• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

91ヵ国のほとんどの幼児が栄養失調 ユニセフが警告

Guest content
2021年9月23日

多くの開発途上国では、2歳未満の子供のわずか3分の1しか健康的な成長に必要な栄養を与えられておらず、過去10年間で栄養の改善は進んでいません。

国連児童基金(UNICEF)は、水曜日に発表された報告書の中で、Covid-19から紛争や気候変動に至る危機の組み合わせにより、91ヵ国で子供の栄養摂取における進歩が妨げられたと述べました。

報告書によると、さまざまな発展途上国の6~23ヵ月の子供たちの半数は、最小数の毎日の食事を与えられておらず、最低要件を満たす多様な食事をとっている子供はさらに少数でした。

木曜日の国連の食料安全保障サミットに先立ち、UNICEF UKは、英国政府が栄養に投資することで問題への取り組みを支援できると述べました。

貧しい食生活の結果として、子供たちは学校の授業についていけず、病気にかかりやすくなり、発育阻害や消耗症急性などの栄養失調の影響に苦しむだけでなく、太りすぎや肥満になる可能性があります。UNICEFは、2歳未満の1,100万人以上の子供たちが世界的に脆弱であると推定しています。

UNICEF UKの子供の健康に関する上級政策顧問であるジェニー·ヴォーンは、次のように述べています。

「栄養関連プログラムを通じて今後5年間で5,000万人の子供たちに到達するために、6億ポンドを投資することで、英国政府はこの問題への取り組みに大きく貢献し、何百万人もの子供たちをより健康で明るい未来への道に導くだろう」

5月、慈善団体セーブ·ザ·チルドレンは、英国の援助削減により、2019年と比較して飢餓への支出が約1億ポンド削減される1億ポンド削減される可能性があると推定しました。

調査によると、栄養摂取は農村部または貧しい家庭の子供たちにとって最悪であり、地域によって異なりました。ラテンアメリカとカリブ海では、623ヶ月の子供の62%の食事が最低多様性要件を満たしていましたが、アフリカでは4分の1未満、南アジアではわずか19%でした。

報告書によると、多くの家族は、農村部でさえ、自分たちで食料を生産するのではなく、食料を購入するようになり、食料システムへの依存度が高まったとのことです。

この非常に心配な分析にもかかわらず、子供たちが生き残り、成長するために必要な栄養を獲得することができるように、食料システムを構築、強化、変革するための共同の世界的行動によって進歩を遂げることができる」とヴォーンは言いました。

政府は、果物、野菜、肉、卵、魚、栄養強化食品など、栄養価の高い食事を確実に供給する強力なフードシステムを確保する必要があると述べました。

国連食糧農業機関(FAO)は先週、飢餓の影響を受けた人々の数が減少していた期間後の5年間で世界的に約81,100万人まで増加したことから、これは食料サミットが開催されるには重要な時期だと述べました。

「現在の農業食品の慣行の多くはまた、私たちの地球に大きな犠牲を強いている。私たちの農業食品システムは適切に機能していない」とFAO事務局長である屈冬玉は述べました。

「鍵は、『畑から食卓へ』食料を届けるシステムを変革することであり、地元および国際レベルでとられる行動にかかっている」


Further resources: 

Read the full report - Fed to Fail: The crisis of children's diets in early life

Original source: The Guardian 

Image credit: UNICEF/UN0515085/Volpe

Filed under: