• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

今こそ、永続的なUN「110番」部隊の時なのか?

Guest content
2020年5月25日

UNはついに、複雑な緊急事態に対応する「UN110番」ファーストレスポンダーにより、何百万人もの生命と何兆ドルものお金をセーブすることを促進するための、迅速で信頼性の高い能力をもつだろうと、H·ピーター·ランギルはフォーリン・ポリシー・イン・フォーカスに執筆しています。


世界的な健康危機は、もっと公正で安全な世界のために協力することへの警鐘となっています。それに似たようなことが以前、第一および第二世界大戦の後だけでなく冷戦の後にも起こりました。地球の平和は捉えどころのないままですが、そうである必要はありません。

私たちの日常のレースの現在の一時停止は、私たち共同のグローバル·チャレンジについて考える時間を提供しています。多数の危機をもつ連結した世界は、社会的良心のより広い感覚、つまりひとつの世界の展望を促しているように見えます。多くの人が、私たち全員が運命共同体であり、皆が危機的状態にあり、そして万人が相互連結したグローバル·システムに依存していることを把握し始めています。

高校生たちは、気候変動が核兵器とともに脅威を拡張するようになったことを私たちに分からせてくれました。核兵器は、相互確証破壊(mutually assured destruction)という絶え間ない脅威、MADとして適切に知られるシステムを存続させ続けています。

 一方、何百万という人びとは、持続不可能な状況に囚われており、7200万人の人々が暴力と迫害によって強制的に追放され、2020年には1億6800万人が人道支援と保護を必要とすると推定されています。社会的排除と大規模な不平等が高まるなか、紛争と気候変動の犠牲者に責任を負わせることは遥かに困難です。

政府は対応を調整するために国連に目を向ける一方で、政府当局は国連に十分なリソースと援助を静かに拒否するかもしれません。国連の業績として、それは、ニューヨーク市の警察の年間の通常予算(56億ドル)より大幅に少ない$30億ドルで、止むことなく世界中でこれらすべての大きな課題に取り組んでいます。

現在65億ドルに削減された、暴力紛争と脆弱な民間人への主な対応である国連平和維持活動は、不当な批判を引きつけることがよくあります。いくつかの悲惨な失敗にもかかわらず、1956年以来71の活動で90%以上の成功率を維持しています。そのような記録を誇れる国軍はいません。その国連平和維持は何百万人もの命と何十億ドルもの出費をセーブし、より広範な戦争を抑えたことは偉業と言えます。

明るい側面ではありませんが、国連平和維持活動は、資金および国の貢献としての人員や設備の不足に悩まされ続けています。アメリカは貢献できないわけではありませんが、ワシントンにはそれ以上提供する十分な政治的意志がありません。今までのところ、「ノー」や「少ない資金でより多くをなす」と言うことが政治家にとって簡単で比較的一般的です。

3年前、国連総会議長は明白なことを認めました:設立から70年が経過した今も、この組織は戦争の惨劇から後世を救うという第一の目的を果たすめの準備がまだ整っていません。さらなる問題は、国連加盟国は現在、新しいアプローチを要求する差し迫ったジレンマに直面していることです。

国連平和維持は、紛争集結後の安定化を付託されてきました。国連活動の展開は6ヶ月から12ヶ月、あるいはそれ以上要するかもしれず、多くの場合、少なすぎたり遅すぎたりします。国連が防止および保護するための迅速で信頼できる能力がない場合、暴力的な紛争は激化および拡大する傾向があり、人間の多大な苦しみと破壊を招きます。従って、遥かに高いコストで、より長く、より大きな国連活動が必要になります。こういう場合、問題は激化します。

勿論、アメリカ人は、何百万もの人々が遥かに危険な状況にあることを知っていますが、それはしばしば誰の力も届かないほど非常に遠方に見えます。私たちは、緊急事態が起こった場合、110番にダイヤルし、迅速で信頼性の高い応答を正規の準備の整ったサービスから受けることを期待できます。しかし何百万人という人々はこのように恵まれていません。

従って、110番の緊急サービスはここでは機能しますが、なぜ他ではそうでないのでしょうか。同じようなサービスをその人々に提供できないまともな理由があるのでしょうか。いいえ、協力することを学ぶか絶滅の危険を冒さねばならないますます相互依存が強まる世界では、そうとは言えないのです。

そしてもし、より良く準備の整えておくことが何百万という人々の生命と何兆ドルもの費用をセーブできるのであれば、そうではないのです。

UN110番

どうすれば良いのでしょうか。カナダの国連緊急平和部隊(UNEPS)の提案は、迅速に支援を提供することができます。このアイデアは、UNと協力して実施された公式の調査、それに続くルワンダ虐殺の余波における28の加盟国による多国籍イニシアチブに端を発しています。

このひとつの発展により(事実上、複雑な緊急事態に対応するファースト·リスポンダー「UN110番」)、国連はついに、そのより厳しい任務のうち4つを遂行することを促進する迅速で信頼できる能力をもつことになります。UNEPSは、武力紛争と大虐殺犯罪の防止、極度の危険にある民間人の保護、多大な努力を要する平和活動の素早い立ち上げの確保、そして誰にもできないか、または遂行しない人間のニーズへの取り組みの促進を目的としています。

議論の余地はありますが、その最も独特の特徴は、国連安全保障理事会の承認が得られ次第利用可能な、様々な活動に対応できるように準備された「永続的な」サービスになることです。

国連緊急平和部隊は、既存の国連の取り決めを補完し、緊急事態の最初の6ヶ月の決定的な形成を行います。それは、多面的(民間、警察および軍事の要素で構成された)および多機能(安全、環境、健康、人道上の緊急事態)、そして男女平等であるという点で、現在および将来の必要性に対応しています。

モジュラー設計により、展開はさまざまな緊急事態のミッション固有の要件に合わせて調整できるでしょう。 特に、医療チームとモバイル·ホスピタル; 災害援助と環境危機対応チーム; 平和構築者、調停者、紛争解決チーム; 法と秩序を回復するために形成された警察部隊と、安全と保護を提供するための信頼できる2つの軍隊のグループが含まれます。

奉仕を志願する人々から国連によって献身的な個人が募集されます。 メリット、スキル、およびコミットメントに基づいて選別された人々は、国連の国際公務員と同様に訓練および採用され、指定された国連基地に配置されます。

このような部隊は、システム全体でより高い基準を奨励します。 それはまた、最初から国民を高リスクの可能性のある活動に配備するかどうかについての厄介な決定を迫られた場合に多くの政府が直面する政治的圧力を相殺するのに役立ちます。

UNEPSは、民間の非暴力平和隊にとって非常に役立つ可能性があります。 平和構築のように、これらのオプションは、複雑な緊急事態への一貫した一連の対応のなかで、一緒の方がより良く機能します。

非武装の平和維持活動は、穏やかな紛争では非常にうまく機能する可能性がありますが、ルワンダ、スレブレニカ、ダルフール、ミャンマー、シリア、イラク、スリランカ、ミャンマーなどの酷いケースでは機能しません。 信頼できる「UN110番」がない場合、そのような犯罪や残虐行為を抑止または阻止することは、殆どありません。

平和と非暴力のグローバル文化が優先事項となります。 しかし、このプロセスがうまくいくためには、この先重要なステップと段階があります。 UNEPSは、国連が安全を保障できるようになることへの第一歩です。それは、攻撃的な隣国に直面する政府の正当な安全保障上の懸念を緩和するのに役立つものです。そうでなければ、彼らは武装し、軍事化し、今まで通りの「古いゲーム」を存続させるでしょう。

可能な提案

実際、1961年には早くも、アメリカの当局者は、このような国連部隊が、戦争からの解放に向けた2つの重要なステップである広範な軍縮プロセスの前提条件であることを認めていました。さて、もう1つの不都合な真実は、人々と地球が、193の主権国家の3分の2が競って、さらなる戦争に備える余裕はないということです。 これらの資源は、気候変動、健康、持続可能な開発に取り組むために緊急に必要とされています。

命を救うだけでなく、UNEPSはコストの節約にも役立ちます。 アメリカおよびその他の国では、コストは優先事項および利益に対して決定される傾向があります。

見たところ、政治家がF-35戦闘機に「ノー」と言うことは不可能なようです。この戦闘機は、長引く問題があり、かつ最も高価な兵器プログラムであり、その寿命が尽きるまでに1兆ドルを超える経費が納税者の負担になると予想されています。 核兵器禁止条約にもかかわらず、議会予算局は、米国国防総省の核兵器の近代化および維持計画は次の10年間で4,940億ドル、平均で年間約500億ドルの費用がかかると推定しています。

しかし、将来の安全保障があるとすれば、生存の危機、法外なコスト、必要な幅広い協力を損なう脅威をもたらすシステムではなく、共有の世界的な課題を支援する能力に依存するでしょう。

国連緊急平和部隊の創設には、30億ドルの立ち上げ費用と、毎年15億ドルの再発コストがかかり、194の加盟国間で比例的に分担されます。 しかし、この部隊は、変動の激しい紛争の拡大の防止; グループによる暴力の阻止;そして 国連の活動の規模、期間、頻度の削減に役立つはずです。

これらの分野の1つだけで成功したとしても、この努力に実質的な利益がもたらされます。

合意された場合、米国の初期費用は約8億4,000万ドル(現在の軍事予算の1%をわずかに超える額)、年間再発コストは4億2,000万ドルになります。 裕福な納税者は、特に不都合はなくその費用を賄うために協力することができるでしょう。

そのような進展が簡単だろうとは誰も予期していませんが、もはや「ミッション:インポッシブル」ではありません。 世界的に著名人の支持を集めることは別として、提案されたUNEPSは以前にアメリカ合衆国下院の30人の議員(H-Res 213によって支持されていました:

「人道的危機の初期段階で介入できる国連緊急平和部隊が数百万人の命、数十億ドルを救うことができ、米国の利益になるという衆議院の見識が表明された。」

イギリスの労働党 Labor Partyもこのアイデアを支持し、最近はカナダの新民主党が支持し、緑の党は幅広い関心を示唆しています。 したがって、その時に急進的と見なされるものでも次に保守的であると考えられ、受け入れられます。

国連緊急平和部隊は万能の方策ではありませんが、その可能性がかなり大きいことは明らかです。 今、人々と地球が危機に瀕している状態では、力と利益を求めて競争のなか分裂するか、思いやるコミュニティとして結束するかのどちらかです。 共同プロジェクトの背後にある国際協力を一新して、あらゆる場所の人々を支援することも急務です。 そのプロジェクトは、すべての人がより高い目標を目指すよう動機づけ、刺激を与えることが理想的です。

国連平和維持活動のパイオニアであった元国連政治問題担当次官ブライアン·アーカート卿の言葉によれば:

「この冒険的企ては、責任ある機関としての国連にとっても、将来的には国連の能力の不可欠な一部として、それが救済する何百万人という未知の無実の犠牲者にとっても最重要です。国連緊急平和部隊はこれまでにないほど緊急に必要とされています」


H.ピーターランギル博士は、平和と紛争の研究と国連平和維持活動を専門としています。 彼は、国連緊急平和部隊について、および持続可能な共通の安全保障の包括的コンセプトについての提言と計画の主な執筆者です。 コンタクト:hpl@globalcommonsecurity.org

Original source: Foreign Policy In Focus

Image credit: Some rights reserved by United Nations Photo, flickr creative commons