• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Viva la # SharingSpring! - 分かち合いの春#万歳!

Adam Parsons
2015年3月5日

シェアリング・スプリングが始まると同時に、政府と大企業の失敗への対応として、ますます多くの人々が分かち合いの地方化された形態に参加しています。これが正しく極めて重要である一方、国家およびグローバルレベルで分かち合いの原理を政府の政策に融合させることを、市民が政治的代表者に要求することが同様に重要です。


春満開になり始めると同時に、分かち合いの経済ムーブメントは、異なった都市および世界の地域で計画されている一連のイベントを持ってその活動を強化しています。OuiShare、the New Economy Coalition、the New American Dream、Peers、 The People Who Shareおよびその他の − 協力者を伴ったShareableによって率先され、多くの大きなシェアリング・イベントがサンフランシスコからサンパウロ、ブエノスアイレスおよび英国のブリストルまで、スプリングシーズンを通して開催されます。そして、6月1日がやってくる時、これらの共同イベントは地域における技術の交換やストリート・シェアリング・ジャンボリーから時間貯蓄、カープール(乗り物の相乗り)、コミュニティ・ガーデニング、そして食料または電力・ガスの共同購入まで、すべてにおける近所の人との分かち合いのパワーを実証するためにコミュニティをひとつに結ぶだろう、Global Sharing Day 2014を持って最終日が締めくくられます。 

世界中からのローカル・シェアリング・グループと合同でなされたShareablesによる map jamsプロジェクトの成功に続いて、シェアリング・スプリングは、これらの解決策の背後のリーダーたちを結びつけ、経済的な分かち合いの大衆運動の口火を切ることを狙いとします。特にアラブの春、オキュパイそしてインディグナドスなど、2011年以来世界を一掃してきた社会正義のためのピープルパワー・ムーブメントに鼓舞されることによって、既存の、経済的、環境的または社会的チャレンジの草の根的代替をシェアリング・スプリングは浮き彫りにするでしょう。 Shareableが彼らのウエブサイトで述べるように:「新経済を創造することが政治的変革および時間を要する一方、人々は今、解決策を必要とします… それにもかかわらず、人々には、自らの経済的運命を即時に決定する選択を自らがつかまねばならないのだという認識がまだ殆どありません」

静かな革命

労働組合リーダー、サラ・ホロウィッツは、「切りがない愚かな消費を持って」伸び悩む主流経済を支えることをもはや望まない、何百万人もの一般人によって促進される「静かな革命」の分かち合いのもと構築された新経済を要求しています。単調な、消費するための仕事への拡大する拒絶反応のなかで、彼女は、「既存のシステムを放棄することでそれを攻撃する」方法として人々が(時間、お金、物資、サービスなどの)資源を自然に分かち合うところの、そして現在のところ声を持たない非政治的なムーブメントとして、分かち合いの経済を考えます。そして、利益および短期的収益を優先する政府と企業が明らかに人々のニーズを満たせないでいることから − お互いに繋がり私たちが直面する多くの問題への解決策を自ら築くことを望む、自分たちの行為の生態学的、社会的および経済的インパクトについて認識のある人々によってそれが促進されていると彼女は議論します。さらにそれは、どのように地球の天然資源に限界があるのかということ、そして、政府によって追求されている消費主導型の経路が、社会的、経済的および生態学的観点からどのように持続不可能であるかということを、暗黙的に理解しているムーブメントなのです。

STWRの視点からこの収束する危機の時代に認識すべき大切なことはまた、資源の分かち合いにおいて不可欠な役割を政府が担うことを要求するために何百万人もの人々が街頭に出てデモ活動をしているということです。分かち合いのためのこれらの政治的ムーブメントは、共益のために政府の歳入のもっと公平な分配を要求するノースキャロライナのMoral Marchers(道徳的デモ隊)や、公共支出における適切な優先順位を要求する2013年の「Brazilian Spring(ブラジルの春)」に同じく反映されるように多様な形態を取っています。ウォール街からゲジ公園、そしてプエルタ・デル・ソルまで、経済的分かち合いへの暗黙の要求はまた、緊縮経済措置の代替策;再分配的な政策および租税正義を通しての富と収入のより公平な分配;参加型民主主義および共通の政治的デモ活動;天然資源の分配および保護;そして共有の公共空間およびコモンズの非囲い込みのための広範囲に渡る動員にも具現化されています。

究極のシェアリング・スプリング

私たち自身のコミュニティ内だけでなく、国家的および世界的レベルで分かち合いの斬新な可能性を革新者が実現し始めている多くの兆候もあります。例えば、ジュリアン・アジェマン教授とその他がFriends of the Earth (FOE)の解説記事に書いているように、今日の「経済的分かち合いのリバイバルがグローバル規模で広がり政治的分かち合いを支えることが可能です」現代的分かち合いの活動についてのこの手短な調査は、「これまでのところ、分かち合いの文化によって触れられていない資源は僅かですが… 共同制作および政治的領域における集団的分かち合いの態度を一層活発に支持するための機会があります」マイク・チャイルズ、FOEのベテラン環境運動家は、政府の制作を支持し、環境的および社会的に持続可能な経済モデルを発展させるための刺激を提供する、個人主義的および物質主義的想定を押し戻す反体制文化のムーブメントに分かち合いがなり得ることをさらに論議しています。

恐らくここに、シェアリング・スプリングの究極的可能性があるのでしょう:それはまず第一に、環境破壊、気候変動、持続不可能な食料システム、消費主義および経済成長マニア、企業利益優先制度および富と収入の不公平な分配など、危機的な世界問題の解決策として経済的分かち合いの必要性に対する認識を高めること。そして第二に、政府の決定に影響を与えることのできる大衆の草の根運動にその共有の認識が転換される時、一般の人々が握るパワーを実現することです。充たされていないコミュニティのニーズへの対処として地元の分かち合いの形態が拡大されることは適切であり不可欠です。それは、お互いへの援助に基づき資源を集団利用し分かち合うために人々が結びつくのなら特にです。しかし、すべての国の国民が、「人民の人民による人民のための政治」人民の人民による人民による政治の彼らの民主的権利を取り戻し、分かち合いの原理を政府の政策に融合させることを政治的代表者に要求することも同じように重要です。

STWRサイト上で グローバルな分かち合い運動 のページに書かれているように:「最終的に、グローバルな経済的分かち合いの正当性は、私たち共通の人間性および慈悲心へのシンプルな訴えかけを持って要約され得ます。さらに平等で持続可能な世界への集団的要求だけが、共通のプラットフォームで最富裕国および最貧困国双方の国民を統一することが可能です。…もし国際規模の分かち合いの正当性が各国内の再分配への要求と同じくらい迅速に公衆のイマジネーションを捉えるなら、ひいては目に余る不平等、生態学的危機および世界的紛争の終焉が、最終的に現実的な可能性となり得るでしょう」
 

さらなるリソース:

The #SharingSpring is About to Bloom, by Neal Gorenflo, Shareable

We Gathered, We Mapped, We Shared: a #MapJam Follow-Up, by Cat Johnson, Shareable

Global Sharing Day 2014, by The People Who Share

Occupy Big Business: The Sharing Economy's Quiet Revolution, by Sara Horowitz, The Atlantic

"Moral March" Poses Big Questions for Progressives, by Ira Chernus, Commondreams.org

Movimento Passe Livre, Wikipedia

Taksim Commune: Gezi Park And The Uprising In Turkey, a film by Brandon Jourdan and Marianne Maeckelbergh, Globaluprisings.org

Sharing cities, by Professor Julian Agyeman, Duncan McLaren and Adrianne Schaefer-Borrego for Friends of the Earth [pdf]

The Power of Sharing: A Call to Action for Environmentalists, by Mike Childs, Shareable

Twelve reasons to strengthen extraterritorial human rights obligations, by Rolf Künnemann for Fian International [pdf]

Moving beyond the corporate vision of sustainability, by STWR

グローバルな分かち合い運動、STWR

Photo credit: CGP Grey, flickr creative commons