• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

気候マーチに参加しよう

Campaign against climate change

When

2018年12月1日

Where

Campaign against Climate Change , Outside the Polish Embassy, TBC., London , United Kingdom

最新のIPCC報告所は、もし私たちが1.5度の警告を破るならなにが危険にさらされるかを明確に述べる、惑星地球にとって画期的な指標です。

長年、2度が「安全」リミットとして話されてきました。1.5度がパリ協定までなんとかたどり着いたのは、気候変動の危険に最も瀕した国々の不断の取り組みがあったからこそでした。しかし、2度が誰にとっても「安全」でないことは、現在明らかです。私たちがそれを超過する軌道にあることもまた明らかです。国々の不十分な気候変動取り組み計画は、今日の子供たちの生涯において3度または4度の超過をもたらすでしょう。

熱波とハリケーンがその一つの証拠です:気候変動のために行動せねばならない時です。パリ協定は出発点でしたが、私たちにはまだ長い道のりがあります。そしてそれは、化石燃料をやめようとしないトランプだけではありません。フラッキング(水圧破砕法)からヒースロー空港の第三滑走路建設まで、イギリスは気候アクションにおいて立ち往生しています。

この12月にポーランドで国々が、パリ協定を脱線させないよう保つための次の決定的なステップを交渉します。状況は切羽詰まっています。

しかし、化石燃料セクターの勢力が浸透する国連会議において私たちの代表として政府に依存することは不可能です。私たちは起動変動の最前線にいる人々の声をきく必要があります。化石燃料産業の公害によって土地と水が脅かされている人々の声、そしてグリーンな仕事のために戦っている人々の声をきく必要があります。この夏のトランプのイギリス訪問に対する前例のない動員の時のように、私たちは社会の全領域からの連帯を必要とします。ポーランド政府は市民社会の声を抑圧しようとしていますが、私たちは声をあげ、政府に今気候変動に対して行動するよう明確なメッセージを送ります。

12月1日午後12時から4時までCampaign Against Climate Change(気候変動運動)に参加しよう。

Map location