• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

商業化:分かち合いの対極

Mohammed Sofiane Mesbahi
2014年4月3日

今日の世界で最大の危険は、商業化自体ではなく、人類の叡智が自然や霊的進化とは逆の方向に導かれるところの、その内外の顕現への私たちの絶え間ない自己投影であるのです。


「分かち合いは、世界の問題を解決するための鍵です」このような発言は余りに単純すぎてアピールに欠けるかもしれません。ですから、これが何を意味するのか理解したいなら、この主題をさらに掘り下げていく必要があります。分かち合いが正義、平和、正しい人間関係への最も確かな導き手であることを理解するために、私たちはその意味と重要性を、心理的および霊的、さらには社会的、経済的、政治的な観点など多くの角度から突き詰めていく必要があります。分かち合いに関しては無数の考え方があります。なぜなら、この原理の性質は「生命の法則」の中のパワーハウスであり、そしてその驚くべき多面性を誰もが直感し体験することができるからです。しかし、地球の断続する進化にとって分かち合いがそれ程重要であることが本当なら、ついで考察すべき第一の問題は、なぜこの原理が私たちの文明の危機に対する答えとして理解されていないのかということです。

私たちの社会で分かち合いがどのように蝕まれてきたかを知る1つの方法は、商業化がどのように私たちの意識内でますます構造化してきたかを詳しく考察することです。分かち合いが病める世界の解決策であると言うことは簡単ですが、商業化が、どのように私たちの進化を握り締めた手を刻々と強化しつつあるかについても考えない限り、この主張も単なるひとつの高尚な信条として終わるだけです。人類の問題を解決するための鍵を見つけるためにはまた、どのようにして、またなぜ、私たちは政治家の権威に自分たちの社会的、経済的取り決め、教育、そして日常の生活を支配させているのかも自問せねばなりません。最も重要なことは、私たちが内省と内なる認識を通して、どのように自分たちの自己満足的な無頓着さと誤った教育が他者の苦しみに対する集団的無関心をもたらしたのかをもまた検討する必要があります。

誰もが家族やコミュニティ内で分かち合うように、私たちは皆個人レベルで分かち合いが意味することを理解しています。それではなぜ国家レベル、そして世界レベルでほとんどの人が分かち合いの原理を実現する必要性を理解していないのでしょうか。この疑問に対する答えの大部分は簡略に言えます:それは、市場勢力が好き放題できるよう私たちの社会の基盤が構築されてきたからです。私たちは、利益と商業化にますます向けられた複雑な政治的および経済的システムを発展させてきました - 税制、大企業、私益を守るために生み出された無数の法的規制。これらすべてが、高度に複雑で分裂した社会をつくります。結局のところ、システムを理解する人は誰もいないのですが、システムはそれ自体の目的のためにどのように私たちを誤魔化すか正確にわかっています。そして、そのような複雑な社会では、商業化を促進するためにつくられた非常に多くの法律と政策のために、分かち合いの原理は殆ど存在しないに等しいのです。

私たちが利益と商業化に駆り立てられた社会に住む限り、分かち合いの原理は常に衰退させられるでしょう。人間活動のあらゆる領域に商業化が入り込む時、分かち合いが出て行くのが観察できます。同じ現実が環境にも当てはまります:商業化が入り込む時、自然が出て行きます。実に、商業化が入り込む時、それは非常に侵略的かつ破壊的であるため家族をばらばらにします。多くの自由貿易協定とヨーロッパの経済統合で見たように、それは伝統と国家のアイデンティティをばらばらにします。この勢力が解き放たれたところはどこでも、広がる貧富の差と霊的混乱の伝染がもたらされ、最終的には人の神から与えられた叡智が社会の進歩と進化とは逆方向へと転換させられてしまうのです。

私たちは、商業自体についてではなく、市場勢力の解放に伴う欲と利己主義、そしてその結果もたらされる自己満足的な無頓着さと無関心について話しているのです。商業に携わっている人々にのみこれが該当するということではありません。これは私たち全員に当てはまるのです。なぜなら、私たちは全員、市場勢力が隅々まで浸透した世界に住んでいるからです。危険は、経済現象としての商業化過程自体ですらなく、むしろ、その内外の顕現への私たちの絶えまない自己投影なのです。

心理学的に商業化を理解しようとか定義しようとしても無駄です。その過程を支える有害な勢力を辞書の定義から理解することができないからです。単なる売り買いとしての商業に対する古い理解は殆ど失われています。なぜなら、ある観点から見ると、市場勢力は病いのように私たちの細胞に浸透し、商業化という名の沈黙の殺人者と化してしまっているからです。それは私たちの一部となり、私たちの中に生きています。商業化は私たちが地球との関係の中に、そしてお互いとの関係の中に築いてきたシステムであり、社会における人々の動きと生活に内在しています。もちろん、国内または国家間での物資とサービスの体系的交換には根本的に何も問題はありません。しかし、ナイフが野菜を切るために使用できると同時に人を殺めるために使用できるように、商業も善悪両方の目的のために使用できるのです。

したがって、私たちの追求は、商業化が私たち全員が持つ単純な共通のニーズを満たすことから私たちの創造性をいかに間違った方向に導き、心のない利益の追求と終わりのない消費へと私たちの動機を歪めてきたかに関係します。社会と環境が被っている商業化の害のすべてにも関わらず、私たちはなぜその破壊的力を認識できず、さらにそれを制御できないのでしょうか。この問いにもまた簡単に応えることができます。それは、私たち全員が幸せを求めているからです。そして商業化は私たちに幸せ、「良い人生」、より快適な生活と安全性を約束することにとても巧みだからです。私たちは皆、安全性を求めています。しかし私たちは偽りの安全性を売りつけられているのです - それは危険なファンタジーです。

繰り返しますが、食べ物や住居のために家族が必要とする経済的安定のような、単に物質的な意味だけでの安全性そのものについて話しているのではありません。ここでの私たちのより深い懸念は、最終的にお互いからより孤立させるよう私たちを追いやり、本質的に叡智と自由を否定する心理的安全性への探求です。それは、私たちが幸せと呼んでいる個人的妄想の絶えまない探求へと私たちを駆り立てる心理的安全の必要性です。そして、商業化勢力は、真の充実感や歓喜を見いだすことのできる唯一の場所である内なる自己の認識からハートを惑わすことによって、私たちに幸福を提供することの専門家なのです。

高度に商業化された不平等な社会状況の中での幸福は、私たちが執着する最も醜い社会的ファンタジーの一つです。なぜなら、そのような社会での幸福は、惨めさと哀しみの隣り合わせになることでしか存在できないからです。流し台のように、それには常に二つの蛇口が付いています:お湯と水です。機能不全社会においては幸せと惨めさの共存を避けることはできません。幻想的形態の幸せを切望するプロセスの中に私たちが感情的に捉われ、自己に没頭し、私たちの人生が模倣的になり創造性を失う時、その切望もまた危険となり得るのです。そうこうしているうちに、恵まれない人々への愛と共感という私たちに生来備わった性質も、自己満足的な無頓着さ、無関心、そして恐怖心に乗っ取られてしまうかもしれないのです。これは私たちに重要な疑問を投げかけます:恐怖と個人的幸福の探求との間にある関係は何でしょうか?

恐れることなく自己の内面を見つめる能力は、商業化勢力により迅速に奪い取られています。最も親密で個人的な関係においてさえ、幸せと安全性に対する絶え間ない探求の結果として、私たちは恐怖の中で生きています。それが、商業化が私たちのマインドに侵入し、心理的に私たちを操作する方法です。それは、私たちが感情的執着を超えたところで思考することができなくなるように、物や所有物に対する無限の欲望を生み出し、意識を制限します。そして商業化は最新の流行のものやガジェットのために一晩中列をなして並ぶよう私たちの品位を貶め、買いものが私たちの信仰だと考えるようになるまで、そして「2つ買えば1つただになる」ことが最も意味深い常識だと考えるようになるまで、私たちをトランス状態へ陥れる力があるのです。商業化は、結婚を考えている相手を見て、「彼(彼女)は容姿は良いが、お金はあるのか?」などと人に思わせることができます。あるいは同級生の真似をしたり、常に変わり続けるファッションを身にまとい、高価な「格好」を誇示し、彼らのようになりたいと熱望するように、ティーンエイジャーを誘導することができます。小さな子供たちを洗脳すること、そして教育の本当の意味を歪めることは、商業化にとって容易いことなのです。教育の真の意味は、追従、比較、競争ではなく、内なる自由と自己知識に関係しています。商業化は私たちをつまらぬ存在に仕立て上げ、怖がりにし、私たちの謙虚さを低下させ、私たちはそのことに気付いてさえいないのです。商業化勢力はこのような条件付けと恐怖を私たちの頭に植え付けてきたため、分かち合いの簡素なやり方などにもはや魅力が感じられるはずがなく、結果的にそれは最悪な形の精神的盲目をもたらすのです。

商業化によって私たちの意識に構造化された基本的な心理的動機を観察してください:さまざまな人々を絶えず秤にかけ比較すること、そして成功の本能的崇拝。「成功」して「偉い人」になりたいという欲望。そして、いつの日か鏡の中の自分たちに向かって「やった、成功したぞ」と言わせるために、成功と業績への同じようなむやみな賞賛が子供たちの中にとても幼い頃から植え付けられます。芸術家でさえ「ついに達成したぞ」と言うために、あるいは他者から「あの人を知ってる?彼は本当に沢山のことを達成したのよ」と言われることを欲して大変な努力を惜しみません。しかし私たちが他者との関係の中で自分自身を定義するとき、そして自分たちが持っていないものを持っている人々と自己を常に比較し、秤にかけるとき、私たちは霊的可能性と正しい人間関係の表現を妨げる奇妙な劣等感をつくり出すことになるのです。このような心の動向は商業化にとってもってこいなのです。なぜなら、成功と業績への絶えまない崇拝を通して、私たちは生活のあらゆる分野で、つまり学校、職場、家庭、そして夢の中でさえ、利益と物質勢力を維持し続けているからです。

今、有名人または億万長者が自分のいる部屋へ連れて来られたと想像してみてください。そしてその人に対する私たちの態度が通常と比べてどれだけ大きく違うかを。なぜなら私たちも、「成功したら偉い人になるのだ」と考えるよう条件付けされているからです。私たちは皆、「偉い人(成功者)」の権威に対して内面で頭をさげるよう社会的条件付けによって駆り立てられているのです。それが、根本的に商業化がどのように人々を機械化するのかということです。その第一の使命は成功こそが道であると私たちを信じ込ませることです。しかし、成功するには達成に向かって一生懸命努力しなければならない、やり遂げなければならないと私たちは言い聞かされるのです。そして達成するには皆と競争しなければならないことを私たちは知ります。つまり「勝利者」とならねばならないのです。私たちの本来の共感能力と創造力が失われるまで、イデオロギーと信条に従うようになるまで、そして追従し自己満足を通して無頓着になるまで、それ程時間はかからないのです。

これは成功と達成を崇拝することの必然的結果です:他人の苦しみに対する自己満足的無頓着さと無関心。これが、社会の中での個人的達成に対する執念の働きです。それは無関心を育みます。それはあまりに強力で、道徳的に真っ直ぐで分別があると見なされている立派な市民のような高学歴の人でさえも、「常に飢えは存在してきたし、常に存在するだろう」などと何気なく言うのです。

さらに、この不幸な惑星をみて「どうにかしたいが、とても無力に感じる」と言う人に商業化が及ぼす不透明な感情的効果をみて取れるのは奇妙です。勿論、世界の苦しみを和らげる手助けをするためにできることは何でもあるのですが、私たちを圧倒し、分裂させ、無力に感じさせているものは主に商業化勢力なのです。人間の生活のあらゆる分野で市場勢力を解き放つことは、徐々に私たちの慈悲心を取り去り、善意を取り去り、認識を取り去り、そして常識を取り去ることです。これらの同じ勢力が、ここ数十年にわたって全力を尽くして分かち合いの原理を苛んできました。それは、捉えどころのない洗練された方法で拡大しているため、自己満足的および無頓着でいることが現在当たり前になっているのです。

したがって、商業化が人類の進化にとっての鬼門、あるいは社会のすべてのレベルと側面を徐々に氾濫させていく目に見えない津波のようなものだと言っても過言ではありません。悪魔を信じる人は誰でも、そのようなものが存在するとしたら、それが誰で何なのかということをもう一度考え直すべきでしょう。つまるところ、私たちがそうすることを自由に選んだ悪への自己投影なくして、一体悪とは何でしょうか?私たちの自己満足的な無頓着さと間違った教育が、分かち合いが極小の釘である一方で、商業化を強力な金槌に変えたのです - つまり、世界の他の地域で人が餓死するのを知りながらも、そのために何もしないことが私たちの生活の在り方です。

それは私たちの自己満足的無頓着さと無関心が許される言い訳にはなりません。私たちの自己満足的無頓着さは裁判所へ引きだされ、私たち全員が人道に対する罪で裁かれるべきです。私たちはハーグ国際司法裁判所の外で地球規模の列を作って並ぶべきです。なぜなら、私たち全員が共犯者同士だからです。地球が略奪され破壊されている間、集団的自己満足と無関心を通して私たちは沈黙してきました。そして、私たちの兄弟姉妹が貧困の中で死んでいくあいだ、私たちは顔を背けてきました。最終的に、地球を汚した人々とそれをやめさせるために何もしなかった人々は同じです。なぜなら、一方はもう一方なしで存在できないからです。顔を背ける人々はさらに罪が重いとさえ言えるでしょう。なぜなら、世界の資源を貯め込み、地球を破壊している人々は、もう一方の自己満足的無頓着さに完全に依存しているからです - そうでない限り、それは起こり得ないでしょう。

真実は、商業化とは沈黙の戦火であり、人類の成長と進化に対する戦争にほかなりません。この発言はこれ以上強調することはできません。商業化は戦争なのです。異なったサイド同士や競争する国家間、またはライバルの部族間の単なる戦争ではなく、それ自体が戦争なのです。それはすべての世帯、コミュニティ、国の中で仕掛けられている戦争です。なぜなら、商業化は非常によこしまで知性的であり、人類の弱みを正確に把握しているからです。それは私たちの感情的性質を深く知っています。なぜなら、そこが商業化の潜む場所であり、そこからすべてを操っているからです。そしてそこから私たちの信条やイデオロギーと融合し、さまざまな派閥を育成し、互いに争い合う政党を食い物にして、生存します。それは非常に掴みどころがないため、私たちの信条や主義といった株式を買うことができ、そこがそれが育つための投資場所なのです。

隠された現実は、数十年の間、別のアウシュヴィッツが徐々に構築されてきたということですが、今度は人類を商業化勢力への全面的降伏へ追いやるという違った形においてです。今日の世界大戦は、戦車と銃の形で繰り広げられているだけでなく、世界のすべての国に徐々に影を落としてきた市場勢力の信仰に隠されている破壊の中でもまた起こっているのです。既に毎日起こっている貧困関連の原因による何万人もの不必要な死が、アウシュヴィッツに相当するものでないことを誰が否定できるでしょうか?さまざまな国で経済状況がさらに悪化すると同時に、世界の株式市場が高騰したあげく崩壊し続けると同時に、商業化勢力は、紛争、混乱、そして生命を脅かす極度の不平等をもたらすことにによってますます勝利を収めています。世界規模のアウシュヴィッツが貧困と飢餓によってますます膨大な死者数を生み出すことができるまで、少数派の富裕層はさらに豊かになり続け、多数派の貧困層はさらに貧しくなり続けるのです。世界中の善意の人々が無意識にやっとうっすら感じ始めたばかりの沈黙の大戦は、私たちの存在のすべての次元で起こっています。この地球という惑星の緊急事態に私たちがどう対処するかによって、人類の未来の展望が決まるのです。読者は、今ここで述べられたことを、各々注意深く考えるように即されます。

*

次のポイントは、蔓延る商業化のベールに包まれ、浸透性が高く、そして人類に対する極度に危険な影響のいくつかを要約したものです:

  • 魂を汚染するマインドの条件付けを維持する
  • どこであろうと人々の中に劣等感を生み出し、それを深め、特定の「成功者」にならなければならないと信じ込ませ、その過程において人生の真の霊的目的を喪失させる
  • 人々のマインドに無意識の、そしてしばしば生涯続く心理的恐怖の感覚を徐々に植え付け、人生の霊的意味についての好奇心や偏見のない心を阻止し、そして常に自己満足的な無頓着さが維持されるようにする
  • 日常生活の中で、そして生涯を通して、内なる「自己」と今という瞬間への認識を抑制するために、常に人々の注意を惑わす
  • 個人やグループをあらゆる種類の信念に捉われるように駆り立て、そしてそれらの信条から無数のさまざまな主義が育まれ、永続する
  • 人々が創造的になること、コミュニケーションを持つこと、社会に貢献することを妨ぐ。
  • 社会福祉制度を弱体化させる
  • 国家と市民の間の分裂を生み、散発的な混乱と暴動の噴出を招く
  • 主義と信条、そして成功と達成の盲信に基づいた現在の教育システムが社会秩序をもたらすという幻想をもたらす
  • 子供たちにストレスを与え、無関心にさせ、自己を見失うよう追い込む
  • 皮肉とお互いへの恐怖心が当たり前になるまで、社会全体でさまざまな人々の間に不信感を生じさせ、それを維持する
  • 倫理と道徳の文化を、貧困者の面前で富をひけらかす極度に裕福な者の下劣さに置き換える
  • すべての経歴の人々の中に切実な孤独感を生み出す。それは、自分はつまらない無価値の人間だと誰もが感じるよう駆り立てる孤独感である
  • 個人や集団が人生における真の霊的目的をもはや認識できなくなるまで、世界規模の鬱状態を促進する
  • 果てしなく続き、ストレスの多い、そして最終的には人権の暴力的な追求によって正しい人間関係に対する簡単な理解が置き換えられる高度に複雑な社会を生み出す
  • 世界経済が膝をついて倒れかけている時でさえ、現在の経済システムの無限の成長が必要であるいう信条を強化する(すでに、経済的激変、社会的分裂、広範にわたる痛みと苦しみをもたらしている同じシステムである)
  • 環境問題に責任を持って取り組む誰もが、まったく希望が見えないと深刻に懸念するほど酷い地球と空気の破壊の原因となっている

すなわち商業化とは実に沈黙の戦争なのです。教育の真の意味である「自己知識」が絶えず爆撃され続ける戦争です。それは無数の人々を心理的及び物質的貧困へ追いやり、最終的にすべての国家間の本当の戦争へと導く可能性のある戦争なのです。 

繰り返します:商業も資本主義も、それら自体が危険なのではありません。しかし、社会的に分裂的かつ破壊的な方法で商業化プロセスを維持する成功崇拝の種を蒔くこと自体が危険なのです。また別の言い方をすると、商業化勢力は私たちの成功崇拝を維持し、そして私たちは成功を崇拝することにより商業化勢力を維持します。それは悪循環です。私たちは、成功と達成の追求を維持するために、これらの勢力を生活の中で必要としています。そしてこれらの勢力は自己を維持するために私たちを必要としています。そして商業化パワーを祭り上げるために、世界中の政治家たちに私たちが費やすエネルギーが増えるほど、政府内で市場勢力信仰の弟子たちがさらに養成されていくのです。

しかし結局、誰も勝利しないのです。人里離れた田舎で静かで平和な生活を送るために街を去ったとしても、それは残りの社会や問題から自己を切り離しているだけなのです。私たちがもし一流大学で最高の教育を受けたとしても、卒業した途端、邪悪な勢力が待ち構えているのです。それは、逃げることのできない、偏在する社会的圧力の計り知れない潮流であり、私たちは目に見えない津波の中に沈んでいくしかないのです。市場勢力が横行している限り、人類の意識が利益に駆り立てられている限り、若者が成功と達成を崇拝するよう条件付けられている限り、私たちは決してより良い世界を生み出すことはできないでしょう。

では、どのようにして商業化の破壊的な影響に目を向けることなく、私たちは分かち合いの本質について話すことができるのでしょうか。それは不可能です。餓死して行く私たちの兄弟姉妹に目を向けなければ、正義について語ることができないのと同じように、それは不可能なのです。利己主義と貪欲の影響が私たちの社会を支配し、私たちが成功と達成を盲信し続けるとき、どのように分かち合うことができるのでしょうか。私たちのマインドを条件付けるその巧妙で操作的な方法を通じて、商業化は分かち合いの原理を貧困者の惨めな影に、そして飢え苦しむ何百万という人々の無力な母に変えてしまったのです。これらの偏在する物質勢力を目の当たりにして、人々が分かち合いを世間知らず、または夢物語として見なすこと、そしてもしあなたが分かち合いは世界の問題を解決するための鍵だと言ったなら、彼らがあなたが惑わされていると思うのは、至って自然なことなのです。


モハメッド・ソフィアン・メスバヒはシェア・ザ・ワールズ・リゾースィズ(STWR)の創始者である。

編集協力: アダム・パーソンズ

Image credit: Tax Credits, flickr creative commons

翻訳:村田穂高