• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

キャンペーン戦略:分かち合いのためのグローバル・コール

STWR
2014年12月4日

下記は、今後5年間に渡るSTWRの「分かち合いのグローバル・コール」のキャンペーン戦略の概説であり、キャンペーンが狙いとする重要な個人や組織についての要約だけでなく、私たちの主な目的と活動についての概要も含んでいます。

コンテンツ:

概説

シェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(STWR)による「分かち合いのためのグローバル・コール」は、共通の目標において世界中で市民と革新的組織を結ぶことにおいて、分かち合いのためのためのグローバル・コールが果たすことができる役割を促進することを狙いとします。

STWRの予備的なキャンペーン・レポート、私たちの共通目標としての分かち合いで説明されるように、分かち合いの原理は既に、社会正義、環境管理、世界平和、そして真の民主主義のための多種多様な要求の中心となっています。黙示的又は明確な言葉で表されているにしてもいないにしても、これら全ての緊急な要求は、コミュ二ティ・レベルから国際レベルまで社会全体を通して富、権力、または資源のより公平な分かち合いのための必要性に関係しています。この理由から、変革のための結束したコールのもと市民社会組織と社会運動を結ぶ助けをできる、「傘下の課題」又は共通目標として分かち合いがより広く促進されることの正当性をSTWRは説明します。

キャンペーンの全体的なゴールの達成を促進するために、STWRは、従事する市民や革新的団体が共通目標として分かち合いを明確に認識し、受け入れることを働き掛けるために声明への署名を開始しました。署名者は、彼らの取り組みやキャンペーン活動を通して分かち合いに関してのこの浮上する論議に参加することをもまた約束します。個人や組織がますます彼らの取り組みを直接的に包括的な政治的要求の観点から組み立てると同時に、分かち合いと再分配の多種多様な形態は、私たちが直面する相互連結するグローバル危機の解決策の中心として徐々により広く受け入れられるようになることが可能です。

下記は、今後5年間に渡るSTWRの「分かち合いのためのグローバル・コール」のキャンペーン戦略の概説であり、キャンペーンが狙いとする重要な個人や組織の要約だけでなく、私たちの主な目的と活動の概要をも含んでいます。より広い読者へ私たちのメッセージを伝えることを助力できるビデオ、記事、ブログ、レポート、そして他のイニシアチブを含んだキャンペーンの間に、更なる促進ツールが築かれるでしょう。

キャンペーンはSTWRのこれからの未来の組織的活動の主要部分を形成します。私たちの更に幅広い取り組みは、富、権力、資源のより公平で持続可能な分かち合いへの必要性に関しての認識を高め、そして特に国内及びグローバルレベルでこれが達成され得る多くの方法を促進することを中心としています。それ故、「分かち合いのためのグローバル・コール」キャンペーンはSTWRの断続するリサーチ、執筆、外部活動により支えられています。
 

STWRのビジョン

国内及び国家間双方で富、権力、資源が公平に分かち合われる持続可能で平和な世界を維持するために、協力的に取り組む国際社会。

キャンペーンゴール

分かち合いの原理が、社会正義、環境持続可能性、真の民主主義、そして世界平和のためのどのような議題であっても不可欠な部分として考えられるところの、公の論議や政策に関する会談における劇的な転換。

キャンペーンの目的

キャンペーンゴールを達成するために、STWRは2019年の終わりまでに以下の目的を達成することを求めます:
 
• 分かち合いのためのグローバル・コールを支持する25,000人の個人の署名。
 
• 分かち合いのためのグローバル・コールを支持する1,000の組織(企業、民営、非利益的、政治的、市民社会)。
 
• 100人の国際的に著名であり、尊敬される個人が、緊急な社会、環境、政治、経済問題への解決策として分かち合いを明確に支持して(スピーチ、論議、メディア、ブログ又は社会的メディアを通して)声をあげること。
 
• 決定的・重大な社会的、政治的、環境的危機に関連して経済的分かち合いの概念を調査するSTWRからの50の出版物。それによりグローバル・コールを直接的に支持します。
 
• 富、権力、資源の分かち合いの観点から提案を組み立てる、NGOやアドボカシー・グループによる50のレポート、概要、キャンペーン・イニシアチブ。
 
• 明確な言葉で分かち合いの正当性を説明し、偏りがないかまたは肯定的な口調である、全てのG20の国々の全国紙の解説者により発表された5つの卓越した記事。
 
明確な言葉で分かち合いの正当性を説明し、偏りがないかまたは肯定的な口調である、尊敬される国際的メディア( Time、 the Economist、etc.)の解説者により発表された10の卓越した記事。
 
• キャンペーンの結果、STWRのウエブサイトは下記により証明されるように、分かち合いの社会的、支持的、経済的側面に関してのアクセス可能な情報の中心地としてますます考えられるでしょう;
  • STWRのウエブサイト及び発表記事の引用へ毎月50のリンクを繋げる。
  • STWRのウエブサイト (www.sharing.org)が1日に10,000ページヴューを得ること、そしてGoogleページ・ランキングが6/10となること。
  • STWRのFacebookページが100,000のlikesを得て、そしてSTWRのTwitterアカウントが10,000のフォロワーを持つこと。

アプローチと活動

1.「分かち合いのためのグローバル・コール」声明への署名

STWRは、世界中の従事する市民や改革的キャンペーン組織の共通目標として分かち合いが認識されるよう呼びかける、オンラインの声明への署名を開始しました。声明に署名することにより、全く異なったキャンペーン・グループ、活動家、社会運動は、単一争点のプラットフォームを越えて、富、権力、資源のより公平な再分配に基づいた変革のための共通のビジョンを受け入れる必要を明確に認識することができます。更に個人や組織が声明に署名すると同時に、STWRは、ターゲットとする読者の間で分かち合いの概念と実践のための支持の拡大するレベルをたどることができます。

キャンペーン声明は、異なる国々でできる限り多くの署名者を集めるために多くの言語で利用可能であり、STWRのウエブサイトに承認が表示されます。組織や著名な個人からの支持は、ウエブサイトで強調され、示されます。

声明を見るには次をクリックして下さい: www.sharing.org/global-call

2. 私たちの共通目標としての分かち合いレポート

A new report

私たちの共通目標としての分かち合いとタイトルが付けられたレポートは、キャンペーン声明と併せて開始され、そしてそれはどのように分かち合いのためのコールが社会正義、環境管理、真の民主主義、そして世界平和のための多くの既存のイニシアチブを支持するかについての概要を与えています。そのレポートが論じているように、たとえそれが集団的実体や目的をまだ認めていないとしても、分かち合いのためのグローバル・ムーブメントは既に存在します。この観点から、分かち合いのための私たちの共通目標のもとに築き上げていくための、素晴らしい機会とチャレンジを私たちは皆持っているのです。レポートは、STWRがこの先コンタクトを取るであろう、従事する市民、市民社会組織、そして他のターゲットである読者の間で広く配布されるでしょう(STWRがターゲットにしている個人や組織についての更なるインフォメーションは下記をご覧下さい)。

レポートを読むには次をクリックして下さい: www.sharing.org/common-cause

3. 断続するキャンペーン・イニシアチブ

共通目標レポートとキャンペーン声明は、グローバル・コール・キャンペーンに直接的に関係するSTWRのイニシアチブのシリーズの中の最初の部分でしかありません。これから先のブログ、出版物、ビデオ、そして他のアドボカシー・ツールを伴い、STWRはより広い層へキャンペーンを伝え、分かち合いのためのグローバル・コールを支持することの完全なる正当性を説明するつもりです。

4. ソーシャル・ミディア、ニュースレター、そしてSTWRウエブサイト

私たちは、分かち合いについての話し合いを開始し、維持するために、FacebookやTwitterなどのソーシャル・ネットワークを活発に使います。毎日のアップデートを通して、ソーシャル・ネットワーキングはキャンペーンや私たちの取り組みを促進し、分かち合い関連のニュースや情報について支援者と繋がり、彼らに情報をあたえるための価値あるツールです。声明のための署名のキャンペーンを支持する人々は、キャンペーンの目的(上記を参照)に関係する私たちの取り組みとプログレスに関する定期的なニュースレターアップデートも同様に受け取るでしょう。例えば、関連のある展望から分かち合いを明確に支持する中で声を上げる、国際的に著名な個人に関しても私たちは受信者に情報を送ります;私たちは、特に分かち合いに関連して提言を築くNGOやアドボカシー・グループによるレポート、概要、またはキャンペーン・イニシアチブを浮き彫りにし、そして建設的に分かち合いの正当性を説明する全国新聞のための解説者により発表される優れた記事に注目します。キャンペーン期間中のSTWRのブログや出版物を通してこのプログレスを浮き彫りにすることにより、私たちは、分かち合いの社会的、政治的、経済的側面に関してのアクセス可能な情報の中心地として、私たちのウエブサイト(www.sharing.org)を築いていくことをも狙いにしています。

5. メディア報道

STWRはすでに英国、北アメリカ、そして他の国々でオルターナティブ・メディア・アウトレットにおいて適度な報道範囲レベルを既に確立しています。私たちは、主流メディア、特に全国紙と国際雑誌の中で、(共通目標レポート、声明のための署名、将来のイニシアチブを含んだ)私たちのグローバル・コール・キャンペーンのメディア報道をまた求めます。これらのメディアに集中した活動を通して、その多くの政治的、経済的、社会的形態における分かち合いに直接的に関係した問題に関する市民の理解に影響を与え、大衆の意見をかたどることを希望します。

6. ネットワーキングと支持を動員する

租税正義のための活動家から反緊縮政策のための団体まで、オキュパイや他の抗議デモの動員、またはコモンズや新たな経済のムーブメントなど、私たちのキャンペーンの側面に関連するゴールへ向かって既に取り組んでいる既存の多くの団体があります。それが適切で可能なところでは、私たちは、彼らの目標を拡大し、STWRとの関係を強化する助力をするために、そのような団体の取り組みを支持します。更に、彼らが分かち合いのためのグローバル・コールを支持し、彼らの多種多様な活動に分かち合いの原理を活発に促進することを働きかけることを求めます。分かち合いをこのように支持する組織や運動との繋がりを強化することは、共通目標を持ったグローバル・ネットワークを確立することを促進し、完全に異なった組織や個人が繋がり、彼らが直接的に取り組みをしていないであろう、しかし彼らの主要な活動に一般的に平行した問題についてもっと知ることを可能にします。

関連するイベントや会議において、私たちは、自分たちの取り組みを明確にする情報を配布し、分かち合いのためのグローバル・コールに参加することを人々に働きかけるために、活発にその場にいる人々とのネットワーク作りをします。私たちは主要な個人や組織を定期的に会うことを求めており、そして私たちのプロファイルを上げ、キャンペーンや取り組みを更に明確にするためにまた講演、プレゼンテーション、ワークショップをします。私たちはまた、私たちを支持をする組織や個人が私たちの取り組みを明確にし、そして彼ら自身の活動、ニュースレター、またはウエブサイトの中で分かち合いの原理を促進することを働きかけます。

私たちのターゲット層を参加させる

「私たちの共通目標としての分かち合い」レポートで概要が述べられているように、社会正義、環境、民主主義、平和運動の中の分かち合いを直接的又は間接的に要求する数多くのイニシアティブ、キャンペーン、そして個人がいます。STWRのグローバル・コール・キャンペーンの成功は、より一般的に、懸念する市民からだけでなく、これらの運動の中で取り組んでいる広い範囲の既存のキャンペーナーや組織の間での拡大する支持のレベルに依存します。私たちのターゲット層はふたつのカテゴリーに分けられます:

1. 組織 

メンバーに対してキャンペーンを推し進める位置にいる人々だけでなく、特に、富、権力、資源のより公平な分かち合いのために明確に、又は間接的に要求している人々など、NGO、組織、社会運動が特別に強調されます。一般的に、私たちの関係をより強化する方法を探求するだけでなく、分かち合いのためのグローバル・コールの組織の支持と承認を確かにするために、それらの団体の中の個人に直接的に会うことを私たちは求めます:

国際開発と環境NGO (地域的、全国的、国際的):  分かち合いの概念は、彼ら自身のアドボカシーの取り組みの中でこれらの団体の多くが既に支持するものです。例えば、世界資源のより平等な分配が前提となる、より多くの援助、更に公正な貿易、そして債務免除のための多くのキャンペーンがあります。分かち合いはまた環境的関心の中心であり、そして多くの革新的分析者がグローバルな気候変動の話し合いでの行き詰まりを解決するための「公正な分配」的アプローチの正当性を論じています。

草の根の社会運動と市民社会同盟: オキュパイやインディグナドの動員のように、多くの場合が非イデオロギー的な方法で、新たな社会運動の多くは既に社会及び経済正義への必要性に集中しています。個人や組織の同盟はまた、気候変動、持続可能な発展、又は食料安全保障に関するグローバル会議での代替的なサミットなど、大きな市民社会イベントにおいて形成されます。彼らの視点は多くの場合分かち合いの概念に著しく沿ったものであるため、これら全ての団体が可能性的に分かち合いのアイデアを私たちの共通目標として支持することは考えられます。

反戦運動と平和活動家:資源戦争を防ぎ、不可欠な社会的/環境的プログラムに資金を供給するための、軍事費の向け直しへのSTWRのフォーカスを考慮すると、これらの団体は分かち合いの主要なメッセージを支持することが充分考えられます。

社会的に排除されたコミュニティーと彼らの政治的運動:富、權力、資源の分かち合いへの要求は、社会的に排除されたコミュニティーや先住民、小さな農民組合、土地なし労働者、そしてスラム居住者の組織など、彼らを代表する多くの運動へ明らかに訴えることのできる目標です。

政治組織及び協会:STWRの中心となるメッセージは、明確に反資本主義的でも何かの政治的イデオロギーと同調しているわけでもないにしても、特に政治的スペクトラムの左寄りの多くの政党や組織は私たちのメッセージにオープンであり、分かち合いのためのグローバル・コールを支持することをいとわないかもしれません。

労働組合: 結束、普遍性、そして再分配への彼らの伝統的なフォーカスを考慮すると、労働組合は分かち合いのためのキャンペーンにおける同盟者となることが可能です。彼らはまたSTWRに似た国際的展望を持つ傾向にあります。

信仰団体や異宗教が混合した団体:より大きな分かち合いの必要性は、世界を通して多くの信仰団体や異宗教が混合した団体の視点に関連する、本質的に道徳的又は霊的関心です。特に、分かち合いが宗教的教えの中心に長い間あった慈悲、公平さ、正義の原理に本質的に関係することを考慮すると、これらの団体がSTWRのキャンペーンを支持するための多くの理由があるのです。

革新的事業や社会的な企業:これらのセクターのいくつかの中には「分かち合いの経済」への増大する関心が既にあり、多くのそのような組織は、彼らに関係のある社会的、生態学的危機に取り組むために経済的分かち合いを強化し、拡大する必要性を支持しています。更には、生活協同組合、社会的な企業、または非営利団体として運営する多くの事業はまた富、権力、資源を分かち合うための要求を支持するかもしれません。
 

2. 個人

第2のターゲット層のグループは主に、会議、活動家の集まり、フェスティバル、市民社会集会を含んだ、私たちが出席し、開催する公衆のイベントを通してアプローチしたいと望む個人に関連しています。特に影響力のある、またはこのキャンペーンの目標と既に密接に合致する視点を持つ特定の個人に直接的にコンタクトを取ることも狙いとする場合もあります。これらの個人の多くは既にこれらの目標に関わり合っているであろうことから、上記に説明された組織や社会運動との自然な接点があります:

政治的に参加する市民:価値のある理念を支持し、キャンペーン活動に参加することをいとわない市民が世界中で増え続けています。このグループは、抗議運動、デモンストレーション、集会などのグローバル正義のイベントに出席する人々、または社会、経済、環境問題へ取り組んでいる確立されたキャンペーンや組織を支持する人々を含んでいます。異なる国々の参加する市民のこの拡大する集まりの支持を勝ち取ることは、STWRの分かち合いのためのグローバル・コールの成功にとって中心的なものです。

カレッジの学生や大学生:社会及び政治問題への高レベルの参加と、目標を支持して人々を動員し世論に影響を与える立証された彼らの能力を考慮すると、このグループはSTWRの主要なフォーカスです。

知識人、執筆者、専門分野のジャーナリスト:これらのグループは世論に著しい影響を与えるため、彼らと関わりを持つことはSTWRにとって特に重要です。

有名人:公に知られた知識人や政治的考えを持つ有名人はしばしば公衆全体に影響力を持ち、そして彼らの支持を得ることができるなら、国内及び国家間での富、権力、資源のより公平な分かち合いの必要性についての認識を高めることに役立ちます。

多国間組織の職員:私たちのリサーチやレポートは、広い範囲の地域的及びグローバルな問題への経済的分かち合いの関連性を説明し、そしてこの影響力のあるグループ内の個人の間で興味を生むことができます。

政治家:主流の政治的リーダーからの支持を集めることはより難しいにも関わらず、多くの環境主義的又は非主流派の政治家や革新的政党はグローバル・コールを支持することを納得させられることが可能です。

* * *

分かち合いへの要求が参加する市民や革新的組織の既に多様な(もししばしば認識されていないとしたら)根本的な要求であることを考慮すると、そのような個人やグループがこの共通目標を受け入れ、彼らの取り組みや活動の中に分かち合いをもっと明確に提唱するべき理由が多くあります。私たちの共通目標としての分かち合いレポートの中で更に説明されるように、分かち合いへの要求は、共通のテーマとヴィジョンのもと様々なキャンペーン・グループ、活動家、そして社会運動を繋げる潜在的力を持ちます。そのような要求は、グローバルな市民社会の多様性の中での結束を代表し、私たちは皆最終的に同じ目標のために戦っているのだということを私たちが認識することを助力するかもしれない集結するための包括的なプラットフォームを提供することができます。それは、既存のフォーカスの対象やキャンペーン優先事項を放棄する必要なくして、自己の隔離された鞘や単一争点的プラットフォームを越えるための方法を提供します。

分かち合いへの要求はまた、革新的変革のためのキャンペーン・イニシアチブや運動の中の公衆のもっと更に広い層に参加することができます。多くの人々が技術的複雑さが原因で、政治的問題からは隔離されていると感じているか、あるいは直面するチャレンジの巨大さに圧倒され、行動するには充分な力がないと感じています。しかし、分かち合いの人間的価値を皆が理解しています。そして、政治的状況下でこの普遍的な分かち合いの原理を支持することにより、私たちは私たちは経済への完全に新たなアプローチへの方向性を示すことができるのです。それは、公平で持続可能な資源の分配に完全に基づいた経済です。

このようにして、分かち合いの原理は、危機的なグローバル問題への広範囲の公衆の参加を生むことを促進する、価値のあるアドボカシーと教育のツールを象徴します。STWRが私たちの取り組みや活動の中で詳細に説明し促進し続ける、分かち合いのためのグローバル・コールを市民やキャンペーン組織が支持することがなぜ道理にかなうのかという他の多くの理由があります。

フォト・クレジット: Susie Blackburn, Studio Blackburn