Economics Institute; the Institute for New Economic Thinking; the Institute for Local Self-Reliance; the New Economy Working Group (an informal alliance of the Institute for Policy Studies), and the Tellus Institute, among many others.

[89] For example, the 'sharing lawyer' Janelle Orsi is a prominent advocate of converting sharing economy companies into cooperatives (The Sharing Economy Just Got Real, Shareable, 16th September 2013). See also: Marjorie Kelly, Owning Our Future: The Emerging Ownership Revolution, Berrett-Koehler Publishers, 2012; Donnie Maclurcan et al, How on Earth: Flourishing in a Not-for-Profit World by 2050, (upcoming), <www.postgrowth.org>

[90] This would include the degrowth movement, the paradigm of deglobalisation, various proponents of economic localisation, as well as advocates for a steady state economy.

[91] UN General Assembly, Vienna Declaration and Programme of Action, 12th July 993, A/CONF.157/23.

[92] This includes major NGOs in the international human rights movement such as Amnesty International, Human Rights Watch and the International Federation for Human Rights, all of which now incorporate the full spectrum of human rights in their agendas and missions. See: Paul. J. Nelson, ‘Human rights, the millennium development goals, and the future of development cooperation’, World Development Vol. 31 no. 12, 2003.

[93] Coalitions and networks are constantly formed that support a human rights framework, which gives CSOs a way of working collectively to influence States to tackle the structural and systemic dimensions the prevent the fulfilment of socioeconomic human rights, which include the rights to work and decent working conditions, social security and care, an adequate standard of living, food, housing, water, sanitation, health, education and participation in cultural life. An example is the work of Social Watch, which is an international network of citizens’ organizations in the struggle to eradicate poverty and the causes of poverty, to end all forms of discrimination and racism, to ensure an equitable distribution of wealth and the realization of human rights <www.socialwatch.org/about>. Similarly, the People’s Health Movement - a global network of grassroots health activists, CSOs and academic institutions - fundamentally recognise that the right to health is compromised by unfair economic structures, and that a top priority in policymaking at all levels must be a more equal and sustainable distribution of the world’s resources. See The People’s Charter for Health, <www.phmovement.org/en>

[94] In particular, see the work of the ETO Consortium, a network of some 80 human rights related CSOs and academics whose major terms of reference are the Maastricht Principles on Extraterritorial Obligations in the Area of Economic, Social and Cultural Rights. <www.etoconsortium.org/en>

[95] Important organizational pillars of the movement are well-known civil society organisations such as Friends of the Earth, Christian Aid, and the Jubilee Debt Campaign; some think-tanks like Focus on the Global South and the Third World Network; many loosely tied youth groups; as well as some large internationalist and transnational trade union organisations.

[96] Notable examples would include: The international Indigenous Peoples Movement for Self-determination and Liberation (IPMSDL); La Via Campesina; Shack/Slum Dwellers International (SDI); and the Movimento dos Trabalhadores Sem Terra (MST).

[97] According to the Trade Union Congress, the global trade union movement is estimated to incorporate over 150 million workers in countries across the world. As a general rule, trade unions oppose neoliberal policies and take a progressive stance on the full range of social, environmental and human rights issues.

[98] This was reflected in many of the manifestos co-written for the worldwide protests. For example, see: Ana Sofia Suarez and Shimri Zameret, 'A manifesto for regime change on behalf of all humanity', The Guardian, 14th October 2011; People's Assemblies Network, ‘Global May Manifesto', 4th May 2012.

[99] See note 8. 

[100] For further reading, see: Jeremy Rifkin, The Empathic Civilization, Cambridge: Polity Press, 2009; Michael Tomasello, Why We Cooperate, Cambridge: MIT Press, 2009; Frans De Waal, The Age of Empathy, New York: Harmony Books, 2009; Colin Tudge, Why Genes are not Selfish and People are Nice, Floris Books, 2013; Michael Tomasello and Felix Warneken, Share and Share Alike: The happy tendency to share resources equitably, Nature, vol. 454, 28 August 2008.

[101] Sharing the World’s Resources: An Introduction, STWR, 26th October 2010; Alexia Eastwood, Revisiting Economic Man, STWR, 16th April 2010;

[102] Simon Romero, ‘Protests Widen as Brazilians Chide Leaders’, The New York Times, 18th June 2013.

[104] STWR, Viva la #SharingSpring!, 5th March 2014.

[105] Stuart Hall, Doreen Massey and Michael Rustin (eds), After Neoliberalism? The Kilburn Manifesto, Soundings, 2013.

[106] For information on the importance of values and frames in the creation of a more sustainable, equitable and democratic world, see the work of Common Cause <valuesandframes.org>; also <findingframes.org>

[107] These are just two examples, but there are many further possibilities for integrating a call for sharing into the campaigning activities of those who focus on debt justice, alternative finance and trade issues, as well as those who advocate for charitable aid and humanitarian assistance. See the section of this report on social justice for further ideas.

[108] Alex Evans, Resource scarcity, fair shares and development, A WWF/Oxfam discussion paper, 2011, p. 17 (see point 8).

[110] In the UK context, for example, there has been unprecedented collaboration between a wide spectrum of civil society organisations, often with millions of members involved across the nation, but repeated problems of unity have placed a question mark on the future of such coalitions. See: John Hilary, Do NGOs Have a Future?, Arena Magazine, No. 129, April-May 2014; War on Want and the IF campaign, 25th January 2013; STWR, Put People First! campaign day, 9th September 2009.

[111] For example, Friends of the Earth have embraced sharing as a Big Idea to Change the World and a “call to action for environmentalists”. See: Mike Childs, The Power of Sharing, Shareable, 5th November 2013; Julian Agyeman, Duncan McLaren and Adrianne Schaefer-Borrego, Sharing Cities, Friends of the Earth briefing paper, September 2013.

[113] For an introduction to this theme, see ‘Building a sharing society’ in STWR, A primer on global economic sharing, June 2014. 

Photo credit: Susie Blackburn, Studio Blackburn