• English
  • 日本語
  • France
  • Deutschland
  • Italy
  • España
  • Slovenia

Studies

Report / 2018年2月1日

国連の後援のもと組織立てられた真に普遍的かつ無条件のベーシックインカムが最終的に各国で実行可能ながらも、これはまず第一に、世界資源のより公平な分かち合いに基づいて、飢餓と不必要な貧困を根絶するという目標への比類なき一般人の支持にかかっているのです。

Report / 2017年10月2日

人類全体の共益を迎え入れるために平均的人間の認識を拡大する心理的意識改革の必要性を第一に考察しない限り、地球の共有資源管理のための新経済パラダイムを真剣に見通すことはできないでしょう。なぜなら人類もまた、惑星的・霊的視点から、コモンズの不可欠な部分であるからです。

Report / 2017年9月14日

A truly universal and unconditional basic income is ultimately feasible within each nation, coordinated under the auspices of the United Nations. Yet this will initially depend on an unparalleled degree of public support for the cause of ending hunger and needless deprivation, based on a fairer sharing of the world’s resources.

Report / 2017年4月24日

We are unable to seriously envision a new economic paradigm for managing the earth’s shared resources, unless we first contemplate the need for a psychosocial transformation across the world, whereby the awareness of the average person is expanded to embrace the common good of humanity as a whole. 

Report / 2017年1月31日

真の分かち合いの経済が利益や競争的な自己権益の追求によって特徴付けられる古いやり方の終焉を象徴する一方で、金融資本と資源が大変豊富な世界での飢餓根絶を通してのみ、政府間の分かち合いと協力の新時代が幕開けるのです。

Report / 2016年11月10日

The true sharing economy represents the end of the old ways defined by the pursuit of profit and competitive self-interest, while a new age of intergovernmental sharing and cooperation can only begin through the channel of ending hunger in a world that has such an abundance of financial capital and available resources. 

Report / 2016年9月22日

STWRの創始者モハメッド・ソフィアン・メスバヒはこのインタビューで、激化する気候危機との関係から世界資源を分かち合うことの現代の政治的およびより深い霊的な意味合いを考察します。

Report / 2016年6月24日

The following interview with STWR’s founder, Mohammed Sofiane Mesbahi, examines both the contemporary political and profounder spiritual implications of sharing the world’s resources in relation to the escalating climate emergency.

Report / 2015年7月30日

After so many years of political inaction only the massed goodwill of ordinary people can bring about an end to poverty in a world of plenty through enormous and continual protests across all countries. So let’s take the path of least resistance and jointly herald the long-agreed human rights of Article 25—for adequate food, housing, healthcare and social security for all.

Report / 2015年7月30日

長年の政治的怠慢の後、一般大衆の良識だけが、すべての国での絶えることのない壮大な抗議デモを通して、豊かな世界の中での貧困を根絶することができるのです。従って、この抵抗最小限の道を選ぶことにより、十分な食糧、住居、医療、そして社会保障を万人にもたらすために、長期に渡って合意されて来た世界人権宣言第25条の人権を共に布告しましょう。それが、資源を再分配し、グローバル経済を再構築するよう政府を駆り立てるための最も確かな道であると、モハメッド・ソフィアン・メスバヒは記します。