• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

分かち合いの原理についての考察

この連続考察シリーズのなかで、STWRの創始者モハメッド・メスバヒは、社会的・経済的・政治的展望からだけでなく霊的・真理的展望からも分かち合いの原理の意味と重要性について探求します。

モハメッド・メスバヒによるアーティクル、インタビュー、ブックはここをクリック してください。

これらの考察は英語ドイツ語イタリア語スペイン語フランス語スロベニア語でお読みいただけます。

Report / 2018年2月1日

国連の後援のもと組織立てられた、真に普遍的そして無条件のベーシックインカムが最終的に各国で実行可能であるにもかかわらず、これはまず第一に、世界資源のより公平な分かち合いに基づき、飢餓と不必要な貧困を根絶するという目標への比類なき一般人の支持にかかっているのです。

Report / 2017年10月2日

全人類の共益を迎え入れるためには、平均的人間の認識を拡大する心理的意識改革の必要性を第一に熟考しない限り、地球の共有資源管理のための新経済パラダイムを真剣に見通すことは出来ないでしょう - モハメッド・メスバヒ。

Report / 2017年1月31日

真の分かち合いの経済は、利益や競争的な自己権益の追求によって特徴付けられる古いやり方の終焉を象徴しますが、その一方で、大変豊富な金融資本と利用可能な資源を持つ世界での飢餓根絶を通してのみ、唯一政府間の分かち合いと協力の新時代が始まるのです。それが、現在殆どの人の想像範囲を超える遠大な意味合いを伴い、分かち合いの霊的および変革的ビジョンが見いだされるところであるとモハメッド・メスバヒは記す。

Report / 2016年9月22日

STWRの創始者モハメッド・メスバヒはこのインタビューで、激化する気候危機との関係から世界資源を分かち合うことの現代の政治的およびより深い霊的な意味合いを考察します。

Report / 2015年7月30日

長年の政治的怠慢の末、一般大衆の良識だけが、すべての国での断続する壮大な抗議デモを通して豊かな世界のなかの貧困を根絶することができるのです。従って、すべての人に十分な食糧、住居、医療、社会保障をもたらすために、長期に渡って合意されて来た、世界人選宣言第25条の人権を共に布告することにより抵抗最小限の道を選びましょう。それが、資源を再分配し、グローバル経済を再構築するよう政府を駆り立てるための最も確かな道であると、モハメッド・メスバヒは記します。

Article / 2014年10月29日

世界資源の正しい分かち合いに基づき、より包括的、霊的な展望を通し、アメリカがその価値観を即急に変貌させねばならない時が来ました。

Article / 2014年7月18日

分かち合いが地球の危機への解決策であり、分裂した世界を蘇生させるための私たちの最後の希望であるという認識を、どうしたらもたらすことができるのでしょうか。

Article / 2014年5月7日

世界中の善意の人々をひとつに結ぶことは、地球規模の社会変革のために私たちに残された最後の希望です。分かち合い、慈悲、正義に基づき人類の大部分が結束することは、最大の緊急事態として達成されねばなりません ー モハメット・メスバヒは記す。

Article / 2014年4月3日

人間に対しての、蔓延る商業化の危険で社会的に分裂的、そして破壊的な影響を同時に理解することなしに、私たちは分かち合いの重要さを話し合うことはできません。市場勢力に盲目的に先導される社会に私たちが住む限り、分かち合いの原理は常に覆い隠されてしまうでしょう ー モハメッド・メスバヒは記す。

Article / 2013年12月24日

あなたと私は、私たちが世界の問題の原因だと非難するシステム自体を構成しています。私たちがクリスマスにイエスの名のもと弱った地球からショッピング街で消費という略奪を行う時、それはあからさまに実証されます。今年、キリストの誕生を祝うため自由と正義の旗のもとで結束し、世界中の飢餓と貧困をなくすために平和的デモンストレーションをするより他に良い方法があるでしょうか ー モハメッド・メスバヒは記す。

Article / 2013年8月9日

もし私たちが、食糧豊かなこの世界の飢えという永続する犯罪を止めさせることに関心があるなら、私たちの活動は自国やコミュニティーの域を超えたところにあるべきではないでしょうか。むしろ食糧の分ち合いを地球規模で、そして何よりも飢餓の根絶を政治との関係の中で考えるべきでしょう ー モハメッド・メスバヒは語る。

Article / 2011年12月13日

経済危機の悪化と同時に、政府の最前の義務は、誰一人として餓死することがないよう政治経済システムを再設計することです。しかし、公衆に支持された比類のない蜂起なしでそれは決して起こらないであろうと、モハメッド・メスバヒは語る。