クリスマスとシステムと私

あなたと私は、私たちが世界の問題の原因だと非難するシステム自体を構成しています。私たちがクリスマスにイエスの名のもと弱った地球からショッピング街で消費という略奪を行う時、それはあからさまに実証されます。今年、キリストの誕生を祝うため自由と正義の旗のもとで結束し、世界中の飢餓と貧困をなくすために平和的デモンストレーションをするより他に良い方法があるでしょうか ー モハメッド・メスバヒは記す。


政治家に失望し、社会の問題に苦悩し、そこにはなにか腐り切ったシステムがある印象を受けます。ためらうことなしに、私たちはシステムを批判し責めます。しかしながら実際には「システム」などというものは存在せず、過ぎ行く日々において、世界情勢を変えるためになにもしないという偏狭で自己満足的な生き方の中で、あなたと私だけが存在するのです。世界を見て、「なんと腐ったシステムなのか」と言った途端に現実を見逃し、私たち自身と人類の問題との間に分裂を生じさせるのです。実際、システムが私たち皆の共同制作の結果であるにもかかわらず、自分たちとはいかにも違った存在としてシステムを名指しし、人類から自身を切り離すマインドの驚異を観察するのはなんと奇妙なことでしょう。

例えば、テレビで口論している政治家を見ていて、私たちはもし自分たちが選んだ政党がまた約束を破ろうものなら、投票する政党を変える傾向にあります。恐らく、私たちは45年間労働党へ投票してきましたが、彼らが税金を上げる恐れのある今、自分たちのより自己中心的な関心に沿った政策を制定するという誓約を掲げる保守党を支持することに決めます。活動家となり世界中へ真の変革をもたらすために他と結びつく代わりに、まるで政治家が親であり、私たちは彼らに頼る子供であるかのように振る舞い、 主に自分のことだけを考え、社会を改善する全ての責任を政府へ丸投げしているのです。その間に政府は権力を保ち各投票者の先入観へつけ込むために、彼らが理解することのない破壊的市場勢力を使ってごまかし操作することにより、複雑な計画と利益をもたらす投資を魔法のようにだしてみせるのです。私たちが家のローンを心配し私的な幸福のための個人的聖戦へ挑んでいる間、社会や環境、また次世代の将来の展望に対して破壊的な影響の原因でもある商業化勢力を野放しにする許可証を無知な政治家に与えているのです。そして更にこの地球の創造性、正義、自由、人間の進化の自然の流れを妨げることに自分たちが一役買っている事実を認識することなく、その結果としての社会的、経済的混乱の全てをシステムのせいにするのです。

私たちが好んでシステムと呼ぶ日常生活の単調でつまらない仕事と分裂を顕現することに自ら請け負った役割を、私たちはなぜ内部の認識を通して理解できないのでしょうか。私たちは何度資本主義を責めるのでしょうか。特に、それがマインドに分裂を生むこと、そしてその分裂自体が「主義」の本質そのものである事実を悟ることなしに。自分たちの権威を政治家へ放棄し、自己の行動の欠如と無気力のせいにかかわらず、 全てがうまくいかずシステムを責める時、投票という行為は主義の直接的表現となります。もし私たちが常に主義や対立するイデオロギーに基づきお互いの間に分裂を生じさせているとしたら、社会がどう統治され構造化されるべきか政治について話し合うことにより、あなたと私は時間を無駄にしているのです。恐怖、自己本位、そして自己満足的な無頓着さを隠す口実として、自分たちが執着する政治的主義はもとより、全形態における主義をつくり代表しているのは私たちです。「あなたは労働党」「私は保守党。私の政党はあなたの政党に同意しません」「私たちはイデオロギーのために戦争をします」。両者の状態は同じレベルの思考から起こります。そして周りの世界が徐々に死んでいっているこの時でさえ、私たちが皆でつくりあげた心理的分裂に苦しむのは私たち人なのです。そして、共同の責任から逃れることはできないのです。自給自足のコミュニティーへ引きこもり、それにより自己を心理的または物質的に社会から切り離すことによってさえ逃れられないのです。人類が死んでいっている限り、私たちがこの地球での生き方を完全に変えるまでは、いずれにせよ私たちも死んでいくのです。

資本主義の捉えどころのなさ

資本主義が人々と地球に対しなにをしているのか、また社会運営の様式がどのようにしてこれほど緩み、コントロールがきかなくなったのかについて、もし心理的観点から注意深く考察し理解するとしたら、私たちは、自己満足的な無頓着さ、貪欲さ、盲目さ、そしてなによりも集団としての傲慢さ、といったいくつかの基本的要因を突きつけられます。従ってもし資本主義が腐っているなら私たちも全員腐っているのです。なぜなら、私たちは何代にも渡ってこのよこしまなシステムをつくり維持してきた人間の振る舞いを代表しているからです。実に私たちが資本主義と呼ぶ純粋な意味でのそれはもはや存在しません。今日私たちが目にする全ては、孤児と化した分かち合いの原理の最もあからさまな対極に立つ未亡人となり堕落した原理の乱用です。政治的、経済的意味での分かち合いは余りに徹底して無意味なものにされてしまったため、それは既存の政府のトップレベルの間で殆ど理解されないと同時に、かつて大学で教えられたような資本主義の古い考え方はここ何十年かの間で失われ、実にひどい人間の振る舞いに完全に取って代わられました。

従って、人類の問題をシステムのせいにすることは私たちの真剣さ、成熟さ、そして認識の欠如を象徴するにすぎません。社会とシステムに対する厳しい批判によって自分たちをお互いから切り離す中で、その心理的分裂が遂には残りの人類に対する無関心としてそれ自体を象ります。私たちは働き、眠り、そして生計を立てるためにあがくと同時に、習慣的日常活動の空虚さに関係なく私たちが「私の人生」と「私の権利」と呼ぶ自分たちの小さな箱の中の楽な存在を続けていくことをむしろ好むのです。私たちは一番に、そして真っ先に自分たちのことを考え、どんなことよりも私たちの休暇、私たちの年金、私たちの楽しみ、そして私たちの家の改善を優先します。「私は煩わされたくありません」が、私たちの頭上に掲げるのにふさわしい張り紙です。勿論、快いものに囲まれ不自由なく謙虚に暮らすことはなにも間違っていません。しかし、富裕者がこの世界で真に快適に生活するためには、他の人も皆必要とするものを持っていることが確かでなければなりません。そうでなければ、彼の快適さはボディガードと防護フェンスの費用分高くつくことになるでしょう。貧困者でさえ、常に意気消沈し無気力であり続けるうちに、分割された世界の不正を受け入れるよう大変強く条件付けられており、よって団結しシステムの不平等へ挑戦しようと思いません。私たちの自己満足的な無頓着さは余りに長い間、恐怖と自己知識の欠如によって感情レベルに保たれてきたため、それはほぼ遺伝子に組み込まれてしまっています。人間としてのより崇高な目的と創造的可能性に対して最後には私たちが霊的に死んでしまうまで、そしてお互いの間の心理的分裂自体が人類の進化をこのように時間のかかる痛々しいものとしたのです。

この観点からシステムと呼ばれるものは、異なった国々の人同士の関係へと同様、社会の中のお互いの人間関係への誤った姿勢であると簡略に定義付けできます。社会が私自身の延長であり、私自身が国内、国際レベル両方の顕現においてのシステムであるという心理的事実を理解するなら、貧困と不正と政治的腐敗に直面した時、「それはこれまで常に存在してきたから」などと言うことはもはやないでしょう。一度、人類の問題から誰一人として放免されることがないと認めるなら、私の意識中の原動作用の全てが根本的に変わるでしょう。そして少なくとも、私は各国で起こっている自由と正義のためのデモンストレーションに参加するでしょう。システムを責めるのみで世界情勢を変えるためになにもしない人々の自己満足的な無頓着さは事実、ペテンの一種です。裕福か貧困かにはなんら関係ありません。個人的な快適さと幸せだけを求め、世界を脅かす緊急事態に対しての認識がなく無関心な生き方は、私たち自身と他の人々両者にとって維持していくには心理的に危険です。人生に対しそのような態度をとりながら、市場勢力が暴動を起こし、社会分離と広範囲の破壊の原因になっていることに文句が言えるのでしょうか。商業化が私たちの動脈に入り込んだ今、私たちの集団としての自己満足的な無頓着さがあまりにも広く蔓延してしまったため、世界の大変動とアルマゲドンについて語る狂信者に耳を傾け始めねばならないかもしれません。実に、もしこれを人類のベストと呼ぶなら、共に結束することに大衆が目覚めるために残された唯一の希望は、恐らく世界経済の最終的な崩壊でしょう。

クリスマスにおける私たちの共同犯罪

システムを維持する中で、クリスマスのお祝いほど私たちが暗黙の共犯者である良い例はありません。この時期、私たちはイエスの名のもとショッピング街で消費に消費を重ね、弱った不幸な地球から略奪します。私たちのうちなん人がリサイクルをし、環境の価値を強く主張し、そしてその後12月25日がやってくる時、倫理の全てに別れを告げるのでしょうか。費用がいくらかかろうとも祝わねばならないのですから。そしてひいてはそのように沢山のお金を高価なプレゼントに使うことは政治的追従行為であり、根本的に自己の叡智と自由を拒否する行為であることを私たちは認識していません。私たちはある一定のライフスタイルのイメージを保つため、十分なお金がなくても、借金をしてでも友人や親戚へプレゼントを買うことを選ぶのです。経済と環境の両方の観点から、何百万人という人々、そしてすべての国々が維持不可能な負債を抱えているにもかかわらずです。とてつもないストレスと苦しみを抱える現代において、心理的にお互いから切り離され生きている悲しい真実を内面でわかっているにもかかわらず、それでも私たちは天国に座す捉えどころのない、髭を生やした父の名のもとにクリスマスを祝うのです。あるいは、「皆で再会する」機会を楽しむ幸せな家族という名のもとに、内側の孤独で条件付けされた存在の空虚感を埋めるという名目で、また、毎年クリスマス・イブにすべての子供たちがパブロフの犬の条件反射の実験における最適な候補者となるまで、すべての不必要なプレゼントで子供たちを惑わすという名のもとに、クリスマスを祝うのです。そして、世界に起こっている全てにおいて私たち自身も同じく責任があるにもかかわらず、地球を破壊するのは政府、企業、システムのせいだと言って私たちはお互いを騙し合うのです。

これはクリスマスの祝祭を非難したり、あるいは他の人々のお祝いを批判するためのものでもありません。ただ単に今日起こっている現実について偏見のないマインドを通して問うためのものです。それは裁くためでも非難するためでもありません。なぜなら既に明らかなように、世界の問題について私たち全員が責められるべきであり、誰もそれから放免されることはないからです。むしろ、それは完全な正直さを持って問われるべきなのです。今日知られているクリスマスは愛やイエスとどう関係あるのでしょうか。この問いと向かい合う勇気と誠実さを持って答えを見つけるために私たち自身の内面と静かに向かい合いましょう。「メリークリスマス」「明けましておめでとう」の同じ挨拶を毎年何度も繰り返すことにより「人生は続く」のだとお互いと自分たち自身を装う価値はなんでしょうか。毎年私たちの生活が全く同じままであり続ける時や、多くの一般人が自殺に追いやられるほど毎日が恐怖とストレスと不安感で満ちている時に、これは一体どのような挨拶でしょうか。私たちの殆どがさまざまな度合いの落ち込み、寂しさ、そしてお互いから心理的に切り離されて生きる人に言えない痛みを苦しんでいる時に。そしてとりわけ、日常社会に適応し普通であるよう見せるためにつくられたイメージを通しとても上手に隠している霊的貧困を私たち皆が病んでいる時に。私たち自身のイメージは、相当なストレスと負担を通して築かれ、それは何十年という月日の間、時には一生保持されなければならないのです。

更に深く掘り下げてみましょう。そしてなぜ、クリスマスの時期に、笑いと、食卓を越えて今世界で起こっていることに無関心でクリスマス・ディナーを楽しむためだけに、偽りのいわゆるクリスマス精神のもと何百万という多くの動物を殺し、あれほど多くの木を切り倒すのか追究してみましょう。イエスの愛が私たちの家に毎年12月25日にだけ伝わるかのごとく、自分たちの不安で空虚な存在の穴を埋めるため、毎年1月1日までに膨大な地球の資源が破壊され無駄にされてきました。結局のところその全ての破壊と自己道楽は、真実あるいは道徳的な目的のためではなく、ただの信条のために行われたのです。悲しくも私たちの多くが徐々に気づいているように、歪められた教義の迷路の中で数千年間教会が私たちをその信条へと惑わせ導いてきました。あのように沢山のプレゼントを買うのは愛と親愛の情の表現だと私たちは自分自身に言うかもしれませんが、なぜその愛が毎年決まった日に表現されねばならないのでしょうか。それは本当に愛なのか、それとも私たちの叡智の否定と「信条に対する信条」に基づいた追従と条件付けなのでしょうか。それが後者である場合、クリスマスプレゼントとクリスマスツリー、そしてあのように沢山の食べものと飲みものを群れをなして買い漁るのは、本質的に愛と自由の欠如した社会的行為であり、必然的に精神的、または霊的不快感によって特徴付けられるものです。なぜなら、追従は恐怖に根ざさない限り存在できないからです。それは自動的であり、それゆえこの地球に対する暴力とは考えてもいないのです。そしてそれは最終的に私たちの内部の認識と創造力を蝕みます。それは、集団としての共犯、偽善、そして自己満足的な無頓着さから自分たちの注意を習慣的にそらしながら、私たちが嫌うと公言するシステム自体を永続させる中で毎年繰り返す無意識の嘘なのです。

私たちは皆ペテン師

私たちが皆この現実の一部だということ、そして現代社会へ参加しているというだけで、私たち皆、ある程度ペテン師であるということを憶えておいてください。そしてクリスマスを祝うことは犯罪ではないので、自分たちを責めるのではなく、できる限りの謙虚さで自分を省みてみましょう。自分たちの行為を認識し、私たちが酷く嫌悪するこのシステム自体を自分たちが構成していることと、私たち皆を支配下に置くシステムを自分たちが強化しているにもかかわらず、この極めて有害な社会秩序の創造に自らが演じる役割を理解することを拒んでいるという事実を、自覚するよう試みてみましょう。世界で起こっている全ての相互依存を共に観察してみましょう。そして私たちが現行と違う、真に愛情のこもった方法で、クリスマスを祝うことができるか考えてみましょう。なぜなら、私たちのお祝いを導いているのはキリストの愛ではなく、むしろ私たちの条件付けと追従をご馳走として楽しみ、今、私たちの喉にナイフを突きつけている商業化勢力だからです。それが、本当に起こっている真実です。それは、クリスマスセールで躍起になっている買い物客の行列を観察した誰もが証言できることです。私たちを常に深まる負債へと押しやる私たちの社会的追従というご馳走を銀行が楽しんでいる間、多国籍企業は私たちの条件付けされた購買衝動というご馳走を楽しんでいるのです。そして維持不可能な借り貸しの全システムが崩壊する時、溶けゆく経済を生還させようと、無謀な銀行に救済処置を施すのは政府です。しかし、通常とされる生き方の続行を求め、以前と同じ利己的な振る舞いへ素早く戻るのは私たちです。そして、それによって不正なシステムを進んで保つのは私たちなのです。世界情勢が余りに不安定で、もうすぐ富裕者へも貧困者へも救済処置が可能でなくなるかもしれないというのに。そしてそれにもかかわらず、12月25日がやってくると、まだ私たちは祝うのです。そしてそれはキリストや、彼が言ったこととは絶対的になんの関係もないのです。私たちは皆、十字架上のイエスの言葉をよく知っています。「わが神、わが神、どうして私をお見捨てになったのですか」。しかし今日では人類が黙って無意識的にこう言っているかのようです。「わが神よ、どうして私たちは商業化に私たちの生活を支配させ、それゆえあなたの神聖王国を汚し、正しい人間関係についてのあなたの教えを放棄することによりあなたを見捨てたのでしょうか。」

12月25日は悲しく悲惨な日だというのが現実です。なぜなら私たちがキリストの誕生を祝っている時を同じくして、クリスマスのご馳走などの贅沢どころか生活必需品さえ剥奪された何百万人という男女子供が存在するからです。1月1日に新年を迎える時、遠方の国々で私たちの兄弟姉妹が死にかけているちょうどその瞬間、私たちはお互いに良い新年がくるよう願うのです。まるで飢えと栄養失調と病気による不必要な死を祝っているかのように。それでも、今までずっとそうであったと私たちは反論するかもしれませんが、もし自分たちの家族の誰かが死んだとしたら(起こらないことを願いますが)、クリスマスと大晦日を愉快に祝っているでしょうか。ではなぜ、私たちは回避可能な貧困が原因で毎日4万人が死んでいるのになにもせず、それが当たり前だと思うのでしょうか。このような時実際は、「人生は短い」「どうせ人生は一度きりだから」「皆で一緒に楽しもう」といった使い古された決まり文句に隠れた自己満足、鈍感、そして無責任で居続けるために自ら名付けた自由を、私たちは祝っているのです。一度大晦日に試しに、その夜なにもしないで家に一人で居てみてください。テレビもつけず誰とも連絡を取らないで。そして、外では皆が大いに楽しみ愉快にやっているのを知りながら、大晦日にあなたがどれだけ寂しい思いをするか試してみてください。その瞬間、あなたが激しい飢えで苦しんでおり食べものを手に入れる展望が全くないのに、世界は無邪気に新年を祝い続けていることを想像してください。どのように感じるでしょうか。

それがどのように劇的に見えようと、集団的、そして世界的規模の私たちの自己満足的な無頓着さは余りに危険で、それが他の人々を殺すという事実は依然として変わりません。私たちの自己満足的な無頓着さは直接的、または間接的に貧困者を殺すのです。しかしそれは、私たちが残りの人類から分裂した生き方を追い続けると同時に、霊的、そして道徳的な意味で自分たちをも徐々に殺すのです。私たちは皆、世界のどこかで貧困から人が死んでいるのを知っていますが、どれだけの人がそのためになにかをしているでしょうか。それは僅かな数であり、その場合、私たち自身のクリスマスのお祝いと、多くの人を殺してその後イエスと彼のメッセージを記念してクリスマスに教会へ出席するマフィアの家族との間になんら道徳的違いはないのです。勿論、人生の活発な楽しみは喜びと美の自然な表現ですが、自分の子供が自分の腕の中で栄養失調で死んでいくのを目撃している何百万人もの親たちにどのような種類の楽しみがあり得るのでしょうか。私たちがどこに住んでいようと関係ありません。私たちの周りの非常に多くの絶望的で貧しいホームレスの人々にとって、そして臆面もなく無駄にされ、それを真に必要とする人々と分かち合われることのない莫大な量の食べものと他の資源の中に、どのような種類の楽しみがあり得るのでしょうか。それでも、私たちの祝いが終わり、そして毎日の新聞を読み続け、億万長者がスラム街または大変貧しい界隈のど真ん中に巨大な宮殿を建てる記事を目にすると、私たちは嫌悪感を感じるのです。しかし、自分たちが世界的またはクロス社会的に正に同じ生き方をしているという自覚が私たちにはないのです。私たちは恥ずかしくないのでしょうか。それとも私たちの自己満足的な無頓着さはそれほど文化的に根深いがために、私たちは今完全に無関心になってしまったのでしょうか。

地球規模の自己満足的な無頓着さ

このことについてあなた自身真剣に考えてみてください。そして、世界中で貧しい人々が飢えから死んでいくのを現在当然として許している私たちの自己満足的な無頓着さ、私たちの家族の自己満足的な無頓着さ、そしてどのようにして私たちの国家の自己満足的な無頓着さがこのように長年続いてきたのか客観的に理解することを試みてください。「貧困の中で死んでいくのは彼らの運命であってそれは私には関係ないこと」と事実上言っているのは地球規模の自己満足的な無頓着さです。従って、私たちの政府は何万人という人々が毎日不必要に死んでいくことを止めるために、なにもしないのです。なぜなら私たちが全員、彼らがなにもしないのを許しているからです。ですから私たちはシステムであり、システムもまた私たちです。全てが相互につながっているのです。人が無関心の人生の領域で動いている限り、「私」が正義のために自己の声を上げずにいる限り、その結果、銀行と大企業が貧窮と破壊の真っただ中お金儲けをしていても、彼らを責めることはできないのです。

苦悩する何百万もの叫び声に耳を傾けることを拒否し、これらの問題について家族や友人と話すことさえ拒否する時、私たちはどれだけの間、聞こえず話せないふりをするつもりでしょうか。私たちの愛情から子供たちを奪うことを商業化におおっぴらに許し、イデオロギーと利己主義に基づき曖昧な政策を持った政治家の権威に、私たちはどれだけの間頭を下げているつもりでしょうか。 私たちになにをすべきか、どちらの方向へいくべきか、どのようにして幸せになるか、そして誰に投票すべきかを命じる、それ自体が分裂、精神的盲目、残忍さを繁殖させる主義の規則により条件付けされたまま、私たちはどれだけの間いるつもりでしょうか。そして、毎日を新たな日として生きる自由を自己に拒否する傍ら、あとどれだけの間私たちはそのように怯えうずくまったままいるつもりなのでしょうか。今、これまで以上に私たちが自己の真の存在を抑圧することを遂にやめる時が確実にきたのです。私たちは生まれつき慈悲深く思いやりのある人間なのです!

ベッドの上に腰掛け、床を見つめながら一人で家に居るとてもプライベートな時間を私たちは皆知っています。人生を顧み、仕事と家を失くすかもしれない絶え間ない不確実性と心配にさらされ、家賃や家のローンを払うために必死で働くことの虚しさについて考えます。私たち自身の中に埋葬された全ての痛み、束の間の満足感と存続する暗黙の寂しさについて考えます。私たちが受けた微笑みと流した涙。幸せになることと愛されることへの絶え間ない切望。思い通りの相手を見つけるための必死で切なる思い、やがて迎える結婚、胸が張り裂けるような離婚。批判的で不誠実で強欲な社会に受け入れられるために続けていかねばならない、不必要で精神疲労を伴うイメージの維持。夢の中で私たちを苦しめる不安感と、年老いて拒否される恐怖。そして同じ政治家、同じつまらない顔ぶれ、無数のくだらないゲームショウと番組を、何度も繰り返し放送するテレビ。世界との関係の絶望的な見通しを抱いてベッドに座っている時、私たちは社会がどのようにして自分たちをお互いの苦しみに対しこのように無関心にしたのかを考えるかもしれません。そして、システムは子供たちと自然から私たちを切り離し、私たちのハートに残った僅かな愛を消耗する傍ら、全ての生きものに対する私たちの慈悲心を衰えさせることに成功しているのです。私たちは皆、怒り、罪を感じ、自分は価値のない人間だと感じる瞬間を知っています。空虚感と絶望感が私たちの思考を圧倒する瞬間を知っています。そして、最後には電気を消して布団で頭を覆い、自分自身の内面に静かに問う瞬間を知っています。人生にはこれよりもっと意味があるに違いないのに!

本当のクリスマス

世界の苦しみと危機的問題の全てを踏まえると、今年、クリスマスを祝うにあたり不正と貧困根絶のために街頭へでて平和的デモンストレーションをするより他に良い方法があるでしょうか。これ以上木を切るのをやめよう! これ以上度を超したプレゼントを買うのはやめよう!と言うために。そしてひいては世界中の人々が食べ物を得て、保護され、育まれるよう私たちの声を上げるために。貧困が原因で毎日数万人が死んでいる事実を考慮すれば、それは私たちが知り得る最高のクリスマスとなるのではないでしょうか。なぜならその結果、私たちは家族や友人に忠誠と親愛の情を表すだけでなく、全世界と共に愛情あふれた結束の中に立つであろうからです。今日もしイエスが私たちの間を歩いていたら、彼はまさしく私たちにそうするよう呼びかけていることでしょう。愛の要素が皆無の自己道楽的お祝いを、彼は廃止してほしいに違いありません。イエスを記念して私たちが最小限できることは、どのようにして貧困者を助けるか、そして人々と環境がなにを必要とするかについて考えるためのミーティングを計画することです。例えば、もし私たちが一年だけ莫大な支出と過剰消費によるクリスマスと新年の祝いを控えることができたら、それで蓄えられたすべてのお金で、飢えと病気から死にゆく私たちの兄弟姉妹のために、なにが成し得るか考えてみてください。もしそのお金が全て蓄積され、それを緊急で必要とする人々に再分配されるなら、共になにを乗り越えられるか想像してください。そしてどのような種類のクリスマスになるかを。世界の善意の爆発の真っただ中、子供たちがどのように愛の叫びを上げるか想像してください。そしてひとつとなった人類の旗のもとで結ばれた無数の人々と共に、全ての国で表現される愛と自由の勢力を思ってみてください。信条から自由となり、「主義」から自由となり、権威から自由となり、そして私たちが真の自己の姿となることの尊厳と美を表現する自由で結束した万国共通の声。恐らくそのようにして私たちはキリストのいつまでも変わらない簡素な臨在を自分たちの間で再び体験するでしょう。

クリスマスにチャリティーのために貧困者へさらに多くの小包を送ることについて話しているのではありません。それは、ここで人間としての観点から想像している心理的、霊的革命とはなんら関係ありません。私たちのマインドからチャリティーの条件付けを消し去る時がきました。チャリティーは、とても尊厳を欠いた愛の捉え方です。それは尊厳を欠いているだけでなく、与える者と受け取る者両者にとって侮辱的でもあるのです。なぜなら、与えた後私たちは正義のために貧困者を助ける代わりに、そしてどうにかして社会と私たち自身の意識を変える代わりに、自分たちの自己満足的で無頓着な生き方を続けるからです。そして貧困者は黙っています。なぜなら、彼らは決してなにも言わないからです。特に、飢えから死ぬこと以外知らない最も貧窮化した国では。私たちはクリスマスに慈善団体へ寄付するかもしれません。そしてそれは必要なことです。しかしその後私たちはなにごともなかったように振る舞い、じきに自分たちの選んだ慈善団体について忘れるでしょう。そうして、私たちは貧困と社会不正を正常化するのです。そして私たち自身が、なぜそのような不正と苦しみが存続するのかという理由の一部となるのです。

ですから、貧困者に更に小包を送る代わりに皆で結束し、恩着せがましいチャリティーのやり方を通してではなく、正義と正しい人間関係に基づき私たちの国の余剰資源を再分配することによって、政府にこれを最後に貧困をなくすよう要求しましょう。全ての首都の街頭で何十万人という数で結束しましょう。そして、私たちが所有するものと不必要なもの全ての在庫目録を作り、他国の必要項目と比較するよう政府に要求しましょう。これを求めるのは突飛なことではありません。引っ越しの際、不必要なものを見つけるために、全てのものを分別することにはどの家族も慣れています。そしてその多くがチャリティーへ寄付されます。全ての政府に各国の余剰資源の在庫目録を作るよう要求しましょう。そしてこれらの余剰資源を最も必要とする世界の地域へどう再分配するかという戦略を、国連を通して成立させるよう要求しましょう。もしそれが新たな政府間の取り決めを通して制定されるなら、それで命を脅かす剥奪と予防可能な病気の根絶を永久に保証することが可能になります。大変多くの国々が、特に穀物と他の必要不可欠な食材において、遥かに必要以上の余剰を生産していることを私たちは知っています。国々という一家が全ての過剰生産物の世界在庫目録を作り、最終的に飢餓と極貧を根絶するために世界資源の分かち合いを目的として協力するよう求めるのは、それほど大それたことではありません。そしてもし政府がそれを拒否するなら、莫大な人数で街頭へ立ちましょう。人々の声の圧倒的な力が、自由、平等、正義への高まる呼びかけに仕える、有能な政治家を政府へ送り込むでしょう。

キリストの教えを復活させる

もし私たちがお互いに対し、そして地球に対してもっと謙虚で愛情ある方法でクリスマスを続けるのなら、これまでの話はどれもこの伝統を祝うべきでないと提案しているのではありません。私たちは条件付けされたマインドを通して、そして道徳や今日本当に起こっている現実に関してなんの考えも持たずして、キリストの誕生を祝うことはできません。その現実とは大規模な極貧と広範囲にわたる飢餓、露骨な消費を煽るための企業による自然界の破壊、そして地球の残された資源貯蔵を巡っての痛烈なグローバル競争です。 もし私たちが食べもの、飲みもの、プレゼント、そして笑いにしか関心がないなら、そしてイエス、貧困、または不正などの言葉に触れることさえしないと同時に世界の重大問題を無視するなら、クリスマスを宗教儀式だとは言えないでしょう。ティンセルの飾り付けやローストターキーのことは忘れて、飲みものを持ってせめて街頭での大衆デモを計画しましょう。そして、もし私たちがイエスを心に抱きたければきわめて謙虚なやり方で、そして通常の暴飲暴食や神聖とされる一年のこの時を侮辱する下劣な商業化と唯物論ぬきで、家で食べものを分かち合いましょう。家族と友人の間で正しい人間関係を実践するための機会として、クリスマスの日をありのままに使いましょう。そして私たちが時を共にする束の間の休暇の間、お互いに奉仕することにより行動で愛を実証しましょう。それは、彼の名のもと実践されたどのような儀式よりイエスを心に抱くことに私たちを近づけます。これが特に子供たちに多大な影響を与え、私たち全員のキリストの簡素な教えの認識へ達する助けになろうことは疑いありません。

もし私たちがクリスマスにキリストの臨在とエネルギーを体験したければ、食べ過ぎ、酔っぱらい、無駄話をしながら腰掛けたままでは、決してそれは起こらないでしょう。なぜなら誰もが知るように、キリストの本質は無条件の愛と自己犠牲的奉仕だからです。多くの人が、人間の日常情勢の中にキリストが戻ると同時に、素晴らしい布告の日がくるのを待っていますが、既に毎日私たちの周りで起こっているキリスト臨在の無数の布告の事実を私たちは忘れています。何年もの不在後、人生であなたが大切にする誰かと会う喜びを経験する時がキリストと彼の愛の布告なのです。交戦地帯で重傷者が「国境なき医師団(Médecins Sans Frontières: MSF)」によって救われる時、そしてその人が癒された途端、感謝の気持ちをこめて医者の手をしっかり握りしめる時、キリストのエネルギーがそこに在るのです。または、もし貧窮してお腹をすかせた誰かにあなたが食べものを与え、その結果、食べものを口にする彼の目に感謝の気持ちの表れを目撃したとしたら、それは二人の人間の間のキリストの臨在の布告なのです。私たちが自由と正義のために街頭で結束する時、兄弟姉妹としてお互いの中にキリスト原理を認識し合う時、そして世界資源を分かち合うよう政府へ共に呼びかける時、それがどのような偉大な世界的できごととなるか想像できるでしょうか。私たちが自分たちより恵まれない人々に慈悲心を感じる時、もはや全ての国の人々の間の分裂はなくなり、ひとつの愛があるだけではないでしょうか。私たちは、キリストを愛の主として私たちの中の彼の原理を目覚めさせるための、人間界への一度きりの訪問者と考えます。しかし、もしあなたが他の人々への愛を真に表すことができるなら、あなたも内外両面で自由なのです。愛と自由の相互のつながりはとても親密で現実的です。それゆえ、もしキリストが愛の化身であるなら、彼はまた自由の主でもあるのです。ですから、もし私たちがこのクリスマスにキリストの真の資質を知りたければ、デモンストレーションで結束して新たな神の摂理と新たな地球と新たな啓示を支持しましょう。そしてこれから起こるかもしれないことを共に体験しましょう。

どうか少しの間、目を瞑ってあなたがキリストであると想像してください。苦しみ、不正、そして剥奪のどん底にあるこの世界を覗き込み、その結果あなたはその混乱の真っただ中に戻り、あなたの教えをもう一度再び世に放つことを決意します。簡素さなど殆どなく、マインドの条件付けがその頂点に達したところの信条と複雑さの海洋の深みへ人間が沈んでしまったことを知りながら、あなたはどのようにこの仕事に取りかかりますか。あるいは、人類の多くの想像もできないような対立派が、怒りと敵意を持ってあなたを迫害しようと待っていることを知りながら、そしてあなたが日常社会に再び踏み込む前に天からの声が「私の子よ、人間の自由意志の侵害は許されないのを忘れないでください」と言うであろうことをもまた知りながら。更には、商業化勢力によりあなたのために特別に作られた不可解な競技、大変巧妙で手のこんだチェスゲームにあなたを参加させようと、不透明な勢力が待ち構えています。商業化勢力は、このゲームのキングとクイーンは木製ではなく、巧みにも人間の自由意志で作られていることをも良くわかっているのです。この不幸な世界を助けるために、あなたはどこからどのように始めるのでしょうか。

人々の声を融合させる

この現実と向き合うにあたって、キリスト教会が果たさねばならない役割がなんであるか、そしてもしキリストが今日私たちの中を歩いていたら、聖職者たちは彼を認識するだろうか、と私たちは問うかもしれません。もしくは更に適切に言うと、イエスが彼の教会とその変わり果てた様相を認識するか私たちは疑問に思うかもしれません。今日の聖職者は、貧困者に仕え助けるためにキリストの簡素な教えに従うよりも、伝説的神を信じる信者を募ることにもっと気をとられています。でなければ、何千年も昔にイエスが言ったかもしれない神話的天国のどこか「雲の上」に置いた飾り物に関する奥義的、神学的討論に夢中になっているようです。街頭へでて正義のためになにかするよう彼らの群れを訓練する代わりに、商業化の深刻な現実を理解する代わりに、世界の人々の結束した声の切なる必要性を理解する代わりに、彼らは聖書のイエスについて説教します。それはあたかももはやイエスではないかのようです。それは、私たちの隣人を自身と同じように愛するよう私たちを鼓舞することにより根本から現状を混乱させた人物です。そして現在教会の指導者たちは、世界中で飢えから人々が死んでいっている時、「良いキリスト教徒」となる彼らの不必要な理想を広め続け、拡張された言葉以上に提供するものは殆どなにもないのです。

私たちは2千年間キリストへ祈りを捧げてきました。それで充分ではないでしょうか。私たちは彼の栄光において何千という素晴らしい神殿を建ててきました。それで充分ではないでしょうか。祈りと崇拝のことは忘れて、「万人のための自由と正義」と記された旗のもとで結ばれ、遂にお互いの中に、そして私たち自身の中にキリストを認識する時ではないでしょうか。聖職者がローブを脱ぎ捨て、分かち合い、平和、そして善意のために街頭で私たちの叫び声に参加する時ではないでしょうか。私たちはこう問うかもしれません。何百ものテントと抗議者に首都が埋め尽くされていた時、聖職者はどこにいたのでしょうか。フランシス法王が経済改革と世界平等を支持する今、聖職者の間での大衆支持の高まりはどこにあるのでしょうか。そして、もし私たちが地球を神の神聖な神殿であると考えるなら、現代社会における真の聖職者は誰でしょうか。それは儀式と無駄な罪の告白に時間を費やす聖職者でしょうか、それとも、母なる自然の権利を守り支持するために戦うグリンピースや何万という他のグループの活動家たちでしょうか。

教会の役目は、癒し、導き、守り、教え、そして認識をもたらすことですが、積極的に活動する一般市民がまるで教会に代わってその任務を果たしているかのようです。それゆえ、教会にとってイエスの簡素な教えに沿って改革する唯一の道は、聖職者たちからの一般的な抵抗にもかかわらず、多くの宗教的活動家が始めているように人々の結束した声を支持することです。もしキリスト教徒とカトリック教会が神とキリストの歪んだ理解を持ち続けるなら、閑古鳥が鳴き売りに出された古い教会の建物によって実証済みのように、予想通り世界中を一掃するであろう変革の大洋の中に彼らが置き去りにされる時がくるでしょう。しかしもし教会が新たに生まれた人々の声にキリストの愛と臨在を感知するなら、そしてもしより自由で平等な国のために公衆の意見と共に一体となって動くなら、その結果それはこの先待っているであろう偉大な社会的変貌において重要な役割を果たすのです。結束した正義への呼びかけの創造に参加すること、商業化に捕らわれた文化の有害な影響を認識すること、そして何百万という人々と共に政府へ向かって私たちの声をあげることは、この人生での肌の色や信仰や地位に関係なく私たち皆の責任です。このように、分かち合いの原理が、やがて世界の問題を解決するために残された最後の解決法であると信じるべき理由が大いにあるのです。


モハメッド・メスバヒはSTWRの創始者である。

編集協力: アダム・パーソンズ

フォトクレジット:argyadiptya、フリッカー・クリエイティブ・コモンズ